2014年01月07日

灯と灯と灯と・・色んな道が照らされる

毎日「今年もよろしくお願いします。」と始めるセッションが続く日々。

そんな中、Yさんとも無事にお会いすることが出来て。

さあ、昨年の続きを始めましょう〜と心理学を始めるところだったのだけど「実は何故だか前回途中だったテキストが忽然と無くなって・・・」と仰るのを聴いて”ああ、なるほどなー・・”と思ってしまった。

よくどなたがどこまで行ったか分からなくなることがある個々に合わせた不定期進行なので日付とお名前をメモっておくことがある。201401071.JPG

でも、この方の分の資料を準備しようと思った昨夜、本当にその回のどのあたりまでだったが不明だったので余分にもう一部用意して来ていた。

ところが何だか不思議な力というか流れの存在を感じていた。何だかプリンターがノロノロごねていたりとか。

「それで今日はカウンセリングに切り替えたいのですが良いですか?」と仰ったときにその謎が解けた。

そうか、今日はテキストが要らない日だったのだと。

そして、向上心が強いせっかちさんに限って多少体調が悪かろうが心の折り合いがうまく行っていなかろうが、無理やりにでも進もうとするし、実際力があるので進んでしまう。

そういうときにテキストが無くなるとか、その他諸々アウエイなことが起こるのは珍しくない。

急がば回れという言葉があるのだけど、何とかして足を止めているのは本人でもハイヤーセルフでもあり、ある人はそういったエネルギーの流れのことを神と呼ぶかも知れない。

そんなとき、歴代の方々もまた教育分析という名のカウンセリングに切り替えたり、はたまた「レイキをやってみようかな。」とか「ここでサードに進んでおこうかな?」という方法を使われていた。この本人としては”何となく”というところが冴えわたって来るというのもクリアリングや学びの効果だとも言える。

その逆に、挫折や躓きを無駄なロスタイムだとしか思えない人はどこへ行って何をしてもまた挫折する。

いたずらに他人の心を知って支配したいとか、肩書きのためだとか、誰かの期待のためにやるとか、そういった理由で触れる学問とは違って、自分のために学ぼうとする人には、回を追うごと、月日を追うごとにドンドン自分の心の声がハッキリ聴こえるようになる。

流れに身を任せることと流れに翻弄されることとは違う。どこがか?というと、そこに意志があるか無いか?の違い。

そんなわけでとても有意義な2時間があっという間に経ってしまったのだけど、立とう立とうとしている人、自分の足で歩こう歩こうとしている人の話はいくら聴いても疲れないし、いくら時間があっても足りないなあと思う。

小さな一歩。

でも、このある日の小さな一歩が、今までとは違う道を踏み出した貴重な一歩だったということが分かるのはもう少し先かも知れないのだが、少なくとも聡明なご本人の潜在意識を既に承知している。

***************

風が強い日だった。

今日も頑張ってお越し下さったAさんのお顔を見るなり「あ、今日はAちゃんは?」と笑顔で娘さんのことを問いかけて下さったNさん。あの可愛さと元気さで娘さんは既にこの界隈で有名人。(笑)それ以前にこの母上殿が有名人と化しては色んな人の胸を打っている。

「幼稚園が始まったんですー!」というのを聴くとクラッカーを鳴らしたくなるほどなのよね。お疲れさまですっ!やっとこの時期を乗り越えましたね!と。第一健康で若い頃だってハアハアゼイゼイなんだから。

いくら可愛くても一日中毎日存在する冬休みだの夏休みだのは身体がしびれるほど疲れていた記憶がある。

そんな話題とは別に、AさんとNさんのお顔を交互に見ては「ああ、良い顔だなあ。良い笑顔だなあ・・」と感じる。

何て素敵な顔なんだろう。

年齢が行けば行くほどその人の内面が反映されて外見に滲み出て来る。

そして、いつものようにカウンセリングしつつのレイキを施行して、それと今日からもう一つ新しいチャレンジが。

お会いした人たちの数人の方々もレイキをあてて下さったり、はたまた彼女自身も日々元気になって行っていることと、もう一つは大事な人のために自分もレイキヒーラーになりたいと仰ったのが昨年のことだった。

ところが、今のところ約3時間もの間座っていられるか?というと疑問だし、まだそこまで体力が回復していないので、さてどうしようか?と考えていた。のだけど、まだまだ油断できない弱った身体でありながらも彼女の目が燃えていた。

で、これは初の試みなのだけど、レイキとカウンセリングは毎日のように続けつつも、もう一時間は例えばファーストDを三回に分けて一時間づつ、寝転んだままってのはどうでしょ?ということで合意したのだった。

今までカウンセリングなどは病床に伏したまま行った例が沢山あるけれど、講座ってのは初めて。

でも、一番最初に一番大事な話が出来て良かった。縦に二人で寝転んだまま図を書いてチャクラやオーラの話、レイキとは何をしているものなのか?という話。

この辺りで一時間が来たので「今日はここまでにしましょう。」と起き上がったのだけど、大変なことに気が付いた。

面白そうに熱心に聴かれていたのであり得ることでもあるのだけど、かつて真っ白だった彼女の手のひらがまっかっかーの赤だったこと。

今でも憶えている数か月前「今のその手の色を覚えていて下さいね。」と話したのがつい昨日のことのよう。「元気になって来るとこういう手になって来ますからね。」とあの時言ったのだけど。

レイキという概念に改めて触れた彼女の両の手が既に私なんぞよりずーっと良い感じの手に変わっていた。

また何かが大きく変わろうとしている。

で、まだまだ今は寝たまま話すなんてスタイルを取ってはいるものの、とあることを感じた。

何だかまた私、凄い方を育てている。そんな機会に恵まれている瞬間なのだなあと。

この目の前に居る方一人の光のキャンドルがまた多くの人を照らし出すんだ。

この灯は大きい。

急がば回れ。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384508690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック