2014年02月27日

感情の選択は誰がしているか

がーん・・・・。更新ボタンを押したらエラーになって記事が消えた。そりゃあもう真っ白に。

・・・・・・・・・・。orz

よって今日は終わり。

いやいや意地でも喋ります。

**********

今日は最近心配していた方とお久しぶりにお会いすることが出来た。

ほんの2か月の間に実に色んなことがあったのだなあと目を見張った。

でも、そんな中でも一歩一歩進んで行かれているところが凄い。

そして彼女は一つの真理を発見されていた。

それは「やっぱり、自分なんだよな。」ということ。

大賛成だった。

自分の直感や自分の感じること。

そういったことを心の一面トップに載せて大事に扱って行けばまず間違いは無い。

万が一もしもそれが間違っていたとしても一面の載せていれば早期に気付くことも出来るから。

でも、数多くの人を見て来た統計上、これだけは言える。

自分で良くなることを無理やり止めるようなことをしなければ大抵の場合、自分とは信頼に足る存在だ。

**********

昨日カウンセラーさんたちと飲んでいる際に翌日のスケジュールを頭に浮かべた瞬間があり、丁度同席している人のお一人が明日教育分析とレイキにお越し下さることを思い出していた。

確かその前が雪の頃に2件キャンセルだったから明日はのびのびだなーと勘違いしていた。

のびのびだなーじゃないっちゅうの。

確かにキャンセル2件出ていたけど、その後違う方々が二件入れてるじゃん。

そんなこともつゆ知らずKちゃんと二件目へ行き二時まで飲んでいたという放蕩ぶり。(でも、楽しかったー。)

***********

一夜明けた本日またYさんとお会い出来た。会えるときは間隔開けずに会えるものだなと嬉しくなる。

しかし、前の方がお帰りになっても中々到着されなかったのでパスタを茹で始めた。

車でお越しになるのでこういうときは渋滞にはまったときだと予想される。

ということは、想像以上に遅くなると思ったから。

しかし、パスタを茹でている途中でお越しになったので爆笑。

「美味しそうですね。何だかお腹が減った。」と首を伸ばしている顔が可愛くて、一緒にあるものでランチしつつ沢山お話が出来た。

爆笑するし明るいんだけど、辛い時期でもある。

でも、人は辛いときや傷ついているとき、必ずしも泣いたり怒ったりして過ごす必要はない。

笑いつつ乗り越えることだって出来るんだ。

笑って進んでも泣いて進んでも進む距離は変わりなし。いや、笑っていた方が沢山進むかもね。

自分見つめをする人は、自分の感情を自分で選択出来る。

もとい、そうでないときも人は自分で勝手にこさえたフィルターを通して自分で自分の感情を無意識に選択している。でも、それは反射とか癖のようなもので、ハッキリ言って振り回されている状態。

その状態からシフトチェンジして、意識的に自分が幸せに過ごす感情を、いつの間にか選べるようになっているのが自分見つめをして来た人。

今日は沢山お話する時間がとれて良かった。

心がヒリヒリと痛い。悲しいね。

でも、喋れ、喋れ。手放して進め。

人は自分らしく生き、自分らしい感情を持って歩いて行っても良いんだ。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

カウンセラーズトレーニングの会+α

早一か月の日々が過ぎ、本日はカウンセラーズトレーニングの会。

皆さん自分にとっては普通の日常をお話されているというのに、色んな人の涙を誘う。

それは傾聴している人々がその大変さと偉業の程を知っているからでもある。

いつものことながら、”体験者”が集まる会というのは凄い。

そして本日は貴重なシェアリングの後、ゲシュタル療法のサイコドラマに大勢でチャレンジ。

それぞれの立場でそれぞれの気持ちを味わった。

そしてそれを観ていた主人公も。

他者をダイレクトに変えることは出来ない。かと言って自分が急に変わることも出来ない。

でも、うまく行かない交流が生じたとき、自分の自我状態を違う場所から発信させることによって、相手も含めた交流が大きく大きく変わる。

伝えたかったこと、体験して貰いたかったことはそれだけ。

でも、皆さん優秀なのでそれ以上の大きな何かを持って帰って行かれていることが垣間見えた。


肉体を越えて行け。

魂から叫べ。


そこにあなたが居る。

****************

前回の新年会の折り、次のトレーニング会の後、遊びに行こうと決めていた。

本当はその日感じたことを一人で温めて欲しいという想いもあり避けていた感もあったのだけど。

しかし、今年は各自色んなことがあったので結束と親睦を深めるべく境界線を取っ払ったところ、非常に有意義な時間になった。

カラオケの送信機を抱え込んだままマイクを握っていた人。

延長を要望するとお金の話をしに来た店員に「空気読め。&(人が気持ち良く歌ってんのに何金の話してるんだ)」と店員を追っ払ってしまう人とか、七つの声音を持つ人とか。

極め付け、何を歌っていてもジェイムズ ブラウンが降りて来てしまう人とか。000000000002464-2.jpg

いやあ、素晴らしく愉快な人々だった。たまにはこういうのも良いなあ。

大盛り上がりで延長した後アルコールが入っているKちゃんが「今からBuzz行こうか?」と。

それは名案ということで、しばし飲みふけった夜だった。

そして新たな約束も取り付けた。

****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

自分を裏切らない人々

先日の大雪関連でキャンセルなさっていた方々もちらほらご来訪。

&キャンセルしなかったいったいどうなっているの?というようなつわものな方もご来訪。(笑)

午後のカウンセリング+ヒプノをお申し込みの方とも3時間以上にも渡り共に過ごし、また少し糸口が見えて来たところ。

うちでは前世療法とはうたっていないのだけど、それが必要な人は自らその時代に行かれるようで三世代ほどの過去生を一緒に体験した。20140222.JPG

うまいこと避けて通った場面というのは、ご自身自ら「そこはまだ向き合う準備が出来ていなかったからなんでしょうね。」と仰るあたり、正解。

焦る必要ないのよね。

それでも現生で抱える焦燥感や恐怖心の糸口に触れることが出来て実に有意義な時間だったと思う。

心理学的なセッションでもスピリチュアルと繋がっているため一緒にその情景が見えて来るのだけど、糸口に触れるのと同時に彼女が生まれ変わる度に自分らしい生き方に近づいているということも確認出来た。

で・・・・今日も石について不思議なことが二回も起こったのだけど割愛。いや、現実的には無視するとろくなことがないのできちんとメッセージを受けて対処したのだけど。

************

今日の後半のお二方のエピソードをお聴きしていて非常に良かったなあと思ったのは感情を抑圧せずに非常に大事に出来ていらっしゃったこと。

他者に対して感じていることを実に正直に話して下さって嘘がない。

そうすると、前に進むんだよね。色んなことが見えて来る。

ポーズだけとって中身が不安で不幸な人生。

その対極、真逆に位置するのは自分の本当の人生を生きるということ。

今日も壮絶だなあ、人って深いなあとつくづく感じた。

同時に成長したいと本気で思っている人の真実の美しさも同時に感じた日だった。

だから。

今日もありがとう。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

平和な喧騒

もうどなたに会っても「おおー、久しぶり!」と嬉しくなってしまう雪恐慌。

そんな中、本当にお元気になって来られたママさんが娘さんを連れて来訪。

ママさんが「こんにちわー。」と言っている上に俄然被せて「こんにちわーーっ!ああー!ストーブが置いてあってこれじゃあー、あたし通れないよっっっ!」。ぜっんせんママの声聴こえないし。あと、ぜっんぜん通れるっしょ。特にあなたちっちゃいんだから。20140217.JPG

いやあ、ママも久しぶりだけど君はほーーーんとーに久しぶりだね。いやあ、しかし元気過ぎる。

つい昨今男たちの火花を傍観しつつ、もしも喧嘩が始まれば、あわよくば自分も加わってストレス解消しようとか考えていたインナーチャイルドが馬鹿&凶暴な私ですが。

5歳児に激しいタックルを伴った抱き着きを何度も食らったこの一時間ですっかり自信が無くなった。ちびっこってすげー力。しかし、可愛い。

ハサミで切り刻まれた紙だらけだったり、テーブルに何か文字が書かれていたり、色んなものがひっくり返ったり、しまいにはシャボン玉が飛び交っている中、一時間後に来訪してくれたKちゃんもゲラゲラ笑っていた。

帰らなければならない時間だと分かると必死で邪魔をするので、しまいには椅子の上に立ち上がってオーラソーマの棚の一番上をテーブル代わりにして領収書を書いていた私。

そこへまたタックルして来るもんだから危険極まりない。しかし、本当に面白い。

「きゃーーはっはっはっ!尾崎せいんせいっ!」&ドカっ!ドカっ!ドゴンっ!

いや、面白いんだけど、やっぱり危ない。

いつぞやNさんちの愛犬Tさんが来訪した日、この子と鉢合わせしていて、うわあ、人間の子供もわんこの心も無邪気で可愛いなあ、似ているところがあるなあ・・と思ったのだけど前言撤回。やっぱ人間の方がすげーや。

おまけに会う度にラポールが深まって行くもんだから段々プロレス化して来ているし。(笑)

しかし、また会いたくなる。

************

シャボン玉液もこぼしてしまったりしていたようだが、さすがKちゃんだなあーと思った一コマがあった。

やっとのことで大天使と天使ちゃんが去った後、寝床を片づけようとしたらKちゃんが「あ、シャボン玉の液は毛布にひっくり返して染み込ませときました。」と言う。

なるほど!シャボン玉やったあとはすぐ全とっかえするしかないので一石二鳥だし、その上毛布にひっくり返してくれるならば他に飛び散らなくて済む。

あんな楽しい惨状を大笑いしているのは私だけかと思いきや、少しもビックリせず灰皿もセルフで出してゆっくりしてくれていたりとか。

**********

Kちゃんというのはとあるナースさんでうちのカウンセラーさんでもあるのだけど、職場での立ち回りを聴いていてつくづく感動した。

良い看護をしているなあ、本当にこの人らしい看護だなあと。

前からそうだったのだけど、そこに心理学が生かされていることをつくづく感じた。前と一緒なのだけど一緒じゃない。言わばバージョンアップしている。

どっしり落ち着いて受容の後に始まるKちゃん節は、あとはもう厚みのある個性としか言いようがない。

基礎という土台の上にその人らしさが乗っかってさらにさらに暖かくなっていた。

ちなみに5歳の子と絡んだ直後の時間なのにも関わらず負けず劣らず心が綺麗だった。

*************

その後、今日のメンバーの中では一番お久しぶりなSちゃん登場。

確か前回のときもKちゃんと鉢合わせしたのよね。

Kちゃんが「うわあ、綺麗になった。また大人になった!」と私が思ったことを全部言ってくれる。

「はい。社会でまたさらに揉まれて来ました。」と答えるSちゃん。

色んなことがあるよね。でも、最終的にその色んなことを良い方に換えて行く。Sちゃん、あなたって自覚もなくそんな素晴らしい子だ。いや、もう子じゃないか。本当に成長したんだね。

カウンセリングを一時間受けてくれたあとレイキに移って、この一時間は夢見心地になる人が多いのだけど、テーブルに戻った後「さっきこの席で話していたのがずっと前のことのよう。」と仰っていた。それ、凄く分かる。

理屈ではなく、言語以外の方法でレイキは何かをデトックスして苦しい時間をやや早回ししてくれる効果もあるのよね。

久しぶりにオーラソーマの美しくてユニークなボトルを一本持ち帰り、オーダーメイドブレスの依頼も下さったので相談して使用ストーンを決めた。

ああ、今年もまた動く年なんだね。でも、大丈夫。あなたなら大丈夫なんだよ。

いやあ、久しぶりに顔見れて本当に嬉しかったなあ。

足場が悪いというのに、名古屋までの道中は遠かろう。

あ。でも、これも大丈夫なのだろう。

現状の捉え方とは別に、良い方向に確実に進んでいるあなたが見えた。

**********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

無事で何より

今日はとある方のセッションの前、ドキドキしつつ待っていた。

何故ならあの数日前の豪雪の日に遠く離れた愛する家族に会いに行く予定の方だったから。20140212.JPG

その方のことを知る共通の友人に「○○さん、大丈夫だったかねえ?」と翌日言い合っていて二人とも沈黙で宙を見つめる数秒間。

電話とかメールとかしたくなるのだけど、それは違うのよね。
信じて待とう。

それからあっという間に数日が経った。

そして再会。

どうだったっ?!大丈夫だった?!よく来たね!と叫んで迎えてしまう。

すると彼女はコロコロ笑って「行かなかったんです。飛行機が欠航だらけだったんだもん。」と。

良かったー!と胸をなで下ろした。

そりゃ目的が達成できなくて残念だっただろうとは思うのだけど、その彼女の割り切った笑顔と、安全に過ごして下さっていたという現実がこちらをほっとさせる。

「考えて見ればちょっとまだ無理だった。バタバタ用意するより一か月後に延期することにしました。」と。

そうなんだよね。かなり病状はよくなられてはいるものの、ギリギリの線だった。でも、基本的に本人がやりたいということならば、よほど命に関わることでもなければ反対出来ないと言う状況だった。

コロコロと笑って下さっていた。

お話を聴いてレイキをあてて。

ほとんど健康人の疲労を残しているだけの身体に限りなく近づいていた。

しかし、あの日に限っての突然の豪雪。

多分彼女は守られているのだろうあと思った。

************

昨日からお目見えした石油ストーブ。。。。

あ、熱い。

ほんとこんなに暖かったのね。カウンセリングとか施術している間に汗ばむほどだったし。

服部熊さん、ありがとう。

************

ipadで調べものしてたりするとキャンディクラッシュなる名前のゲームの広告が毎回出る。

ええい、うっとおしいなあと思いつつ調べものをしたりメールカウンセリングをしている空き時間。

しかし、先日某所でしゃぶしゃぶパーティーをしている際に「わーん、キャンディクラッシュができなくなっちゃうじゃん。」と言っている方がいた。

それが頭の隅に残っていたのだろう。思わず電車の中でDLしたのは良いが。

大変ね、これ。

私、昔からテトリスとかぷよぷよとか大好きなんだよね。

何かかちっと正しく揃うと大きく動いてくれるものが好き。そしてどこか幾何学的に整列しているものや、きちんとはまるものが好き。

すげー忙しいし焦っているってのに、はまっちゃったよ。困ったもんだ。

それを切って仕事に戻るのが大変だった。

***********

そうそう、正しくはまるものとか、きちんと謎がとけてしっくり行くのが好きなのは何も個人的な好みに留まらず世の中の摂理もそうなのだと思う。

人は自分の思い通りにならないことや上手く行っていないことがあると、とかく周りのせいにしたがるので、抑圧したり合理化してみたりする。

でも、無理があるし滅茶苦茶な理由だから、それをやり過ぎるとますます病む。

よくあるパターンなのだけど、長年心の病気を患っている方だと、世の中が悪いか自分が悪いか?の二者択一しかなくなって来る。

もっと傾聴出来ればそんなバカなことがあるはずないと分かるのだけど、いかんせん誰と接しても時間と労力を奪うことが目的になっちゃうとそれすら気が付かない。

元気になれば世の中そのものや著名人や身の回りの人をけちょんけちょんに叩く。

それだと根本的に元気になるはずないのでしばらくするとまた具合が悪くなって、今度は自分以外の人が立派だということにして、自分をけちょんけちょんに叩く。

そうすると実に無理やりな理論になっちゃってまあ。

「お金には興味ないの。」と言う人が親に借金していたり、友人をただ使いする。

それに応じなければ冷たいってことになるらしい。

むしろそういう人ほど金金言っていて、話題、それしかないの?という状態になっている。

これ、自称男性恐怖症の人が男性に異常に執着しているのと同じ。

世話かけている相手に向かって「お金には興味ない。」ってポーズはおかしいよなあ。

欲しいものを欲しいと言えなくて、そのための努力から逃避し続けるから一生誰かのせいにしなければならない。

はたまたある人は大勢の既婚者が居る前で「私は理想が高いから結婚出来ていないの。」と言う。

そういうと何だか皆は理想低いよって言っていることになるのよね。

あるいは「私は誰よりも真面目です。」と大勢の人の前で主張する人も気が付かない。

皆物凄く一生懸命色んなことに折り合いをつけて生きていて真面目なんだけど、そういう言い方って「あんたたちは不真面目よ。」って言っているのと同じなのよね。

時に極度の合理化は、知らず知らず人に失礼な言動を取るということになる。

自称傷つきやすい人は「世の中の人は皆鈍感で自分は繊細なんだ。」という理屈を振りかざす。

そういうふうになっちゃうともう成長の余地が無い。痛くて聴いてられない。

世の中に懸命に生きていない人がどこにいるのか。皆誰しもざっくり傷つく心というものを持っているよ。

結果だけを観て批判する防衛は、本当に人を鈍感なまま傷つけてくれるものだなあと思う。

そのパズルは合っていない。

例えば一人一人がパズルのピースだとしたら、そういった方々は必要なピースを探すということを怠って、無理やり違う形の凹みや突起を他人に合わせようとする。

自分を傷つける生き方というのは、他人をも血だらけにする。

でも、ではどうしたら良いのか?という真っ直ぐな疑問や謙虚さが無い場合は心は変わらない。

人の思いやりも心尽くしも蛇口をひねれば簡単に出て来ると思っていて、枯渇したカランをどかどか殴る。

それは鈍感を通り越した鈍感だと思う。

しかし、「繊細だ。」という合理化はいつまでも続く。

世の中には色んな涙があるものだと思う。

少なくとも、それを想像しようともしないタイプの人も存在するのだということ。

ええ、そんな鈍感なことって無いよ。

非常に悲しいなあと思うことがあった。

けれども、それも私の個人的な感情で、この世のすべての人に時間というものは与えられている。

それを何にどんなふうに使うか?ということは、あくまで自由なのだと思う。

自分はどうするか?ってのが大事。

***************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

おっさん談義

昨日、夫と事務所へ泊って・・・というか、寝つきの良い熊はさっさとホットカーペットの上で眠り出す。

狭い事務所なのでこの人一人いると物凄く身動きが取れていない気がして、ほんとはマイペースでお風呂に入ろうと思っていたのだけど、何だか気力が失せて入らなかった。めーーいっぱいヒーターにあたれば良いかと思って。201402091.JPG

が、しかし、やっぱ風呂に入らないとダメなのよね。温熱的には暖まったはずなのに浄化も関係しているのか、翌日必ず気持ちが悪い。

というわけでまたしても夫に激怒しようかと思ったのだけど、忽然と姿を消しているので再びむきーーっ!となる。
居たら居たで怒っただろうし、出るときに「帰るね。」と起こされても怒ったと思うのだが、さんざんペースを乱しておいて居ないってのも腹が立つ。要するにどうやっても怒っているという、なんだろね、これ。いい加減にしよ。

よく主婦の方々に「主人が怒ってばかりで怖い。」という話を度々聴くのだけど、そんな話を聴いているときには「何、それは酷いな。こんな可愛い奥さんを何で虐待するんだ。」と思っているのだけど、要するに私、この旦那さん方のやっていることをやっているわけね。ほーんといい加減にしよ。

唯一違うのは、相手が熊のプーさんみたいな輩でいくら怒っても「はーっはっはっ!」と笑っているということだけか。

ほんと、私もあんなふうな何でも平気な心が欲しいよ。

「かおちゃんが神経質なんです。」

いえ、熊から見たらそうかも知れませんが、大抵の人間は巨体でガン!とぶつかられたり、思わぬところでペースを乱されたり、厳寒の中凍えさせられたら怒ると思うの。

************

昨日とは打って変わってクライアントさん方がスムーズにご来訪。でも、まだ雪道なので大変だったと思うのよね。

これ、何度も話していると思うのだけど、ずっと昔は心理的なことや病状でなかなか来れなかった人が、毎回きちんと来れている。

しかも、彼女にとって当時よりもずっと事務所が遠いところにあるというのに。

何度も何度も思い出しては凄いなあと思うのよね。

ところで彼女の身体の不調な部分のお話を聴いていたところ、ポンポンと色んなストーンが浮かんで来る。

でも黙ってた。石のセッションじゃないから。

しかし彼女曰く「一昨日不思議な夢を観てね。夢の中で怪しいおっさんが石をくれるんだけど袋に入っているの。なんだろ?見たいなあ。と思ってたところで目が覚めちゃった。」

・・・・・・・。そのおっさん、私じゃないの?今、石のこと考えていたし、あと、あなたと接しているといつも私、自分がおっさんっぽいなあーと感じてしまうのよね。

小さくて可愛くて女の子らしいせいか、”それに比べて、私、おっさんだな。”と今も思っていたところ。

そう言うと「あれー、おかしいな。私にとってかおるさんは妖精のような人なんだけど。」と言うので吹き出してしまう。知っている人が聴いたらボコボコに殴られそう。

その夜、先ほどのメールで
”あの夢の超怪しいおっさんはかおるさんだったとは(゜o゜;ほんとに怪しかったんですよ(笑)
有無を言わさず私の手に石を握りしめさせてよし!!これで大丈夫だ的な事言ってたけど
私の中ではかおるさんは天使とか妖精なのに…おかしい…”

というようなことが書かれてあった。

あ。その有無を言わさず握りしめさせて勝手にこれでよし!とか言うあたり、私がやりそうなこと。

それにしてもそのまんま素直に「超怪しかった、ほんと怪しかった」ってのとおっさんを連呼されるのを聴いたり読んだりする度にビクッと反応する私だった。

面白かったなあ。結局彼女は「モルダバイトという石が気になって!」とセッションの帰りにお買い上げして下さった。

あ、モルバイトなら今していないプチペンダントもあるんだけど、これ、サービスで付けても良いですか?と無理やり押し付けた。

・・・・・・・・・・・・。夢の通りじゃん。

**************

その後他の方がすれ違いにお越し下さったのだが、この人もまあ、可愛らしい子。

しかし、何故だかこの子といるときは、あんまり私おっさんっぽくならないのよね。

理由は明白。(笑)

この方も雪道を頑張って来て下さった。

風邪が治りにくいと聴いて、何かしたくて、ネギをいっぱい入れた鍋焼きうどんを無理やり食わせてしまうあたり・・・やっぱりおっさんか。

どうでも良いんだけど、また強くなったんだね。そして精鋭度も増していた。

あとは方向性だなあ・・・とか色んなことを思いつつ、でも基本が優しくて客観もある人なので大丈夫、楽しみだと思う。きっとどんどん理解して行ってくれるだろう。

どうでも良いけど男でも女でもしっかり食べてくれる人は大好きだ。

******************

いやあ、しかし、二日ぶりの我が家。帰り道が寒かった。

ゆっくり暖まって寝よう。

・・・・・・。そして夫が暖房ではなくて、エアコンを送風にセットしていたのでまた激怒して一日が終わった。


ええ、カウンセラーは聖人君子ではありません。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

愛と勇気の生活人

苦節数ヶ月。とある方の願いが叶う。

それは小さな小さな願いだけど、最初の頃はまだまだ不可能に思えた。

でも、一ヶ月二ヶ月と経つうちに”これは可能性かも?”と思えて来て。

とうとう明日彼女はとても愛する人の元へ旅立つ。20140207.JPG

まだまだ油断はならない状況だけど、もしかしたらもしかして良い方へ向かう自信がさらに高まるかも知れない。

私は何もしていないのだけど、何だか自分のことのように嬉しく思えてワクワクしている。

きっと先方も喜ばれるだろうなあ。

彼女の頑張りに畏敬の念を感じつつエールを送る。

素敵な旅になりますように。

***********

真実は小説よりも凄いってのは色んな人の話を日々傾聴していて思うのだけど。

今日はある方のカウンセリングをしていて「よく生きて来たね。よく頑張って来たね。」とこれまた畏敬の念。

長い付き合いの中ではおおよその見当はついていたものの、実際に詳細をリアルに話してくださると胸が苦しくなった。

人には誰にも言えない苦しみというものがある。

でも、そこに光をあてることで段々人生のカラクリが見えて来る。

光をあてようとした彼女の勇気に敬意。

辛かったねの一言じゃ収まり切れない長い年月。

でも、これからは本当にもっともっと自由に生きて欲しいと思う。

だってあなたはもうそこを乗り越えて来た。現にこうしてとてもタフな大人になった。

自分を守ることが出来る強い自分に、自分自身を育てあげて来た。

誇りを持って良いと思う。

人知れず持っている勇気や力というものがある。

喜怒哀楽。その全てを自分に許した人は強い。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

心と身体

先日、夫の助手席に乗っているときに聴こえていたカーラジオ。

何となく耳に入って来ていたのだけど、司会者が一枚のハガキを読み上げていて、そこには子育ての悩みが綴られている。201402031.JPG

”それでは今日はこの方にお電話をして○先生からのアドバイスをいただきましょう。”という流れだった。

よくわからんけど、子育てについてのエキスパートの先生をお迎えしているらしい。

おそらくは多くのお母様方が自分のハガキが採用されるのではないか?と固唾を飲んで聞き耳を立てていたことだろう。

で、採用されたハガキの書き主はすぐに電話に出た。もう藁にもすがる思いだったので当選して嬉しかったことだろう。

なのだけど、その高名な先生とやらは、いきなりお母さんを罵倒していた。

「いいですか!!!いいですか?!あなた!」と怒号しているわけである。お母さんの方はハイハイと何とか返事をしているだけ。

やがて先生の口上が終わり「どうですか?参考になりましたか?」と司会者に代わったのだけど、電話先のお母さんは啜り泣くばかり。

いったいこの番組、何のためにやってるのかなあ?と思った次第。

お母さんというのは何かと子供が小さいうちナーバスになって真剣に悩んでいるわけなんだけど、この方は選ばれたために全国の方が聞いている場所で罵倒されて泣かされたのである。

子育てについての専門家と言われる方の多くのにこんなタイプの人が多いのは何故だろうか。

それは、その先生自身が子供の頃に辛い体験をして来ていて癒されていない部分が多いものだから、母親という生き物に対しての怒りが激しく吹き出してしまうってのもある。

言えば言うほど段々一人で盛りあがって行ってますます一人で怒っているという変な状況になっている場面や番組を何度も目にした。

でも、相談者であるお母さんの中にいるインナーチャイルドを罵倒したり虐待したところで、効果はさっぱりあがらないのよね。何やってんの・・・と素朴に思うのだった。

自分を見つめるってとても大切なことだ。

*********

Sさんが来訪なさったとき「何だかお久しぶりな気がしますー!」と仰るのだけど、その通り。

もうマックス具合が悪かったときと違って4〜5日置きでも大丈夫になって。

自己ヒーリングも出来るようになったし、前々からの習慣で少々頑張り過ぎることもあるのだけど、そのときは自分で気づいて休めるようになった。

もうすぐ彼女の小さな夢が叶う。

つい先日までは「どうかな?出来れば良いね。ひょっとしたら出来るかも知れないねえ。」なんて言っていたことなのだけど、ほぼ確実に叶いそう。

自分を大事にするって難しい。

でも、それに取り組むことで「家族まで変わって来るんですね。」と仰る彼女の笑顔は、ますます素敵になっていた。
*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

奮闘するソルジャーは自分を信じてる

転職組の奮闘ぶり。

本当に頑張っていらっしゃる。20140124.JPG

最中に居る間には分からないことでもここから客観視しているとその向上心や勇気が見える。

ああ、私も頑張ろうと思う。自分を裏切らない。自分を信じる。

それを成している人々に会ったこんな日に俄然やる気がみなぎって来る。

皆が光だ。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

誰にコミットするのか?

今から数えるとすると、おそらくは十数年前のこと。

私はそのずっと前からも病院という企業に勤める1ナースだった。

特に新人の頃から数えると、ショックなこと、感動したこと、泣いたり怒ったりしたこと。色んな体験を与えられて来た。20140123.JPG

そんなある日、あれは多分30代になったばかりの頃、ネットで日記を書き始めた。

要するに裏も表もない、ただその日自分が感じたことを綴る場所として機能していた。実は言うとその根本は今でも変わらない。

当時の私には、誰かに分かって貰うために描くとか、聴いて貰うために描くという認識はほとんど無くて、ただ自分の”本当”を吐き出す場所。そしてさらに言うとその姿勢と言うのは今も根本的には変わっていない。

共感を覚える人も居れば批判や拒絶を覚える人も居るのは当然のこと。

そして私はどちらのコメントにも、その人自身の体験が私の体験談に投影されているということを知った。

要するに人には幼い頃から培って来た道徳観念とか、人生脚本というのを無意識の中に持っていて、そこにあてはまっていないものを見ると心がざわざわしたり、時には怒ってみたりする。

はたまた肯定派の人々が心地良いのか?というと、全部が全部そういうわけではない。特に極端な例だと自分と私の区別がつかなくなっておかしな状況になっている人もいた。

例えれば今日は若き日のある日、まだブログなるものがなかった時代に「そうだ。書こう。」と自分ひとりで勝手に決めて書き出したこの場所のおかげで色んなことを体験させて貰った。色んなことを学んだ。

それは、誰かに許可を貰ってやったことではない。

この例に関わらず、私は「これをやってみよう。」自分の頭の中で決定を下して納得した上で行動するタイプ。

ところが世の中にはそうでない人も圧倒的に多く、とある見習いカウンセラーの頃、一人の同級生(と言っても10個くらい年上だったかしらね。)に声をかけられて『一緒にやろうよ。』と言われた日のことを覚えている。

私が使う言葉をパクっているだけということにも気づかず、当時は”きっとカウンセリングに対して同じ思念や目的があって行おうとしているのだろう。”と勘違いした。ほら、当時の私、今よりもっと馬鹿正直だったから。

特に『俺も勉強して尾崎さんみたいにセッションやるんだ。』という言葉も決定打だったのだが、蓋をあけてみると、私のHPの画像も文章もコピーして広げるし、人との会話でも表面的な言葉だけを真似しているだけなので一向に成長しない。要するに勉強しない。

言っていることとやっていることとが違うってのは立派な病気でもある。それもそのはず、初めからこういうふうに言えば一緒にやってくれると思っていたという確信犯だったよね。

後に「えーとね、世の中ではそういうの、詐欺って言うんだよ。」と言ったこともあるのだけど、『いや、違うんだ。これは違うんだ。』と次の言葉を探しているようなのだけど、ええ、立派な詐欺なのよ。

極め付け、その場所をオープンする前に彼が血走った眼で何度も言っていたのは『仲間をつくらなきゃ。とにかく仲間を集めなきゃ。尾崎さん、知り合いを連れて来てよ。』ということばかり。

依存的な人の一番やっかいなところというのは、実は自分の依存的なお願いが叶えられないと分かる否や烈火のごとくお門違いの怒りをぶつけるというところ。

ああしてくれない。こうしてくれればよいのにってフレーズが多いともうかなりやばい。

例えば昔の自称鬱の友人などは、全ての家事を旦那様が引き受けていたのだが感謝するどころか『ちょっと!ちゃんとかけたの!?ここが汚いわよ!』と怒鳴りつけていた。いやあ、それを怒鳴る元気があれば自分で出来るだろう。

『私は引きこもりなのに、どうしてタバコ買って来てくれないのーーー!きー!』ってのも一緒。その元気があるんだから行けるはずだし、ましてや買って来てくれるのはあたりまえのことじゃない。

空っぽでそこには何もない。

しかも彼の場合は盛んに「7掛けにする?8掛けにする?」と何度も訊いていたなあ。要するにそれが目的だったいのはずぅっとあとのことだったが。
色んな美味しい話を振りまいて頭数を揃えれば、その30パーセントを自分の取り分として貰って生きていけるという感覚だったらしい。

仕事に限らず人の努力の上前だけはねて生きて行こうとする人は沢山いるのだけど、そのまま50代60代になってしまうと、こんな悲惨で訳のわからないことになってしまうのだなあ。

もちろん、その方とはほどなく袂を分かつことにした。

おそらくは唾を飛ばして得意の口上で自分が如何にかわいそうで私が如何に酷かったか?という美談だか吹聴に忙しかったと思うが、まあ、それは知らん。分かる人は分かるし、分からん人は分からんし、何より、やることがあったから。

少なくともこの世界では、自分で立とうという意志が持てるようになってから、あるいは自分に一本芯が通ってからってのが先。(もちろん一人ではできないのだけど鼻っから人を利用しようと思うのは論外で。)

たまたま心の世界を扱うとして、ではいったいそれを何のためにやるのか?ということが、その人と自分とでは大きくずれていたのだ(最後まで話しても分かんなかったんだけどね。)


昨今出会う人々でも良く何か夢を持ったとき、『まずは仲間をつくらなければ!』という人も居る。

でも、私の考えからするとそれは違うんだよね。

一人一人が違う人間で、でも何かを自分の考えで始めると自然と仲間が出来て来る。

この場合で言う仲間というのは決して自分と同じ人とか似ている人ということではない。

それぞれ色んな世界を持っていて、色んな性質を持っている。

例えば、私の場合は自分の足で立とうとしている人々のことを仲間と呼ぶ。方法とか立場とか職種とか全てが違っていても、その一つが共通している。

最初に自分ありき。

そんな人々が出会うとき、そこに大きなパワーが生まれる。

そんな話を『仲間が欲しいから、そう、仲の良い友達が欲しいからサロン開きたいのー。』と仰る方に『うーん、それは違うと思うなー。(もっとも、それが分かるともっと強い結びつきになるんだけどね。)』上記のようなことを伝えると『?なんか、それ、冷たい関係じゃない?助け合わないの?』と言われるのだけど、そりゃ助け合うよ。ただし、相手の立場や気持ちを大切にしつつね。

で、『助け合わないの?』という人に限って、実はいつも助けられる側で相手をゴミ箱にしていたり、依存関係のことを仲間関係だと思っている人が多い。

と言っても『誰に許可貰ったり、誰に宣伝すれば良いのかな?』という口上が続くこともあるのだけど。

その相手とはまず自分自身のことなんだよなあ。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

微細な波動

ナースの仕事一本だった頃、日々医療の大切を感じていて今もそれは変わらないのだけど。

長年勤めていた中で、どうも西洋医学だけでは割り切れないものがあるということをしばしば感じていた。

例えば数値的には健康なのに、言動や症状が健康にならないとか。

その後、それは心というものがあるからだろうと思った私は心理学を学んでカウンセラーになって、大分解明した部分もあった。

しかし、それでも割り切れないものがあると思った頃、レイキという分野に出会ったのだけど、実はどれも必要なものではあるものの、レイキという学問はそれまでの謎を一番わかりやすく解明してくれるものだったように思う。201401211.JPG

レイキを始めた人の特徴として多いのは、ある程度浄化が進んだ頃に次々と色んな分野に目を向けたり行動したりと、とにかく考え方やモノの見方が変わり、それは一概に身体の健康のためだけとは言いきれないものがあった。

そこからがまあ何だか次々と目まぐるしくて、オーラソーマに目が行ったりクリスタルヒーリングを学びに行ったりフラワーエッセンスに流れたりとしたのだけど、結局のところ、そこにいつもチャクラやオーラと呼ばれるものを含めエネルギーワークが共通して存在しているのだということを学んだ。

人の生き方や思念が現実を作る。

特に天然石を使ったアクセサリーを作り始めたのは”クリスタルヒーリング”というと何だか敬遠されやすかったり、その微細な変化を受け取る根気が要されたりするのでこれは困ったなあと感じたところから始まった。

いっそアクセサリーにしてしまえば、日常の中にさりげなく取り入れたり、意識せずともいつの間にかヒーリングが起こっているということになるのではないか?という理由だった。

ところが、どんな石を使っても良いと言うわけではなかったり、ええグレードなどに関わらずそこに入っているエネルギーを観る必要があると気が付いたもんで、そこから先の勉強も長かった。

あと、使い方とか。

一つは全てを表す。

そんなわけで今の私はその時々で自分にとってタイムリーな石に度々付け替えたり、はたまた長いテーマのものならずっと長いこと着けてはいるものの、これもまめに休ませたりしている。

で、最近特に自分が着けているブレスやピアスなどを『私もそれ欲しい。』と言われることがあって、どれどれとその時々のその人を見つめてみると、なるほど、この人の場合も今に合っている!ということが分かるのでしばしばお揃い状態になっているのが面白い。

そこまで深くなって来ると余所のストーンと作り手によって着けられたブレスを山ほどつけている人で、全く持って今に合っていないというか、石自体が汚れていたり疲れていたり、第一必要のないものを着けている人が居ると、ついつい気になって眼が言ってしまう。

余分な恐怖心から着けているものは荷物になってかえって邪魔して来るし、はたまたある人はそのバラバラの波動に負けていたり。

言わないのだけど「これはAAAAAのストーンですよ!」と自慢げに仰る方にも「違うんだよなあ。いや、AAAAが間違いなのではなくて、その希少だったりグレードが高いとか、あるいは皆に人気のストーンならば良いものだとか言う考えが・・・」と思ってしまう。

本当に石は深いなあ。基い、レイキを初めとするヒーリングの世界はことごとく人間が観念で決めた常識を覆すものだなあとも。

**************

今日もレイキとカウンセリング三昧。

そう言えば、とある方のお申し込みメールで気が付いたのだけど、私にも湿疹が出ている。

私って湿疹なんて滅多にないのよね。

で、アレルギーもない。

でも、しいて言えば、この湿疹が出だしたのは、某所からいただいたメールを読んだその日からだったと記憶する。

そのびっくらこくようなメールを送ったのはもちろんうちのクライアントさんなどではない。

今は色んな良いツールを勉強させて貰っている時期だとは思うのだけど、つくづく人の心や波動の微細さやデリケートさというものを感じる出来事だった。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

いったい何だったのか?(ってのもしょっちゅうだけど)

先日、カウンセリングよりレイキをやっている方が多い二日間だったと書いたのだけど、その後も2〜3日レイキとカウンセリングが三分の一〜半分を占めるという日が続いていた

そのうちファーストDを取得中の方がご自身の旦那様にレイキを流してみたところ「手が真っ赤になってビリビリする部位があった。」という感想を下さった。

早いねーと答える。別段そういったことが分からなくとも流れているし効果はあるのだが分かると面白いし手ごたえがあるので続けやすい。20140120.JPG

はたまた今感じられない人でも回を重ねるごとに色んなブロックが取れて行って感覚が発達するというのか・・・本当のことを取り戻せる日がやって来る。

それはさておき、例えばオーラソーマもいい加減何年も同じようなボトル陣を行ったり来たりして使っているともはやアルケミーも起こらない。透明なまま終わってしまうし、終わったワークを繰り返していてもそんなに大きな収穫はないように感じていた。

のだけど、右脳と視覚が選んでしまうからには何か意味があるのだろうと思いつつ素直に選んで見る。そう、わざわざ意図的に他のを使ってみようとか思わなくてもね。

そうすると、以前よりも微細な変化だけど、やはり少しづつ変容して行っていることに気が付いた。

何でもそうなのだけど、その細かいところを拾って行く作業というのが大きな成果を生むのだろうなと思う。

で、レイキに話を戻すのだけど先述の方が「自分にあててもあんまり出ている気がしないんですよねえ。」と仰った。

これもある種の人々によくあるケースでかくなる私もその一人。

自分より他者に流しているときの方が沢山流れてしまう。

まあ手をあてるだけで自動調節されているので仕方ない場面というのもあるのだけど、危惧される可能性としては自分を他者ほど大事に出来ていないという側面も考えられる。

それで、改めて手ごたえが無いように感じられる自分に触れ続けて行くことの大切さをお伝えしたのだった。

************

一昨日だったか。

夜の部になってNさんのカウンセリングが終わった後に例によってレイキを流していたときのこと。

良い感じで寝息が聴こえて来て深い呼吸に変化して行く頃、こちら側も力が抜けて目を瞑りつつ手をあてていたのだが、何の瞑想状態になったのだか、膝をついてレイキをあてている私の斜め後ろに一人の男性が立ち尽くしているのを感じた。

霊ではない。

で、良い感じも悪い感じもしない。

半分夢のような感覚で目を閉じたまま感じてみると、少し痩せ型で身長もそんなに高くはない一人の男性がコンビニの袋らしきものを手に持って私の背中を見つめているのだが、どうやらあえて声をかけずに待っている様子だった。

で、どうやらその袋の中身は私がお願いしたものらしい。で、何かは分からないのだけど、何かを質問したがっていて、私が振り返るのを待っているんだか、このセッションが終わるのを待っているんだか、とにかくじっとしている。ちょっと困っているようにも見えるし、自分の意志で邪魔しないようにしているかのようにも見える。

そのあたりまで感じ取ったあとに「何で?誰?」と思うのだが全くもって知らない人だ。

その時、Nさんが『ああー・・・』と目を開いてお話し出したのでハッと我に返る。その男性の気配も消えた。

『今一瞬寝ちゃっていて、変わった夢見ちゃった。』

ああ、私も今うつらうつらしてたの。

『かおるさんの助手だという男性が居て、何か困っているみたいだった。まだ見習いでどうして良いのか分からなくて何かを訊こうとしているという夢。』

え?男性?

そう言えば今丁度Nさんと同時に、そこに知らない男の人が立っているビジョンを見たの。そんなに大柄じゃない人なんだけど。

『そうそう!大柄じゃない。ちょっと痩せてるけど痩せすぎでもない。』

あれ?

で、物凄く若いわけではないのだけど、やっぱりまだまだ青年って感じの人。

『あ!そうそうー!若いんだけど20代とかではない!』

手にコンビニの袋みたいなの下げてなかった?

『ああ、そこまでは見えなかったなあ。とにかく助手なの。でも、まだ入りたてでよく分からないんで何か訊きたがってたみたい。』

確かに彼女のところからは手に持っているものまでは見えなかったかも知れない。

にしても男性の助手なんてこの先も絶対雇いっこないし、まったくもってあり得ない状況なのだけど、それ以外の人物像が一致するのでビックリした。しかも同時に同じビジョンを見ていたなんて。

あれはいったいなんだったのだろう。

別段、そのビジョンがそのまんまの形で具現化するというよりも、むしろ何かの象徴だったりすることが多いのでそのうち答えが分かるかも知れないんだけど。

何かが分かれば分かるほど、同じくらい分からないことも起こるものだなあと思った日だった。

***************

で、オーラソーマの件と等しく、もうそんなに激しい浄化は・・・と思っていたものの、ここのところのレイキ三昧のせいだろうか。

ヒーリングとは玉ねぎの皮むきのよう。

今現在、心身の浄化が起こっているのを感じる。

****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

女性性の怪我

全員とは言えないのだけど、ある種の女性に共通する傾向の悩みがある。

それはとても微妙な問題。201401193.JPG

そして、まだまだそれを口に出して話せる風潮の世の中でもない。

はたまた同じ女性同士でもそんな思いをしたことがない人、あるいは逆にその状況を欲している人などが相手だと嫉妬や嫌悪の対象になってしまう恐れがあるエピソードというものがある。

世の中もずいぶん変わって来てはいるものの、世界的に見ると女性はまだまだあらゆる場面で非力だし、ある種の暴力に屈するしかない状況がある。

でも、女性も強くならなければならない。

その強さと言うのは、何も男性のように力が強くなることでもないし、ある種の男性のように大きな声で話したりある種の男性のように自己顕示欲が強くなるということでもない。

ただ普通に嫌なことは嫌、理不尽なことは理不尽だと感じることが出来たり自然に主張していけることが大切なのだと思う。

************

幼い娘さんを持つとあるお母さんが時々話題にすることがある。

「女の子だから気を付けてあげないと・・・。」と。

お母さんに似てとても可愛らしい娘さんだった。

でも、多分このお母さんならば、万が一娘さんの身に何か危険が迫ってもすぐに察することが出来るだろう。

何故そんなお母さんになれたのか?というと自分がそういう嫌な体験をしたことあるから。

さらに言うと彼女自身の親御さんが、彼女が年頃の頃に、言いづらいこと、表現しにくいその話題を一所懸命に伝えようとしてくれたことを覚えているから。201401192.JPG

そして実のところ、今よりもまだまだ暴力が蔓延していた時代の中においてさえ、女性は決して弱くはなかった。

知恵を働かせ、このテーマと闘って来た。

だからこそ余計にある種の男性は女性を恐れ、そのせいで悲惨な文化や風習が蔓延したというのもある。

先進国の物質主義や合理性に偏り過ぎた部分はあまり好きではないものの、何やかんや言って、少しづつ少しづつ世の中が賢くなっていっている部分に目を向けたい。

その賢さが、”見るからに弱そうな生き物なのだけど、大事にした方が絶対得策だ”とか、素直に愛する気持ちとか、そう言った賢さや豊かさを獲得して受け入れて行っているから。

重ね重ね、まだまだ女性が自分の意のままにならないと殺してしまうという幼稚な精神のままストーカーに育ってしまった大人も居る。折り合いの付け方や愛されるにはどうしたら良いのか?と我が身を振り返る教育が行き届いていない部分もある。

そこまで極端に行かなくとも、それまでチヤホヤしていたのかと思いきや振られた途端罵詈雑言を吐いたりとコロッと態度が変わるという原始の動物のままの幼稚さもまだまだ見かける。(ああ、でも、多分これは、男性女性関係なくあるわね。)

でも、少なくともそれが狂気なのだと問題視される方向に進んでいる流れを歓迎したい。201401191.JPG

女性も虐待に屈したり寂しさ故の共依存にどっぷりはまっている場合じゃない。

もっと自分の存在価値や使命を自分で決定して強くなってこの流れについて行く必要があるのかも知れない。

敬遠されるテーマだからほんと書くのが難しいんだけど、元々持っている豊かさや強さを発揮して、今度は自分が守る立場に移行して行くとき、生きることの意味を見つける人もいる。

その前に自分の権利を普通にさりげなく、しかし強く大事に持ち続けるということが必要なのだと思う。

**************

今日はとある人ととある人がすれ違った。

お二方とも、特に片方の方は約10年ほど前から繋がっている方で、とにかく頻繁に訪れて下さっているのだけど、これまで一度もすれ違うことがなかった。

でも、私はずっと以前からこのお二方を紹介したかった。出来ればもっと話して欲しいなあとすら思った。

いつかそんな日が来るかも知れないが今日はその小さなとっかかり。

「あれえ。なんで涙が出るのかなあ。まだ何も知らないのに何かを感じる。」と可愛い顔を突き合わせては、ただただ泣き笑いをしている出会いだったのだが。

人というのは、決して一人ぼっちではない。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

にゃんぱらり

寒い日が続く。

でも、皆さんの活動や歩みは活発で。

お顔を見るなり「おひさしぶりー!」と声をかけたMちゃんから、あけおめのご挨拶をされて驚愕。なんと!久しぶりだとは思っていたものの、今年は初めてでしたか。201401181.JPG

「そうなんですよー。まったく月日が経つのは早いですねー。」

そう言われて見れば、いつの間にか1月も半ばを越えている。日々働いているとほんとにあっという間に過ぎて行くものなのね。

Mちゃんは相変わらず頑張っていた。そして見事に成長していたり見事に進んでいたり。

そんなMちゃんとのセッションもあっという間に過ぎてAさんがお越し下さる時間になって、Mちゃんが「あら、今日はAちゃんはご一緒じゃないんですか?残念だなあ。」と声をかけてくれる。

そうそう、子供は子供で忙しいんだよね。その忙しさ、母に負けず劣らず。

ほんの数回の逢瀬でも会う度にお元気になられて行くAさん。まだまだ油断は出来ないものの、段々視界が開けて行く故に2回目3回目と回を追うごとに皆さんの顔を覚えて行っている様子。

それで今日は以前にも数回すれ違っているのだけど、ハッキリとMちゃんを見て「か、かわいいねえー。かわいい。凄く可愛い!」と何度も仰るのでハハハ!と笑ってしまった。そう、こんな可愛い子でした。どんどん気が付いて貰えて嬉しい。

Aさんの娘ちゃんはまだまだ小さいけれど、やっぱり母目線になってしまうその気持ちが分かる。

Mちゃんが帰る玄関のところまで歩み寄って、靴を履いている彼女に「そのスカートはどうなっているの?」とまだ話しかけているのが聴こえて来て、一生懸命笑いをこらえていた。

自分のセッションが始まった後も「もー、ほんと可愛い人だった。」と。

ほんとに段々世界が正常に見えて来て、情報がそのまんまに入って来ている。

うん、可愛いでしょ?でも、中身もとってもしっかりしているんですよ。と言うと「あー、それも分かる気がするー。」と仰って下さり、その後思いもかけず例によってうちの夫が唐突に届け物をして来たのでAさんを驚かしてしまったりと、笑い通しの一時間だった。

でも、良かったねえ、Aさん。無理に笑うのではなくて、本当にお腹を震わせてこみあげて来るような笑い。

泣きたいときには泣き笑いたいときには笑う。

そうして、あの日から遠ざかって行くことは、実はほとんど同時期に大事な存在を失った私にとっても痛みと悲しみを伴うことでもあるが。

でも、大切なものはここにある。全て未来へ持って行こう。

**************

今日はHさんが遠方より出張して下さりリフレをして下さった。

いやあ、年が明けてからも「なんじゃこりゃ。。。」と言いたくなる慌ただしい日が続いたり寝不足だったりPMSになったり。

しかしそんな中だからこそ余計に救いの手に感じてありがたかった。

*************

夕方、暗くなる頃に訪れて下さったNさんも大奮闘の日々のエピソードを聴かせて下さった。

皆沢山の”怖い”を乗り越えて、日々を自分の足で歩いて行っている。

自分の足で歩いた道には必ず結果が伴うものだ。

教育分析とレイキ。

頑張って乗り越えたことが沢山あるのはOKで、そのために身体が緊張するのはあたりまえのこと。

でも、Nさんの身体が素直に緩んで下さって本当に嬉しい日でもあった。

余談だけどNさんが「この間、Mちゃんがかおるさんところの予約がちっとも取れないので私が予約した分を一時間ちょうだい!って言っていたのでダメって言いました。」と言うのを聴いて大笑いした。

まったく可愛いし面白いなあ。

でも、おかげさまで今日無事に会えましたよ。

人って顔を見ると色んなことが分かるもので。

本人的には辛く感じても対局で見れば素晴らしいことになっている場合もある。

まったくもって、会うことに勝るコミュニケーションは無し。

今日も皆さんの顔を見れた喜びを噛みしめた。

まったく持って、生きているとは何とありがたいことか。

*************

それで思い出したのだけど、白ちゃんがこの部屋にちょいちょい存在してくれていたり夢の中に出て来たり。

それは分かってはいるものの。

今日、Hさんが出張マッサージにいらして下さった折り「何だかさあ、今日は白ちゃんが凄くでかくなっている気がするんですけど!」と仰るので笑った。

そうかも知れないと笑いつつ「陰膳のあげすぎかな?」と言っていたのだけど。

夜になってNさんがいらした時に「そう言えば、Hさんが『今日は白ちゃんがでかくなってる。』って言ってたんだよ」と話すと、Nさん曰く「実体がある頃もそうだったじゃん!」と。

そうそう。

初めて会う人にもお馴染さんにも色んな意味で『なんか、不思議な子ですね。』と言われあまり猫扱いされなかった白ちゃんだった。

眼を細めてコーヒーを飲むのではない。

コーヒーを飲んだあと『うーん・・』と目を細めて味わっていたなあ。

で、当時Nさんがよく言っていたのは、『白さんはきっと、誰もいないときに”にゃんぱらり”と違う姿になっていて、人間が来ると元の姿に戻るんだけど、戻るときの大きさが適当ですよね。物凄く大きい日と小さくなってる日とがあるもん。』とのことだった。

確かにそんな気がしていた。『だいたいこれくらいだっただろ。』という感じで猫に戻っていたのかも知れない。

まあ、そんな話を何の疑問もなく受け入れつつ、今日もおやつを置いて帰って来た。まあ・・・もしかしたら今や自由に一緒に帰って来てくれたり好きなところを行ったり来たりしているのかも知れないけれど。

はっ!そうだ。

今日もう一つ、物凄く不可解なことがあった。

でも、長くなったのでまた今度。

皆さん、風邪ひかないでね。既に引いちゃった人はあったかくして栄養とって早く治してね。

今日もありがとうー。お疲れさまー。

************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

青ヶ島

大阪方面から二日間に渡っての一気のレイキヒーラー受講。とある方の目的が今日達成された。

よく頑張って下さったなあと思う。凄いなあと思う。

で、やるほうのこちらも頑張った。20140117.JPG

一日目の終了間際「いやあ、良い力の抜け加減ですね。」と笑っていらしたのだけど、これくらいぐにゃぐにゃな感じをキープできるようになるまでずいぶん自己ヒーリングして来たのよね。

それでもまだまだこちらとしては力が入っている。

ある種の人間にとっては力を抜くことですら頑張りを要するということもある。

おそらくは彼女も普段使わない脳の領域を使ったと思うのだけど、こちらとしてもへとへとなのだった。

が、それは嬉しく楽しいへとへと。

何もしないでいるよりずっと幸せなへとへと。

しかも、何年も前にマスターを取得していた方に前日お願いしてみたところ、快く彼女のために御身と時間を差し出して下さってレイキリレーをさせて下さった。

全てのことにありがたいなあと思う今日この頃だった。

昨日と今日に限ってはカウンセリングは一件のみ。あとはレイキ尽くし。

こちらとしても浄化されないはずがない二日間だった。

重ね重ね、来訪して下さった方々の頑張りに感謝。携わらせて下さったことの喜びを噛みしめている。

**********

夜が更けて後、久々の方の心理学の講座。

でも、間が空いても実にたゆみなく続けて来られた。

素朴な美しさを持つその人を目の前にしてつくづく思う。

人には忘れてはならない涙というものがある。

それを流す側と目にする側の両方にとって、決して忘れてはならない真実の涙というものがある。

*************

で、年が明けてもK夫婦と週に2〜3回は酒席を共にしている。

鶏マスターを含めて度々青ヶ島という島の話題が出ている。

私は釣りは嫌いなはず・・・と思いきや、過去鯛釣りのときなどは燃えていたことを思い出す。

でも、青ヶ島って、イメージ的にほとんど秘境の域。

Kさん曰く「マスターと俺だけじゃストッパーが居ないから困るんですよ。一緒に行きましょうよ!」とのことだが、自由人の社長陣と違ってあたしたちゃ仕事をそんなに長く休めない。費用も相当かかる。

それよりなにより、そんなタフガイなことできんわっ!Kさんの奥様をストッパーに・・・と言おうとしてふと思い出したのだけど。。。。そうだった。この女性、男性陣の中でも一番大漁の魚を釣り上げて来る人だった。

昨日のヒラメ釣りにおいても8打数8安打だというではないか。

まあ、ストッパー無しで行って皆さん海上保安庁などに多大な迷惑をかけて帰って来るのかも知れない。(っていうか、本当に来てくれるのかしら。)

しかし、その時、携帯で青ヶ島の写真を見せられて、そこから見る星空の画像を若き板さんのR君が差し出して来る。

ずきゅーんっ。なーんて美しいんだ。

もしかしたらいつか行くかも知れない。やばい。

****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

浄化と研磨

この二日間で、大阪から一気にレイキのファーストからサードを持って帰りにいらした方。

遠方故、面談はおよそ3年ぶりだけど(考えてみれば、あちら方面から毎月いらっしゃる方なんてまさに偉業としか思えない!)、メールカウンセリングのやり取りはよくよく頑張られていた。20140116.JPG

レイキをうちで取得なさるのは初めてだけど、一度余所でサードまで取得なさっていたとのこと。

まあ、レイキのスクールなんて今や全国各地にあるので近場で受けるのが得策だと思う。(それを言えばカウンセリングも同じか。)

でも、カウンセリングやレイキなどもしかり、余所でさんざん体験したことがある方が同じお題、同じ分野の名前がついているものをうちで再び受けて下さることが多いのも確か。

出会った頃はナースをなさっていて途中で保育を学んで、まあ何かと勉強熱心な方だというのは分かっていたのだけど、いつのまにかレイキまで取得なさっていたというのにも驚いた。

「でも、実感出来なかったし理解出来なかったですよねえ。」というのが今回の旅の目的だと話して下さって。

というわけでお題はレイキだったのだけど、まあ、この方も良い意味で変わられていた。いや、いつも言うけど変わったというよりは本来の自分に戻って来ているのだろう。

ヒーリングというものも心理学というものも何かを足し算するためのものじゃない。

荷物でしかない情報の山や人の言葉、囚われていたルールを一つ一つ取っていく引き算のようなもの。

数年前から断舎利なるものが流行っていたけれど、元々あれもヨガをルーツとする考えで、引き算と手放しを実行するうちに本当の自分に戻るというワークの一つ。

言うなればレイキとはエネルギーの透析だとか、気の漢方みたいなもの。

人が輝くときというのは、何かのツールや資格を上乗せしたときじゃない。はたまた沢山の知り合いを作ったときでもない。

要らないものを取り除いて行ったあとにその人の本質が見えて来るときだ。

それはその人本来の色の原石。

はたまた昨今、浄化浄化というのだけど、浄化だけで終わるのだったらそれもまた意味がない。

何故なら同じ生活習慣、同じ考え方や同じ思い込みを持った日常生活に戻ってはまた同じ荷物をくっつけてしまうからだ。

浄化の後は原石の研磨が待ってる。

こう書くと、人が輝くまでってそんなに大変なのか?と思いきや、実際にはシンプル。

講座の途中、「前のところではそんなこと教えてくれなかった。」という言葉もよく色んな方に聴くのだけど、もしかしてそれはレイキという分野が果てしない分野なので、どの人にどの部分を教えて良いのか?どこが必要なのか?というのがティーチャーさん側にも分からなくなることがあるからなのかも知れない。

皆同じなんてあり得ないのにマニュアル化されることも疑問。

それはともかく、面談にまさるセッションは無いなあ〜、こんだけのやり取りをメールにしたら本一冊分くらいになってただろうなあ〜なんてことを思いつつ、目の前の人が笑う度にパーーッとオーラが光る様子を観ていた。

そして、心から嬉しいなあと感じた。

遠かったね。

もう一日あるけれど、遥々いらして下さってありがとう。

お会い出来て本当に嬉しかった。

あなたの本質、あなたのパワーが発揮され、多くの事、多くの人を照らしますように。
*************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

ピラミッドの基盤

まだお体もままならないうちからご親族の愛がいっぱいのとある方。

当初、通常一回で終わるはずのレイキのファーストディグリーを三回に分けて比較的調子の良いときに施行という予定だった。20140115.JPG

のだけど、結果的には四分割になったなあ。でも、それがベスト。

あと、自分が癒されていなければ大事な人を全く癒せないかというとそうでもない。

癒しやヒーリングやカウンセリングの世界というのは海のように深くて「完璧になってからやろう」なんて考えでいると一生出来ないのだ。

その時々で頭を捻り共に考え出来ることを一緒にやって行く。

それとは別に、四分割になったのは、決して体力的な問題からだけではなかった。

この方自身の的を射た質問と集中力故、講座自体が一番深い大事な部分に触れる運びとなったわけだった。

まあもうほんとこれ、いつも思うことなのだけど、

丁寧に生きていらっしゃるなあ・・・と敬意がぬぐえない。

そんな人に出会うとき私もまた育てて貰っている。

大きな山の基盤、根本というんは広大だ。

だからその基盤作りに人より時間がかかると言うのは、大きな可能性の前兆とも言える。

色んなことと闘っている。

でも、報われないことは何一つ。

人は誰かを愛するとき、大きな成長を遂げる。その時初めて強くなれる。

****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

回復期のトリック

冷え込む日々が続いている。風が冷たいなー。

でも、夜空に見える月と星は一番綺麗な季節でもある。20140114.JPG

夜空が綺麗なのは良いのだけど年明けから体調不良の方々が特に女性に多いなと思う。

特に30代40代50代と年齢が行くごとに女性の冷えは要注意。

Aさんのヒーリング中に訪れて下さったAちゃんが「そうそう。身体の冷えは心の冷え。」と仰っていた。

PMSってのもあってカイロ貼りまくりー。

*************

今日はとある方と鬱の寛解期にはまりがちなトリックについて話し合った。

鬱というのは自分の心や頭の中での折り合いがついていない時期でもあるのだけど、いかんせん、多くの人が周りや環境のせいだと思い込むことがある。

それはそれで防衛の一つで大切な機能でもあるのだけど、それだけではつじつまが合わないことが色々あるもんでいつまでも長引く。

では一方で自律的に生きて来た鬱の方の寛解期にもまた違ったトリックが待ち受けている。

両者に共通するのは自分の心や感情面の問題がこじれているということなのだけど、鬱になりやすい方というのは結構外向けの自分を意識し過ぎる人でもあるので、自分の幸せと世間一般で言われている幸せとやらが混同されてしまうのだ。

外向けの自分とは何かが出来る優れている面を持っている自分のこと。

それをやり過ぎて陥ってしまった場所から抜けだすときに、やはりまたこれまでと変わらない外向けの自分を重視していた生き方に戻ることを目標として掲げてしまったら歴史は繰り返すばかりだろう。

でも、今日は、そういったトリックに自ら気がついては修正しようとしている人の有意義な葛藤の話を聴いて、私自身も勉強になった。

気付いたからには、そこから新しい脚本が始まる。

それはすばらしい”生まれ変わり”や目覚め(リバーサーズ)のチャンスでもある。

あなたの幸せとは何ですか?

それは一人一人違うもの。

でも、自分のそれを考える価値は充分にあるのだと思う。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

トイレの・・・・じゃなくてトイレについて来る神様(?)

本日も色んな方々にお越しいただいたのだけど、そんな中で久々のIちゃん登場。

ここのところ幼稚園が始まったりダンススクールに行っていたりと中々会えなかった。201401123.JPG

ママと二人きりでしなければならないお話もまだまだ沢山あるのだけど、しばらく会えないと寂しいくらいになっちゃって。

お二方が訪れて下さったとき、丁度私はトイレに入っていたのだけど、上がって来たIちゃんの「どこーー?尾崎せんせー、どこおおお?あたし、今日素敵にしているよおおお!」という叫び声。

はいはいはいー!今出てまいりますから!と慌てている最中にもドアをドンドン!

そして「どれ?今日はどんな可愛いの着ているのかな?」と言い終わらぬうちに、アメフト選手並みのタックルで始まるハグ。どうっ!

そして今日も「あれ?今日は白ちゃん、どこに居るの?」という5歳の子。ほんと不思議だなあ。

大分前に買っておいたシャボン玉をあげると無邪気に遊んでいた。

「え?ここでやらせて大丈夫なんですか?」

いいんです。もう今日もいい加減あちらこちら拭き掃除しなきゃならないわけですし、あと、シーツも三日目を迎えているんで洗わなければいけないところ。

「お部屋で初めてやったよ!」と喜びいさんで虹色の玉を沢山作っていた。

うんうん、ここでは良いんだよ。でも、おうちや余所ではダメね。あー、あと、寝ているママの顔だけにはあたらないように気をつけて。

それにしても美しい美しい虹の玉だった。大人の私が吹いたときよりも美しいのは多分気のせいじゃない。

ただ一つ難を言うなら・・・モハメド・アリをバックにシャボン玉って・・・。201401122.JPG

まあ、それだけでも充分賑やかなことになっていたのだけど、次のお客様のNさんが愛犬Tさんを抱っこして登場!

先日まで玄関のチャイムが鳴ると「はあい!」と叫んでドタドタ走りつつ玄関に次のお客様を迎えに出てくれていた可愛い子ちゃんだったが、これが聴こえると帰らなければならないことを学習してしまったらしい。

なのでチャイムが聴こえた途端「ええー?もうー?いやだ!だって、今折り紙の途中だもん!」。

しかし、Nさんに抱っこされてこちらを見ているワンコのTさんに釘付けになり黙った。

互いにじーーっと見つめている。

良く来たねー!Tさん、久しぶり!と歓迎すると「降ろしても大丈夫ですか?」とNさんが仰るのでもちろんと答えたのだが、それからがまあ大変な盛り上がりようだった。

人間の子とワンコ、どちらがハイテンションか?そりゃもうどちらも違った意味で負けず劣らず。

同じく自宅でワンコを家族の一員としているお母さんまで「可愛い!癒される!」と喜んで下さり、何だか凄い事務所になっていた。

何だか幸せねえ、ほんと。皆元気で良かった。Tさんは白ちゃんの匂いをクンクン嗅いでちょろちょろ動いていた。肉体がある頃にそれ出来なかったもんね。(笑)

多分今の白ちゃんはさすがにパンチはくれないものの、「やれやれ。」という顔をしつつもやぶさかではないと思う。

Aさんが可愛いTさんのふさふさな毛が生えた胸のあたりを触って何度も言っていた。

「ねえ、せんせい、ここに私たちと同じ魂が入っているんですよね。ねえ、私たちと同じようにハートが詰まっているんですよね。ねえ、せんせい・・・」と、その声がいつまでも耳の中に残っていた。

なんだかね。全てにありがとうって言いたい。

ここを訪れて下さる方々のほとんどがそれを知っているありがたい方々ばかりだから。自分たちにとってのあたりまえが世界のどこでも通じるとは思っていない。

でも、真実を共感できるってとても嬉しい。

とても幸せな光景だった。

*************

話は変わるけど今日はよくよくトイレに入っているときに話しかけられる日なのか。

二番目にお越し下さったKさんが棚にあったブレスを購入なさると仰っていたのだけど、そのブレスのゴムが微妙に伸びていたので造り替えることにした。

それで「ちょっとトイレ。」と言いつつ、ローズクォーツを一連テーブルの上に出しっぱなしで席を立ったのだが、その最中に”ネックレスにしてあげて。”という女性の声がする。201401121.JPG

ちょっとおおおお!誰?トイレの中で言うのは止めて下さいよ。見えたんじゃないの?!

それはオーラソーマの棚から聴こえて来る声でもなく、石が語りかけるパズルのようなメッセージでもなく、知らない女性の声だった。どちらかというとどこぞの日本の女神様という感じ。

ってか、何粒かブレスのために選ぼうと思ったのに、あれ一本全部使えってか。しかも、ネックレス?

しかし、神格っぽい方なので逆らうのは賢くない。こえーもん。

そんな思いで先ほどのローズクォーツを改めて見直したのだけど、なるほど、これはネックレスだ。Kさんにとても似合っている。

じゃあ、お話を聴きながらここで仕上げてしまうか?とシルバーカラーの潰し玉などを用意しようとしたのだけど「金色にしてあげて。」と聴こえて、無言で棚に突っ込んでいた頭を戻してKさんに説明すると笑っておられた。

心あたりありますか?と訊いたのだけど、色んなところにお参りに行かれているとのことだった。

そのうちのどこかの方なのかな。

そんなことを想像する頃、後日改めて仕上げるであろうこのネックレスが楽しみになって来た。絶対可愛い。そして、絶対、パワフル。

**************

何じゃかんじゃと忙しく今日も帰りが23時くらいになってしまった。

深呼吸してお風呂入って。

心の中や耳の中に沢山の人の声やエピソード、そしてこの目に沢山の人の顔が焼き付いているのだけど。

お一人お一人、ゆっくり携わって行こう。

*************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

招かざる客&ようこそ!な客

今日はAさんにとって先日の続き。

ファーストディグリーを三分割ほどに分けての受講の第二回目。

実のところ、一昨日前に先に進めるつもりだったのだけど、いつものように一時間のレイキヒーリングとカウンセリングを終わらせ後、手のひらが感じた感想としては、その日は前日から色んなことを頑張り過ぎたりで、調子が良いようには見えなかったので、その日は授業は中止。急がば回れ。

そして昨日今日とヒーリングとカウンセリングのみを行っていたところ「ああ、何だか心と頭が楽なんですよね。今日は午前中心療内科にも行って来て、待合室の患者さんに物凄いマシンガントーンを浴びせられて物凄く疲れているはずのなのに、ああ、何だか、とても楽。」と安らかな表情だった。

それは良かった。

波があったとしても、つい頑張り過ぎたとしても、段々回復のスパンが短くなって行くからだ。

**************

それはそうと、前日、石関連の話が出たときに「前は気に入ってつけていたのに、最近、どうしてもつけれないダイヤのネックレスがあるので見ていただけません?」と言われていた。

繰り返しレイキで無駄なものを取って行っているとこういった直感も冴え渡って来るものなので、それは一度見てみましょうという話になった。多分、何かあるんだろうなあと。

そして今日、そのダイヤを見せていただいたのだけど、「ああ、なるほど。」と触れた瞬間思う。

何か入っちゃっているよなあ。おそらくは送り主は良い人。

でも、彼女が愛用するようになってから、このネックレスの特にダイヤのトップ部分を物凄く執着して見つめていた人がいたはずだ。

それはダイヤが欲しかったのか彼女に対する妬みなのか、いずれにしても低い波動。

手の平に載せたとき、その石の中に目が見えた。

”誰だ、おまえは”という鋭い睨み。怯えているような怒っているような睨み方。

そんで私は内心”おまえこそ誰だ。覚悟しろ。出て行け。”とお返事。

まだAさんはセカンドディグリーまでは行っていなかったのだけど、これも何かの流れだと思い。

昨今自分がクリスタルヒーリングに使用している方のダイヤを出して来て「どこが違うか分かりますか?」と見て貰った。

うちのやつは、使用前後でかなりの回数を浄化しているし、ヒーリングを手伝ってくれるということで石との契約も済んでいる。

すると彼女は「こちらはスッキリしていて私のやつは何か淀んでる。」。

ぴんぽん!それ、視覚的なものだけじゃないし、気のせいだけでもないんですよ。

その勘をこの先も信じて下さい。

そして石の浄化の仕方をデモした。これやってもダメだったら手放すしかないんだけど。

するとその後「ああ、ほんとだ。変わった。」とこれも見抜かれていた。

ともかく勉強する機会に変換出来たことや、石が送り主の愛という元の状態にクリアリングされて良かった。

*************

今日のあけおめはMさん、いやあ、大変でしたね。よくいらっしゃいました。

ほんとは飛んで行きたかったけどお伺いたてて余計なこともしなくて良かった。

こうして無事に会えて良かった。

涙ぐんだり大笑いしたりのあっという間の一時だった。

今年も休んだり頑張ったり、色んな発見の旅に出ようね。

***************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

例えばうっかりさん(そんな可愛いレベルの失敗じゃないけど)

本日もあけましておめでとうございますと言う事度々。

皆さん無事にお会い出来て良かったなあ、ほんとに。今日も色んなエピソードを聴けて良かった。涙ぐむ場面もあればお腹を抱えて笑う場面もあった。ほんとに人生色々。IMG_0142.JPG

皆さん忙しい中を遠方からいらして下さる故、昨日も今日もその前の前も「せんせ、お昼食べました?私今食べて良いですか?」という仰るのを聴いても微笑ましくなる。

ほんとに少ない時間や限られた体力の中で私生活の時間を割いてお越し下さっているのだけど、月日が流れて「よいしょ。」と腰を落ち着けて何かを食べてくれるようになる頃には、セッション的にも人間的にも腹が据わって来た頃とも言える。安全かどうか分からない場所や相手の前で昼飯頬張ったり出来ないもんね。

で、取り組むことは取り組むとしても根深いものに取り組んで行くには、リラックスというメリハリも必要なんだよね。よく眠りよく食べなければならない。

と書いていてふと思い出したのだけど、遠くオーストラリアからいらして下さって間もない頃、たった二回目のセッションで到着するなり「シラス丼を食べて良いですか?!シラス丼!」と叫んでいた看護師さんはお元気かしら。(笑)

あの頃はまだ白ちゃんが元気で、「何、それ?ねえねえ、それは何だにゃん?すっごいね、すっごい美味しそうだね!」と瞳孔をめいいっぱい開かせ、可愛いお鼻をクンクン動かし興奮してたのが物凄くおかしかった。

そんなことを思い出しつつちょっと涙が出て来る今日この頃、Pちゃんに素敵なプレゼントをいただいた。

それが偶然私が好きなメーカーの化粧品だったので「あー、ここの使ってたの?道理で肌が明るくて綺麗だと思った!」とシェア。

私なんぞは、このメーカーが好きでも使い続けず浮気ばかりする故にダメなのである。で、しかも昨今の忙しさにかまけて化粧品のカウンターにも中々足を運ばずもっぱら通販に頼りがち。

で、このメーカーは未だにネットでの通販はしておらずあくまで対面してからしか売りませんという強気のメーカーなのだった。

故に非常に嬉しかったのとビックリしたのと両方だったのが、聴くところによると彼女もまた「いや、私も他のところのを使っていて・・・」と仰るので「え?じゃあ、どこの?」と訊いたのだけど、まあそこも良いメーカーやないかいっ。綺麗なはずだ。まあ、生まれつきの肌質や心の状態なんてのも密接に関わりがあるんだろうけど。

さらにその流れで聴いたところによると「でも最近顔が変わった。」とのこと。

そう言われてみれば何だか力が抜けて可愛く優しい表情になられたような。

もちろんコスメは夢あるおもちゃでもあるのだけど、それ以上の効果を発揮する。はたまた洋服もその人の何かを反映することだろう。

でも、そんな楽しい補助的なものも大切なのだけど、やっぱり人って中身が外見にも反映するものだなあと思う。化粧や装飾だけではこの人のように綺麗な肌にはなれないわけである。

*************

で、Pちゃんに物凄く腹の立つエピソードを聴いて「なにいいい?!」となっていたときに、久々にブレスのストーンが一粒ぱきーんっ!と割れたので笑ってしまった。

他者の怒りもしかり、自分の怒りってのも身を傷つける恐ろしいアドレナリン要素。(笑)

即座にブレスにお礼を言いつつその円陣にハサミを入れて”お疲れ様です、ありがとう。(で、ごめんね。)”と心で唱えた私だったが、Pちゃんが「ごめんなさい。あたしが怒ってたから?」と仰るのだが、いえいえ、私も今かーなーり怒ったからだと思う。

だってほら、Pちゃんの怒りでこういったことが起こるのだとしたら初対面の頃に既に起こっていたはず。(笑)

げに恐るべしは、ここにいる中年女が本気で怒ったときなのだ。こんなに強い天眼石のブレスが瞬時にブチ壊れるわけですから。(くくっ、しかもまだ作って間もないのに。)

でも、惜しくはない。これ、石が保護してくれていなかったら自分の身体や心で受けていたわけだから。

要するに他者も自分も出来れば穏やかが良し。

あるいはせっかく環境や他者が穏やかでも自分だけが怒っていれば、それはそれで毒になる。

けれども人間ってのは時にこうして怒るものなので。

とにもかくも石さん、有効に働いてくれてありがとう。

と、こんなこと書いている際にメールの着信音が鳴ったのでふと覗いてみたところ、また笑ってしまった。いや、笑いごとじゃないって。

あの後、Pちゃんのブレスの方まで切れてしまったとのことだった。

自分のブレスならエネルギーの原則に則ってさっさっと手放せるけど、人様のブレスの円陣まで破ってしまうのとは。この馬鹿者が。>自分

・・・・・・・。あと考えられるのは、二人ともがいっぺんに怒ってはならないペアってものがある。

知る限りでは、一つは次女くんと私。

そしてPちゃんと私。

眼に見えないエネルギーの法則だけど積み重なると大変よね。

しかし、繰り返し言う。やっぱ怒るときゃ怒るわ。

***************

今日もAさんが頑張ってお越し下さってPちゃんやBちゃんとすれ違う。

「本当に色んな方がいらっしゃるんですね。凄いですね。」とか「綺麗な人や可愛い人多いですね。」とか。

さらに先日はAちゃんが帰った後に「あの笑顔が良いんですよねえ。もう、スチュワーデスさんみたい。私も口角あげて笑えるように気を付けよう。」と両の手で自分の口角を押し上げる仕草をなさっているのが可愛かった。

あなただって、とても美しい。

で、人の良いとこを見ては我を省みるその澄んだ瞳がとても美しい。IMG_0143.JPG

*************

Bちゃんのお知らせを聴く。うぬぬぬっ。よく頑張ったね。これからもがんばろうね。ありがとう、やらせてくれて。

一緒に頑張ったり考えたりして要らないものを手放して行こうね。ありがとう、話してくれて。

でも、聴いていて思うのは、本当に動じなくなったんだね。もちろんまったく動じないわけがないことだけれど、本当に強くなったんだね。

**************

続きましてのあけおめがKちゃんだったのでBちゃんも含めて三人のあけおめーが言い合えて幸せな今日この頃。

で、全てのセッションが終わった冬の夜、Kちゃんに私事を聴いて貰い、とても安らいだし感謝でいっぱいになった。

明日は今日よりまた気温が下がると言う。

でも、皆この同じ世界に居る。

心は温かい。

****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

不治の大二病(な人も)

今年も無事にHさんにお会いすることが出来て本日もあけましておめでとうございますという喜び。

近況をお話して下さったり一緒におやつを食べながら勉強したりと、これまたあっという間の2時間だった。

今日出たテーマは自己概念(セルフイメージ)だったのだけど、これはこの先もずっと続いていく重要な概念で誰しも定期的にチェックすることで現実とのずれを回避出来たり、周りに首を傾させて困らせるようなことが無くなったり、はたまた自分自身が楽に生きられたりする。

「おもしろかった!」と仰るのを聴いて「それは良かった!」と同じテンションで答える。

本当に理解出来た人は面白いと思うか、もしくはズレが大きい人は即座に興味を持って修正にかかったりする。

たまたま同じ個所を学んだ人も居たのだけど、理解出来ていなかったり自分見つめに使う気持ちが無いと決して謙虚に学び取ることが出来ない。

いつまでも親や他人の承認を必要として理解して貰うことや受け入れて貰うことばかりに終始して人生が終わってしまう。

*************

承認と言えば、今日は面白い記事を読んだ。

求めてもいないのに次々と送られて来る招待を目にしたり、クライアントさんのエピソードを聴いていて何かが気持ち悪いなあ〜と思っていたのだけど中々言葉に出来なかったのだけど、いくつか合致したり納得出来たりする部分が言葉に変換されているのを見て面白いなあーと思った。

まず第一点として若者に限らずとも、例え30過ぎても40過ぎても下手すると50を過ぎてもレスポンスや承認を貰えてあたまえだと思っている人はいるし、そうして他人に求め過ぎる人は歪んだ認知を抱えたままいつも怒っているのよね。

あと、私はまだツィッターだのフェイスブックってのは使っていないし、今のところは必要性は感じていないのだけど、”呟きという防御膜”というあたりを読んでいて色んなことを思い出した。

ミクシィなるものをやっていた頃、ブログのコメントに「ああ、良かったあ♪安心しちゃった。^^」というようなコメントを残しているのに、ほぼその直後と思われる時間帯にミクシィの方から超超、超が付くほどの長文メールで「もうどん底。ショックなことがありました。悲しいことがありました。」と送って来る人がいたり
はたまたブログで「幸せいっぱい!」と書いている人が「もう死にたいです。」とメールして来たりとか。

人に見せるための外向けの自分は、明るく幸せな演技で綴って、それと同じ口で「どん底です。助けて下さい。」って言う人に「????」となり、いずれにせよ、そういった方が書いた文章ってのは全く興味がなくなっちゃうのよね。どうせ嘘でしょと思ってしまうし無理やり嘘つかなければならない虚栄心や虚像を手伝わされるのはごめんなのだ。

ミクシィなどで辟易していたのは「友達になって下さい」は良いのだけど、いつもいつも「ショックなことがありました。」と同じような話を一方的にする人と友達になりたがる人は居ないと思う。あるいはいつも怒って皺だらけの顔している人とかもそうだけど。(まあ、極度のメサイヤ・コンプレックスの人なら別だけど。)

自分を誰よりも苦労して来た人だとか、可哀そうな人だから、あなたは私によくすべきだと言う人の場合は、やっぱり自己概念と現実との大きなズレがある。

**************

その人たちのことを思い出したところ、次に思い出したのが先日読んだ記事。

一昔前の日本はか弱い女の子を護りたいーって風潮が多かったのか、女性の方が良い年して無力なふりをしたり赤ちゃん言葉で喋ったりしている。

酷いケースになると外資系の会社で日本女性が1オクタープ高い声で出るので「日本人はどこでも子供を仕事に付かせているみたいだけど、労働基準法に違反しないのか?」と思ったとのこと。

こ、子供じゃないんだよなあ。おそらくは良い年した大人の女性なんだろうと思う。

日本人の男性は可愛い声を出して電話に出ると喜ぶんだか何だか知らないが、海外ではむしろ低いトーンでしっかり話す女性が好まれるので、この習慣に驚いたとのこと。日本人の可愛いって幼児返り状態のことをさすのか?!と。

はたまた多くの摂食障害を抱える人たちに聴いたエピソードで比較的多かったのは「だってえ〜、痩せてないと可愛くないじゃんーー♪」という理由だそうだ。

いや・・・青白い顔でガリガリだと可愛いどころかもはや陰気で、下手するとホラーの域の人になってしまうと思うんだけど。

「でも、私は守ってあげたい!って思われる女性でいたいんです!」と般若顔で怒ったりとか。守られなくとも良いでしょうが。そんな般若顔の人に近づく人はいません。ってか、守られるためと画策するあたりがずうずうしい。

誰かを護ろうとしないまま、愛することもしないまま、いったいいつまで”私は可愛そうな人”で”あなたは私を助ける人”という幻想を探し続けるのだろう。

はたまたその逆には「私は知的な会話をしたい。大人の会話をしたい。」と言いながらその人自身が物凄く幼稚で自分の話をするばかりの人だったりとか。

ちょっとこの後述の方の記事はところどころ「?」と思う箇所もあったのだけど、”メンヘラ傾向の女の子は根本的には自己中心的です”というあたりはそうかも知れないなあと思ってしまう。

”自分の否を認めない

ここが一番の重要です。
あらゆることを他人任せにするがゆえ、自分は悪くない。
「自分をこんな状況に追いつめている周りが悪い」そんな考え方です。

だから、成長もしない。同じ事をくりかえすのです。”

でも、それが本人にしてみれば他者との関係の築き方だと思い込んでいたり、可愛く思わせる方法だと思っているあたりが紛れもなくズレなのよね。

で、とどめに自己中には自己中な異性しか寄っていないという法則に気付くその日までずれっぱなしで重症化して行くのだった。

*****************

結論。承認の第一人者は自分。まずは自分で行おうとするということ。

そして突拍子もなく歪んだ自己概念をまき散らす前にそのずれに気が付くこと。

結局突き詰めて行くと人生の全ては自分の責任なのだろうと思う。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

灯と灯と灯と・・色んな道が照らされる

毎日「今年もよろしくお願いします。」と始めるセッションが続く日々。

そんな中、Yさんとも無事にお会いすることが出来て。

さあ、昨年の続きを始めましょう〜と心理学を始めるところだったのだけど「実は何故だか前回途中だったテキストが忽然と無くなって・・・」と仰るのを聴いて”ああ、なるほどなー・・”と思ってしまった。

よくどなたがどこまで行ったか分からなくなることがある個々に合わせた不定期進行なので日付とお名前をメモっておくことがある。201401071.JPG

でも、この方の分の資料を準備しようと思った昨夜、本当にその回のどのあたりまでだったが不明だったので余分にもう一部用意して来ていた。

ところが何だか不思議な力というか流れの存在を感じていた。何だかプリンターがノロノロごねていたりとか。

「それで今日はカウンセリングに切り替えたいのですが良いですか?」と仰ったときにその謎が解けた。

そうか、今日はテキストが要らない日だったのだと。

そして、向上心が強いせっかちさんに限って多少体調が悪かろうが心の折り合いがうまく行っていなかろうが、無理やりにでも進もうとするし、実際力があるので進んでしまう。

そういうときにテキストが無くなるとか、その他諸々アウエイなことが起こるのは珍しくない。

急がば回れという言葉があるのだけど、何とかして足を止めているのは本人でもハイヤーセルフでもあり、ある人はそういったエネルギーの流れのことを神と呼ぶかも知れない。

そんなとき、歴代の方々もまた教育分析という名のカウンセリングに切り替えたり、はたまた「レイキをやってみようかな。」とか「ここでサードに進んでおこうかな?」という方法を使われていた。この本人としては”何となく”というところが冴えわたって来るというのもクリアリングや学びの効果だとも言える。

その逆に、挫折や躓きを無駄なロスタイムだとしか思えない人はどこへ行って何をしてもまた挫折する。

いたずらに他人の心を知って支配したいとか、肩書きのためだとか、誰かの期待のためにやるとか、そういった理由で触れる学問とは違って、自分のために学ぼうとする人には、回を追うごと、月日を追うごとにドンドン自分の心の声がハッキリ聴こえるようになる。

流れに身を任せることと流れに翻弄されることとは違う。どこがか?というと、そこに意志があるか無いか?の違い。

そんなわけでとても有意義な2時間があっという間に経ってしまったのだけど、立とう立とうとしている人、自分の足で歩こう歩こうとしている人の話はいくら聴いても疲れないし、いくら時間があっても足りないなあと思う。

小さな一歩。

でも、このある日の小さな一歩が、今までとは違う道を踏み出した貴重な一歩だったということが分かるのはもう少し先かも知れないのだが、少なくとも聡明なご本人の潜在意識を既に承知している。

***************

風が強い日だった。

今日も頑張ってお越し下さったAさんのお顔を見るなり「あ、今日はAちゃんは?」と笑顔で娘さんのことを問いかけて下さったNさん。あの可愛さと元気さで娘さんは既にこの界隈で有名人。(笑)それ以前にこの母上殿が有名人と化しては色んな人の胸を打っている。

「幼稚園が始まったんですー!」というのを聴くとクラッカーを鳴らしたくなるほどなのよね。お疲れさまですっ!やっとこの時期を乗り越えましたね!と。第一健康で若い頃だってハアハアゼイゼイなんだから。

いくら可愛くても一日中毎日存在する冬休みだの夏休みだのは身体がしびれるほど疲れていた記憶がある。

そんな話題とは別に、AさんとNさんのお顔を交互に見ては「ああ、良い顔だなあ。良い笑顔だなあ・・」と感じる。

何て素敵な顔なんだろう。

年齢が行けば行くほどその人の内面が反映されて外見に滲み出て来る。

そして、いつものようにカウンセリングしつつのレイキを施行して、それと今日からもう一つ新しいチャレンジが。

お会いした人たちの数人の方々もレイキをあてて下さったり、はたまた彼女自身も日々元気になって行っていることと、もう一つは大事な人のために自分もレイキヒーラーになりたいと仰ったのが昨年のことだった。

ところが、今のところ約3時間もの間座っていられるか?というと疑問だし、まだそこまで体力が回復していないので、さてどうしようか?と考えていた。のだけど、まだまだ油断できない弱った身体でありながらも彼女の目が燃えていた。

で、これは初の試みなのだけど、レイキとカウンセリングは毎日のように続けつつも、もう一時間は例えばファーストDを三回に分けて一時間づつ、寝転んだままってのはどうでしょ?ということで合意したのだった。

今までカウンセリングなどは病床に伏したまま行った例が沢山あるけれど、講座ってのは初めて。

でも、一番最初に一番大事な話が出来て良かった。縦に二人で寝転んだまま図を書いてチャクラやオーラの話、レイキとは何をしているものなのか?という話。

この辺りで一時間が来たので「今日はここまでにしましょう。」と起き上がったのだけど、大変なことに気が付いた。

面白そうに熱心に聴かれていたのであり得ることでもあるのだけど、かつて真っ白だった彼女の手のひらがまっかっかーの赤だったこと。

今でも憶えている数か月前「今のその手の色を覚えていて下さいね。」と話したのがつい昨日のことのよう。「元気になって来るとこういう手になって来ますからね。」とあの時言ったのだけど。

レイキという概念に改めて触れた彼女の両の手が既に私なんぞよりずーっと良い感じの手に変わっていた。

また何かが大きく変わろうとしている。

で、まだまだ今は寝たまま話すなんてスタイルを取ってはいるものの、とあることを感じた。

何だかまた私、凄い方を育てている。そんな機会に恵まれている瞬間なのだなあと。

この目の前に居る方一人の光のキャンドルがまた多くの人を照らし出すんだ。

この灯は大きい。

急がば回れ。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

選択肢を探すチャンピオン

毎日ちらほらと昨年からの続きを始めるクライアントさんが訪れる。

馴染み深い顔ぶれをみては継続して何かに取り組んで行けることの素晴らしさを感じる日々。

皆さん本当に良い意味で変わって行かれていて、その頑張りは、長いスパンで見ているこちらとしては圧巻だとしか思えない。

特に昨年病に伏した人が日一日と回復して行って、少しづつ出来ることが増えて行く。

お子さんの面倒を見ることが出来たり、長い時間を歩けるようになったり。

そんな様子を見ていると、一番辛い時期から今日まで立ち直って来た幾人もの人の偉業を余計に垣間見てしまう。

中には「それは誰だってヘタれるよ。対処不可能だと思ってしまっても無理もないよ。」と感じられる境遇の方も居た。

そう、その方は、今現在過渡期を迎えているAさんのようにずっと寝込むことが多くて、それでも治る道を模索した。

目の前にある無数の扉のドアノブを回しては「ここもダメか。」と悟ると次の扉へ移動して「ここはどうだ?」と開けようと試みる。

行き止まりなんてない。

ただ、空かない扉も中にはあるだけだ。

その人は、多分、伏せっている間も色んなドアノブを回し続けては開き進んで来た。

分かっているつもりではいたのだけど、その病気の無気力感や辛さを知っているだけに、根気よく出口を探し続けては進んで来たその人の偉業を思うと、やはりちょっと涙が出る。

強い人だなあと。

それが本当の強さなのだと。


よくここまで歩いて来てくれたねと感涙したくもなる。

ただ、その自分で抜け出ようと努力していない人や「おまえもここへ来て同じ場所に閉じ込められろ。それが嫌なら私をここから運び出せる。」という怠けものだったり、人に何かにをやらせて当然というタイプの人だと、もうどうにもならないのよね。

でも、人間はいかんせん、後者の状況になりがちだ。

だからこそ、とても辛い状況の中において、新しい扉を探しては進もうとするその偉業をすごいとしか思えないのだった。

人には底力がある。

でも、怒り続けるばかりで他者の筋肉を使おうとする人の場合はますます退化の一途を辿る。

そして一つのドアをガンガン蹴ったり通りかかった人に「ちょっとこれ開けてよ。」と固執してしまうのだが、いい加減気がつけるかどうかが治る治らないの分かれ目だ。

そのドアを少なくとも今のその人には開けられないドアなのだから。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

仕事納め

今日はカンセリングの仕事の最終日。

これまでもちょいちょい少しづつ片付けてはいたものの、明日の家の大掃除。

あと、例年通りお正月に押し寄せて来てくれる親戚縁者や甥っ子ちゃんや姪っ子ちゃん、及びうちの娘たち&その彼氏のためにも食料の準備をして置かなければ。201312301.JPG

お節の方は夫の取引先の会社から毎年3個、4個と買わなければならないので作る必要はないものの、それに飽きたあと、唐揚げやいく種類かのパスタ料理やカレーなんて出すと喜ばれる。

近頃体調が心配で仕方がないお爺ちゃんでもあるのだが、明日は例年通り大晦日に作るローストビーフのために吉祥寺の肉屋さんに買い出しに行くということを聴いて、ちょいとほっとする。

****************

今日は三件のセッションにて終わる予定でもあったが、前日の夜連絡が来て、よくぞ来てくれたな、mちゃん。

今、大きく変革しているとき。

年末に会えて良かった。

感心してしまうのは、昔持っていたイラショナルビリーフに縛られての理由じゃなくて、自分の置かれた環境の中で自分自身の課題を見つけて行っているところ。

環境や企業にしがみつくつもりはないけれど「私は、この点をやって来なかったので、少なくとももう少しの間、ここでこういったトレーニングをしてみたいんです。」と。

心理学の上級コースもある程度進行中の方にしばしば見受けられることなのだけど、知らず知らずのうちに成長してしまうともはや刷り込まれた道徳観念や体裁に縛られるのではなくて、どこへ行っても自分自身で自分の目標や課題を設定出来るようになる。

ただ一つの約束をして、彼女のチャレンジに賛同したのがこの日だった。

それにしてもよく頑張った年だったね。

***************

Aさんと娘さんと三人で”幸せのチョコレート”なるものを一粒づつ食べた。

今年は試練の年でもあったけれど、本当によく頑張った親子。そして、旦那様。

この積み重ねの果てに訪れる未来が楽しみで仕方ない。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

愛しのツワモノうじゃうじゃ・・・な愛しのジェラシックパーク

昨日はAちゃんの心理学から始まった一日。さー、今日も夜まで頑張ろうー!

人生の謎が今解き明かされる時期にさしかかったのは、上級の折り返し地点。

それまでも色んなことに気づきを得られて来ていたが決定的な謎を今まさに解こうとしている彼女。

辿り着かない人も居る。真実から目を背けると同じところをグルグル回るしかないから。

はたまた形だけ辿り着いてもモノに出来ない人も居る。

でも、今、元々聡明だった彼女の脳がさらに進化している。

****************

そして今日も朝から晩まで心理学やらカウンセリングやらレイキやらとで詰め詰めだったのだが、色んな人の笑顔が見れて嬉しい日でもあった。

少しお久しぶりですねという方もいれば、「さあ、昨日の続きを始めようか?」という人もいたりして。

特に終わりから二番目のセッション順番だったご婦人は、まだまだ触りの時点だというのに、既に目が大きく大きく開いて行かれていた。

最初の頃というのは短く終わる回が多くはあるものの、この先にとって非常に重要なワードや概念が頻発する時期でもある。

はたまた遥か昔にご卒業なさった方との情報交換をなさっている姿も穏やかで。

ごくごく初期の頃だというのに。

今までも幾人かの人に思ったのだが、そんな姿を見ていると、”ああ、カウンセラーさんらしいカウンセラーさんになりそう。。。”と未来を予感する。

色んな人が居てOK。

なのだけど、それ以上のものを沢山目にする日々でもあった。

****************

ご家庭の都合でちびっこちゃんを連れてレイキにお越しくださった方。

先にセッションを受けていたhさんを見つけるや否や「もう早いよー!」と叫んで娘ちゃんが抱きついて行く。

先に来て待っていたと思ったのかなあ。意味不明で可愛いなあ。

1人遊びもしてくれていたが、しまいにはオンブしながら領収書を書いていた私。

今日もめまぐるしくも楽しい一日だった。

皆さん、本当にいつもありがとう。

***************

Hさんにお花をいただいた。

「白ちゃんとかおるさんに。」と。

201312201.JPG目に沁みる美しさ。

ぐっと泣きそうになる。

先日は、Aちゃんが「白ちゃんに。」とドライフードを買って来て下さったので嬉し泣きしつつ陰膳させていただいた。

そして今日はMさんが白ちゃんの写真をプリントしたマグカップを下さった。

このマグカップ、夏の誕生日に渡して下さろうとしていたのだけど、あんなことがあったのでそのまま黙って取っていてくれたそうだ。ちゃんと他の素敵なプレゼントを下さったのに。

そういった思いやりに泣けて来る。

そんな夜の事務所で白ちゃんにポンポンと肩を叩かれているのを感じる。

「なんにも泣くことはないにゃ♪」と。

そうなんだよねえ。

でも、やっぱり私はまだまだ肉体を持っているし愚かな人間だからあなたを抱っこしたくて仕方ない。

唯一の救いと言えば、ここのところ寒くなって来た夜中や早朝や、冷たい雨が降る夜に、もうあなたを心配しなくて良いということだけ。

おいで。白ちゃん。

好きなだけ抱っこされていてね。

今日もそうだったように、好きなだけテーブルの下で丸くなって聴き耳を立てていてね。

***************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

伝たえたいこと

先日、心の病と闘病しているAさんがいらした際に、丁度Yさんとのカウンセリングが終わったところだったので、「あ、Aさん。この方がMさんの妹さんですよ。」とご紹介したときのこと。

私と同じ歳のMさんをご紹介したときも「ええっ?ほんとに?私より年上なんですか?凄く若い!綺麗!」と驚いていらしたが。

あの時期からまだそんなに経っていないというのに、大分お元気でしっかりして来られたし、感情もとても豊かになられていた。

それで妹さんの方にお会いした途端「えええっ?!」とお姉さんにお会いしたときの何倍も驚いていらっしゃった。「綺麗!ハーフみたい!これでお子さんが三人?!」と。

Yさんは一旦帰り支度をしたものの、もう一度戻って来られて「せっかくお会い出来たんだから握手して貰いたい。」と、今やお姉さんと深いご縁が出来たAさんに歩み寄って下さり、そのまま一時間もの間、一緒にレイキを流して下さった。

その間もAさんは「いやあ、綺麗。ほんとに綺麗。」と感動されていた。ええ、確かに私も初対面の際にこの御姉妹に同じことを感じていた。でも、しいて言えば、あの初対面の頃よりも今の方がまたさらに綺麗で若返っていらっしゃる。

そして、その翌日のことだった。

いったいいつの頃からなんだろう。Aさんがこうして笑顔で訪れてくれるようになったのは。本当に少しづつ良くなって来られている。

で、「あれ?」と思ったら、何とAさん、美容室にチャレンジして来たばかりとのこと。凄く可愛くなっていた。

本当にこれ、体験者にしか分からないことだとは思うのだけど、今の病状で美容室に行くということは凄いことだ。

可愛い、凄く可愛いですよ!でも、大丈夫?

