2013年12月07日

ニュータイプ / 人生はニャンとかなる!のその後

人が誰かに出会うときとか、あるいは集うときというのはそこに何かしらの縁や必然がある。

個人カウンセリングで1人1人とマンツーマンで向き合うことが多いので、そのことを知るのは私のみということも多々あるのだけど、”この人とあの人とでこんな話をしみて欲しい。1人ではないということが物凄く顕著に分かるのに。”と思うことがある。

多くの場合は棺桶まで持っていくつもりの相手のストーリーで、時折セッションとセッションの間で当人同士が出くわされた場合にも余計なことは何も言わないで、ただご紹介だけするということが多い。「いつかまた会うかも知れませんね。」とだけ告げて。

ところが、これはほんとにごく稀にあることだけど、全くもってニュータイプの人と出会うこともある。

もちろん1人1人が違うのだけど、ある側面についてのニュータイプ。

その人は対人関係において嫌な思いをすることがほとんど無いということが判明。
投影もそうそう起こらなければ、ゲームをしかけないししかける必要もないからだ。

心理テストが一部に含まれる授業の一コマをやっている最中にそのことがハッキリ分かったときにもたいして驚かなかった。

うーん、この人ならそうだろうなあと納得出来るものがあった。

大抵の場合は他人に嫌なことを言われたり不遜な扱いを受ける場合というのは少なからずそこに何らかの原因がある。

そのうちのよくある例に、自分がしたことを誰かにそのままされるという一例がある。

ではゲームをしかけない、しかけられることもないというこの人が、平坦な人生を送っているのか?というと決してそうではない。

要らないことはしないというだけで、愛の元に生きている。

ゲームの一つには「私を見て。」という重い想いが隠れていることもあるが、この方はそういった無意味なことをしなくとも存在感があって、人生が色んな愛で満ち満ちている。

初対面のときの数年前を思い出すと、最初のうちから何か特別な空気感を備えている人生の先輩だなあと感じていた。

そんなふうに特別大きな課題があるわけでもなく幸せに自分らしく生きている方ですらより良く、グローイングアップしたり、より自分を知るということを目的に掲げ心理学を始められるのだなあ・・・と何だか色んな意味でその向学心を見習いたくなった。
この出会いにも意味がある。

そしてこの影響を受け合うということは自分の周りにも何らかの新しい変化をもたらすということだと思う。

***************

”人生はニャンとかなる!”というタイトルの本を先日ここにアップしたのだけど、可愛い猫の写真と共に、実にためになる語録が書かれてある。

今ではデイリーガイダンス的に毎日パッと開いては可愛い写真とそのためになる一言を読んでいる。

今日のページには可愛いキジトラの猫さんが食パンにガボッと顔を突っ込んでいている写真で語録としては”たくさんの耳を持とう”というサブタイトル。

裏側にそれ関連のエピソードが載っていて、他の偉人の関連した語録が2〜3載っている。

”自然は人間に一枚の舌と二つの耳を与えた。だから人は自分の話すことの二倍のことを聞く必要がある。”

”賢者は聞き、愚者は語る。”

写真は転載出来ないのだけど、非常にユーモラスだというのに、語録あっていて潜在意識にインプットされやすい。

もしかしたら天使のデイリーガイダンスよりもずっとリアルで実用的な本かも知れない。

****************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382045863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック