2012年05月11日

カーネーション / 助太刀いたす / 強運 / 招待状への招待状

事務所のお花を切らしていたのだけど、急いで出勤する状況だったので買えなかった日の午後、Nさんがカーネーションを買って来て下さった。

お花ってのは、いついただいても嬉しいものだ。

しかも、この時期にカーネーションをいただけるなんて。まるで一足早い母の日みたい。

それがとても鮮やかな組み合わせで、赤やピンクにオレンジにグリーン、様々な色のカーネーションだった。

うわー、綺麗、可愛い、嬉しい。そして最後に「カーネーションって強くて長持ちするのよね。」と言ったところ、Nさん曰く「・・・。だから母なのかな。」と。

いや、そこまで考えつかなかったんだけど、確かにそう、まるで母を象徴するような花だ。

********************

先月の半ば頃、訪問入浴でA営業所へ応援出勤に出向いた日に「あーあ、かおるさん、今日でここに来てくれるの、最後ですね。」と言うM青年。

え?何で?来月も来るかも知れないじゃん。ってか、来たいし。

ここ、A営業所はこの春、古巣T営業所から分岐して出来た小さな営業所。だから、オペさんもヘルパーさんも絶対助けたい仲間で構成されている。

「でも、Hさんがかおるさんのことくれないもん。」

Hさんと言うのは現T営業所のボスなのだが、確かにあり得る。

もちろん広いエリアで各営業所同士の政治や色んな事情もあるのだろうけど、ちょいと意地悪入っているような気がする。

こんな時、前T営業所のセンター長だったKさんなら直接私らナースと交渉して、ひょいとナースを奪還&ゲットしていたのだけど、それは彼の立場がずっと上だったからなのか。

他の営業所の責任者となったMさんやYさんの場合は、責任者という点では同じ立場のようだけど、まだ二年目三年目だから、そこんところ遠慮するのだろうなあ。もしくは後が怖いとか。

ところが、あれから一ケ月近く経った先日の夜、突然現ボスのHさんから「金曜日にA営業所に出勤って可能ですか?」という連絡が入る。

金曜日は元々訪問入浴自体が私の都合上出勤日じゃない。

ので、またそういうこと言うーっ!と思う。突然は無理だとあれほど言っておいたのに。

して、一ケ月や二カ月前ならカウンセリングの予約取らないであけておけると説明しておいたのに。

「はい。はい。どうもー。」と私に軽く答えた後、何だかA営業所のMちゃんに「やっぱダメだってー。」と言っているHさんが半分笑っているような気がすんのよね。2〜3日前だとダメだと最初から分かっていて。

そんな折、本日A営業所のMちゃんに会うこと叶ったので、「Hさんを通すのも良いけど、なるべく早い時期に直接交渉してくれたらA営業所のために空けとくよ。」と伝えた際、凄く喜んでくれてバタバタと慌ててメモを手にして戻って来た。

今月はもうこれ以上無理だけどごめんねーとも言ったのだけど「いえ!嬉しいです!心強いです!」と、またそのうち同乗出来ることを歓迎してくれた。

ちょっと禁じ手なのかも知れないのだけど、かえって皆がうまく回らなくなるような色んな小細工や策略はやっぱり無駄。

老若男女問わず、色んな意味で部下を上手く使ってくれない場合、大抵皆がバラバラに動きだすのは世の常。

人には心があるんだよーん。

**********************

快晴かと思いきや、昨日も今日も豪雨あり。

カウンセリングの日だと天候の直撃を受けないが、いらして下さるクライアントさんが心配だったりする。

のだけど、何故だか皆さん運の強い人が多いというのか。。。

大抵の人はカウンセリング中に豪雨が始まり、お帰りになる頃にはまた晴れてしまうというこの脅威。

何だか、通っていらっしゃるうちにそういう体質になって行かれているのは気のせいか。

**********************

夜、帰途に着く頃、昔のT営業所のセンター長さんからの着信に気がついた。

春に異動で古巣T市から旅立って今はH営業所のセンター長さんになられたと聴いた。

こんな夜遅くに何だろう?明日出勤出来る?なんて言わないでよ・・・とおそるおそるかけ直す。

「元気っすか?僕は元気っすよ。かおるさん、ぜっんぜんH市に来ないのでつまんないっす。」

いや、H市から呼ばれてませんし。自分で選べる立場でないのはご存じのはず。(と言いつつA営業所のMちゃんへ助太刀するために画策したことを思うと自分で選んでいるようなものだけど。)

呼んで下さい。私もKさんと離れてからあんまりふざける人が居ないので若干つまんないっす。

「でも、Hのやつが離さないからなー。」

Hさんより上司でしょう。牛耳って下さい。

「ところで、今度の飲み会、来ます?」

行けたら行こうーと考えていたその日は、この春まで一緒に働いていたメンバーがそれぞれの場所へ分散した後、初めて大勢で集う飲み会だった。

「いや、ほら、いつかも話したけど、僕、今年結婚するんですけど、急遽7月に式をあげることにしたんですよ。7月○日って、まだ空いてます?」。

空いてる、空いてる。もー、重ね重ね、おめでとうございます!もー、何て嬉しそうな声しているの!彼女との結婚がそーーんなに嬉しいっすか!可愛い可愛い言ってたもんね。

「良かった!で、招待状を送りたい!と思ってから気がついたんだけど、僕、かおるさんの住所が分からなかった!だから飲み会で会えた時に渡して良いですか?」

ああー、そか!じゃあ、是非とも行かなくちゃ、今回の飲み会!少し遅くなるかも知れないけど、必ず行きます。

あまりにおめでたいことなのでハイテンションで喜んでいる私に「で、その時は、なるべく静かにこっそり受け取って下さい。式に呼ばない人も沢山いるから。」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。そりが、この電話の用件だったのね。

そよね。私、物凄くおめでとうおめでとう言って騒ぎそうですもんね。

じゃあ、あまり酔っぱらっていないうちに渡して下さい。でないと、自信がありません。

「分かりました!じゃ、今度会えるのを楽しみにしてます!」と電話は切れた。

でも、後から考えた。彼もあまりあほんだらにならないうちにくれないと。

いや、仮に私も彼も大酔っぱらいのあほんだらになる前に渡す&貰うという難関を突破したとしても・・・他のあほんだらになった人がそれを崩すかも。

って言うか、何で血と汗と涙を分かち合った仲間なのに呼ぶ呼ばないが分かれるのだろう?

と、色んなことを考えてしまったのだが、沢山のことを考える人のそのまた沢山の考えを取り上げるのは止めにした。

ほんとに彼のような人はよくよく物事を考える。その理由も凄く分かるのだけど。

でも、本当は必要のない画策もいっぱいあるんだよっていつか話したい。

色んなことがあっても、みんな、あなたのことが大好きなんだよ と。

*******************

今日もありがとうございました。

良い一日でありますように。

 ↑
ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。