2014年02月03日

恐怖のブッキング事件

昨日、恐怖の極寒の訪問入浴で、夜は先述したとおりマンボウのままの飲み会事件。(まあ、楽しかったけど。)

しかも、マッチョなヘルパー陣の中でも、もっともマッチョなヘルパーN美ちゃんとの真夜中の駆けっこ事件。

それに引き替え、今日は何と静かな時間が流れていることだろう。20140202.JPG

ひしひし&淡々とカウンセリングの静かな時間が流れている一日だった。

丁寧に一生懸命頭とハートを使って生きるって良いねー。

なーんて思って時の流れに身を任せていた午後三時の出来事だった。

ここから先はクリスタルヒーリング+レイキ+カウンセリングのメニューが二件続くはず。ええ、お二方なので、合計4時間ばかし。

ところが今日も事件・・・いや、事件というかこれは自業自得。

てっきりYさんがお越し下さると思っていたのに暖簾の向こう側から聴こえて来たのはMちゃんの声。

な、何?!いったいどういうこと?!とスケジュール帳を広げたり携帯の過去メールを見たりと慌てているが、何が起こっているのか?ってのは既に分かっている状態。

一回や二回ではない恐怖のブッキング事件である。

ほんと、ばっかじゃねーのっ!おまえ!!!!とヤンキーモードの自責の嵐。

YさんとMちゃんとが鉢合わせて「うわあああああ!ごめんなさいっ!」となっている私。

しかし、お二方とも優しくて「じゃ、私は近所なので次回。」とか、片や「あ、じゃあ、一緒にクリスタルやレイキの実習しましょうか?」と気を使って下さる。

でも、お二方とも大事な時間。

そして結局Mちゃんの方が「あ!じゃあ、私、買い物して来ますよ!」と言ってくれて涙ちょちょぎれそうなのだけど、そんなあなた、次にお会いできるのは4時間後です。

しかし「バーゲンやっているから。あと、Nさんに言っちゃおう。ひっひっひっ。」とふざけてくれる。

「あ、それに四時間後に戻って来るけど今日は勉強じゃなくて飲みにでも。」とゲラゲラ笑ってくれている。

まったく笑ってくれるとほんと気が楽になるよ。

とは言うものの、それからの4時間は、真剣なエピソードを別のお二方から聴き、その間ずっと「そうだよね、そうだよね。こんな真剣な話しに来てくれているのに、私ったら、この大馬鹿者めがっ!」とさらに自責の嵐。

時間を譲ってくれたMちゃんだってかなり遠方から来てくれてるってのに。

そんな自責の一日だったのだけど、夜も7時に戻って来てくれたMちゃんがあいかわらずゲラゲラ笑ってくれていて。

一緒に飲んだり美味しいもの食べるってことで許して下さった。(あたしゃ、許せてないけどねえ。)

しかし、遠方故、いくら気が楽になるとは言え引きずり回すわけにも行かず、なるべく早い時間にドキドキしつつお帰しした次第。

まったくもって悪いことをした。

Buzzマスターやママやらに「やっちまった!」と叫んでいたよっぱーの私だったのだけど、美容室を何軒も持っていたマスター曰く「あるある。」と笑ってくれる。

でも、こんな年に二回も三回も無かったでしょおおおお!と言うのだが、「あるある。」と言ってくれる。絶対嘘だ。でもその優しさに感謝。

Buzzに移動した際には夫の部下のR君がへべれけになっていたりと、一日のうちに色んなことがあったものの、私は一つのことにこだわっていた。

でもまあ、風呂入って寝て、以後気を付けるしかなかんべよ。

************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386821604
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック