2014年02月25日

体裁よりも土台

またさらにお元気になられたAさんとは一週間ぶり。

まあ主婦だから疲れないと言えば嘘になるのだけど、何というか健康な人によくある普通の疲れという感じに戻っていた。

鬱の経過というのは捉え方やタイミングを逃すと何年にも渡ってしまうので、たった数ヶ月でここまでというのは、やはりとても早い回復のケースと言える。

頑張ることは決して悪いことではなくて、問題はどこを頑張るのか?ということで、それさえ抑えれば苦しい鬱ですら人生の大チャンスに変換出来るということは確か。

来月の予約をポンポンと入れて行かれる際に途中でふと言葉が止まり、「いやあ、どうしようかな。この日は止めておこうかな。ここは子供が居る日なんですよ。ここでこの間みたいな暴れぶりをされるともう絶対連れて来れないもん。」と仰るので大爆笑。

「もうティッシュをボンボン引き出す姿を見てビックリした。」と親御さんが仰るくらいだから普段よりハイテンションだったのかも知れない。

ということは本当は普段から暴れたいということ。

どこででもやって良いわけじゃないというくらいのことは賢い子なので彼女自身が分かっている。

そして、一箇所でもそんな場所があればここぞという場面や場所・相手が目の前に在ったとき、無料なく我慢も出来たりする。

だから、ここでは大丈夫なんですよと再三説明しつつも彼女の自由ぶりが思い出されて笑いが止まらない。でも、無事にお子さん連れの日にも予約を入れて下さった。

人の成長とはピラミッド型のような構造をしている。

一番下の土台が遊びの心。エゴグラムでいうとFCにあたるかな。

ここが大きな土台になっていれば後々高い山になれる。いくらその上に大人の色んな側面を重ねて行っても倒れないし崖崩れ一つ起こさない大山になるのだ。

それにしても重ね重ねお元気になられて嬉しい。

今日も心からありがとうと色んな人に感じている嬉しい日だった。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。