息切れをしていてハアハア言ってはいるものの、「大丈夫です。ここに間に合うように急いでやってくれるって言ってくれてね。。。」と仰るAさんの髪はよくよく見て見るとまだ完全には乾いていない状態だった。

おそらくその懇意にしていらっしゃる美容師さんも事情を聴いて必死で早くやってくれたんだろうなあ。

それはともかく、Yさんの美しさが、Aさんを美容室へ行かせてしまった。きっと物凄く感動的で嬉しい刺激だったのだと思う。

***************

それからさらに翌日。

少しだけお久しぶりのSちゃんが心理学の授業にお越し下さっていた。

調子はどうですか?とお伺いすると「いやいやいやいやいや〜。」という笑顔。

それを聴くと、ああ、そうかー。いやいやいやいや〜な10日間だったんだな。大変だったんだなあと笑いながら答える。

で、しかも、そのエピソードの後の授業の内容が上級も上級の折り返し地点を過ぎたあたり。

ここら辺、Sちゃんにとっては「なるほど!」と思うところでもあるけれど、同時に色んな意味で「うわあ・・・。」と自分を振り返る箇所でもあったと思う。

私自身も幾度なく解説して来た今でさえ、「いやいやいやいやいや〜・・・」と苦笑したくなるもん。

光があたると、自分が自分にどんなことをして来たか?というのが分かる瞬間がやって来る。

物凄く論理的になるので、誰のせいでもなくメインは自分だったと普通に理解出来る瞬間でもある。

そういった通過地点なのでゆっくり慎重に互いに色んな例え話をすり合わせながら進んで行くと、あっという間に時間になった。

****************

そしてその時、あのAさんが訪れたのだ。

いつも用心してマスクをして来られるけれど、まあ、最近、何でそんなにキラキラした目で入って来るの。凄く澄んでいる。

そして、片手に小さな花束を持って「先生!私、今日、駅まで歩けたの!で、先生に花買えた!」と差し出してくれた。201312124.JPG

これも本当に体験者じゃないと中々理解できないことだとは思うのだけど、「え?!駅まで?!」という驚き。それと同時に眩しいイエローのバラが目の前に現れた。

その意味が分かると鼻がつーんとして涙がこみ上げて来るのだけど、嬉しいことに、同じ空間にそのことの意味を凄く理解してくれる人物が存在していた。

初対面なのに「いやあ、凄いですねえ。凄い。。。」とSちゃんがストロークを投げかけると、キラキラした目の人同士が見つめ合って、Aさんが何か感じるものがあったらしく、「あ。なんか、凄く分かって貰えている気がする。」と仰った。ぶわーっと瞳が濡れて行く。

だって、Sちゃんも体験者だもの・・・ストイックでなかなか休めない困難さも知っているし、それでこじらせてしまうはがゆさも、動けないときの怖さや不安も、そして動けたときの喜びも、皆皆分かる人だもの。

それが分かり合える機会というのは中々通常の日常では得られないし、誰かが悪いというわけでもない。でも、幾人かの人とすれ違う度に共感し合えるということが、どんなに支えになることか。

またその体験を惜しみなく傾聴したり、ご自身の体験も相手の負担にならない程度に分かち合って下さる人の心尽くしが暖かくて。嬉しくて嬉しくて。

しかも、「いやあ・・・私も一緒にレイキをあてて帰っても良いですか?」と仰って下さる。えええ?あんなにハードな日常でしかも今日のあの授業の後に?と驚くものの、Sちゃんの”やりたい、やらせて貰いたい。”という顔。

ほんとに胸がいっぱいになる。

で、一時間も会話しつつレイキを流しているとSちゃんもビックリすることが多かったと思う彼女の心の綺麗さ。201312125.JPG

今の辛いときのことを忘れないように、学んだり誓ったりしたことを忘れないように自分の感じたことを録音していると仰る。大切なことだから、忘れないようにと。

まだ手が震えたり力が入らなかったりで、字を書くのも困難だし、活字を読むことも疲れ過ぎる。

だから喋って録音することを思いついたのだという。

私は、20代の頃、この方と同じような体験をしたときにはハッキリ言って気持ちがぐれてたけどね。「ちきしょう。なんで治らないんだよ!」と。

それに「良くなったらきっと誰かにこんなふうに優しくしてあげるんだ。」なんて発想は全くなかった。

しーんとなったあと、空間に「?」という無言の矢印が向けられた気がしたので、腰のあたりにレイキを流しつつ、「いやあ・・・、頭を垂れるばかりです・・・。」と一言漏らしたところ、Sちゃんが「そう!もう何も言えなっちゃうくらいなんです。もう黙っちゃいます。」と。

そうこうしているうちに名古屋のTさんがお越し下さる時間となり、最後にAさんがSちゃんにお礼を言われていて「いやあ、凄く励まされました。治るんですね。私みたいな状態からでも、Sさんみたいに元気になれるんですね!」と仰った。

その時、Sちゃんが「うっ。」となられてこちらを見た。「わーん!先生ー。私、とうとうこんなこと言われる日が来ましたー。元気だってー。」と。同じようにダム決壊して泣き崩れたいくらいだったのだけど、ぐぐっとこらえる。

ほんとに凄いことだよね。偉業だと思います。

もう、何て言って良いか分からないくらいに。201312132.JPG

あたかも、ほとんどバネのようにしか見えないくらいの密に巻かれた螺旋階段。

ほんとに少しづつの傾斜で、昇っている最中には、いったいぜんたい、本当に上がっているのかさえ分からなくなるときがある。

一周してまた同じ景色が見えると、また元に戻ったような気がしたりして。

でも、進もう、治ろうという意志がある限りは、必ず上昇している。

もっとも、このコイル状の螺旋階段が物凄く大雑把で三周くらいで上に行ってしまうような作りだったら凄い傾斜になるので昇れない。

いずれにしても大変で。

でも、時に笑ったり、時に大泣きしたりしつつ昇って来た今日がある。

狭い一室の事務所の、たった1〜2メートル先から涙を流しながらこっちを見ているSちゃんが。

私の方から見ると、あたかも富士山の山頂に立っているかのように見えた。

それにしてもAさんの真っ直ぐな何でもない一言。

今日もまた誰かの一生懸命が誰かに何かを気づかせたり、誰かの何かを変えたりする。

自分自身が感動出来る人こそが、こんなにも人を感動させてしまうのだと思う。

***************

この辺りでもう充分過ぎるほど嬉しい日となっていたのに。

今日はTさんが卒業する日。

遠方からだし、日常を歩むことも、ここで勉強をすることも、本当に大変だったと思う。

「でも、私、今ここに来ることが楽しみになっているから。」と笑ってくれた日もあり。201312123.JPG

長いプロセスの中で、たった2〜3回だけ、「駄目だ。今月は行けない。」というようなこともあった。

でも、ここにも一つ。少しづつ確実に上がって行った螺旋階段。

とうとう全てをやり遂げた後に、印象的な場面はどこでしたか?と質問するとこれまた感性豊かな彼女の瞳がばーっと濡れて、「感情の回です。」と。

一致していた。

もうずいぶん遠い日のことのように思えるけれど、そうでしたね。

そして、色んな面から見ても、色んな意味で本当に大きくなられましたね・・・と思い、また山頂を見上げてしまう201312121.JPG

しかも、素敵な手作りリースを作って来て下さったり。他にも色々サンタさんのようになっていらして下さった。

言いたいこと、話したいことがまだまだ沢山ある。聴きたいこともある。

けれども、もう胸がいっぱいで。

一緒におみやげのたこ焼きを食べた。

お恥ずかしいことだとは思いつつ、いや、恥ずかしくはないな。

私は逆に沢山のことを教えていただいた。

それで、書き出したらキリがないから、涙とか胸のじんじんとか、この感謝とかをここら辺に文章を切るのだけど。

貴重な人生に、貴重なあなたの道程に、私を関わらせて下さって、本当にありがとうございました。

忘れないです。

そして、これからもどうぞよろしくお願いします。あなたという山の山頂に立った人へ。

こういう人は心の中に大自然を持っているので、一つの山をクリアしても、多分また次なる峰の高みを目指すべく歩き出すだろうけど。

区切りというのは大切なものだから。

ありがとう。頑張って下さって本当にありがとうございましたと心からそう思う。
 
***************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

小粒なのにパワフル / 美しい人

昨日、yさんとのセッション中に、思い切り話の腰をへし折るかのように玄関のチャイムが鳴った。

yさんとのカウンセリングは始まったばかりなので、まさか次の人が来るわけないので「あれ?」と思ってドアを開けて見ると、何故だか目の前が暗い。

と思ったら大きな影を作るほどのデカイ男が「あ!どうも!ストーブをお持ちしましたっ!」と。

え?押し売り?何の営業?と一瞬混乱しつつ見上げてみたら満面の笑顔の夫だった。

ううっ。確かにここの建物は暖房入れても足元がスースーと寒いので近々小さな電気ストーブでも買ってクライアントさんの足元にでも置こうとは思っていた。

でも、それ私、家で口に出したっけ?

「あ、ありがとう。お幾らでした?」と絶句しつつも尋ねると「いただけるんですか?!」とわざとおどけたふりをされる。「三万五千円です。」。←嘘だかほんとだか知らないけどさ。


・・・・・・・。払えません。

「あ、そういう場合はさしあげることになっています!」と上機嫌で去って行ってしまった。

いつものことながら神出鬼没で首をかしげたり沈黙したくなるものの、
既に箱から出してくれていてコンセントを差し込むだけだったので、さっそくつけてみることにした。

自宅にもこれの三倍くらいの大きさのファンヒーターを数年前に買ってから寒がりの私としては「凄い!なんてあったかいんだ!エアコン要らない!」と喜んで張り付いていた。

でも、今回のこれ、こーーーんなに小さいのに効くのかな?と疑った。

ところが、いざつけて見たら小さいくせに暖かい。小さいくせにパワフル。

この日はyさんのご好意で次のお客様に二人でレイキを流させていただくという運びになったのだけど、終いには汗ばんでしまうほどだった。

***************

今日も色んな人と出会い色んなエピソードを聴いたのだけど、その中の一つに感動する出来事があった。

とあることがきっかけになって心を患っている人が「昨日、感情的に辛いことがありました。」と話し出して下さったのだけど。

聴いてみれば、確かに、今年の夏彼女が体験したことと関連するような辛すぎる出来事だった。

でも、そのあとで彼女は続けてこう言った。

「でも、相手にはちっとも悪気はないの。私は鬱になったおかげで色んなことが分かるようになった。」とさらに色んな過去のエピソードを話してくれて、「きっとあの時もこの時も相手は辛かったと思うの。私、鬱になったおかげで前よりほんの少し人の気持ちを考えられるようになったの。相手の立場を考えられるようになったの。」

「今は色んなことを学んでいるとても大事な時期なんだって気がついたんです。」とも仰った。

こういう感性の人に出くわすと下手な映画なんぞを観るよりずっと感動してしまう。

同じことを繰り返すのは、大切なところで逃げるばかりだったり、人のせいにするばかりだったりするからなのだけど。

繰り返される出来事の中からそれに気がつき受け止めて行くことはとても難しいことだという事も知っている。

でも、多分この人は、あの寝たきりだった状態から寛解していくまでの期間が、”ゆっくり、ゆっくり”を合言葉に、思いの外早く進んで行かれることだろうと思った。

自分が傷つくことに過敏になるばかりではなくて、他者も自分と同じように色んなことを抱え生きていて、同じく傷つきやすい存在なのだということを知ったとき。

もはや、その人は永遠に1人ぼっちではなくなる。

****************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

ニュータイプ / 人生はニャンとかなる!のその後

人が誰かに出会うときとか、あるいは集うときというのはそこに何かしらの縁や必然がある。

個人カウンセリングで1人1人とマンツーマンで向き合うことが多いので、そのことを知るのは私のみということも多々あるのだけど、”この人とあの人とでこんな話をしみて欲しい。1人ではないということが物凄く顕著に分かるのに。”と思うことがある。

多くの場合は棺桶まで持っていくつもりの相手のストーリーで、時折セッションとセッションの間で当人同士が出くわされた場合にも余計なことは何も言わないで、ただご紹介だけするということが多い。「いつかまた会うかも知れませんね。」とだけ告げて。

ところが、これはほんとにごく稀にあることだけど、全くもってニュータイプの人と出会うこともある。

もちろん1人1人が違うのだけど、ある側面についてのニュータイプ。

その人は対人関係において嫌な思いをすることがほとんど無いということが判明。
投影もそうそう起こらなければ、ゲームをしかけないししかける必要もないからだ。

心理テストが一部に含まれる授業の一コマをやっている最中にそのことがハッキリ分かったときにもたいして驚かなかった。

うーん、この人ならそうだろうなあと納得出来るものがあった。

大抵の場合は他人に嫌なことを言われたり不遜な扱いを受ける場合というのは少なからずそこに何らかの原因がある。

そのうちのよくある例に、自分がしたことを誰かにそのままされるという一例がある。

ではゲームをしかけない、しかけられることもないというこの人が、平坦な人生を送っているのか?というと決してそうではない。

要らないことはしないというだけで、愛の元に生きている。

ゲームの一つには「私を見て。」という重い想いが隠れていることもあるが、この方はそういった無意味なことをしなくとも存在感があって、人生が色んな愛で満ち満ちている。

初対面のときの数年前を思い出すと、最初のうちから何か特別な空気感を備えている人生の先輩だなあと感じていた。

そんなふうに特別大きな課題があるわけでもなく幸せに自分らしく生きている方ですらより良く、グローイングアップしたり、より自分を知るということを目的に掲げ心理学を始められるのだなあ・・・と何だか色んな意味でその向学心を見習いたくなった。
この出会いにも意味がある。

そしてこの影響を受け合うということは自分の周りにも何らかの新しい変化をもたらすということだと思う。

***************

”人生はニャンとかなる!”というタイトルの本を先日ここにアップしたのだけど、可愛い猫の写真と共に、実にためになる語録が書かれてある。

今ではデイリーガイダンス的に毎日パッと開いては可愛い写真とそのためになる一言を読んでいる。

今日のページには可愛いキジトラの猫さんが食パンにガボッと顔を突っ込んでいている写真で語録としては”たくさんの耳を持とう”というサブタイトル。

裏側にそれ関連のエピソードが載っていて、他の偉人の関連した語録が2〜3載っている。

”自然は人間に一枚の舌と二つの耳を与えた。だから人は自分の話すことの二倍のことを聞く必要がある。”

”賢者は聞き、愚者は語る。”

写真は転載出来ないのだけど、非常にユーモラスだというのに、語録あっていて潜在意識にインプットされやすい。

もしかしたら天使のデイリーガイダンスよりもずっとリアルで実用的な本かも知れない。

****************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

ほぼ半休

レイキヒーリングでお身体の前面が終了してうつ伏せになっていただいたあたりで、とても気持ちの良い寝息を聞かせて下さるのがとても嬉しい。

ついこの間までギンギンに辛いことや怖いことばかり考える脳の向きになっていた人だからこそ余計に。

全部終了した後もお名前を読んで起こすのが躊躇される。起こしたくない。いっそこのまま気持ち良く眠っていて欲しい。

少し楽になったにせよ、まだまだ何かと疲れるんだろうなあ・・・と思い、そのまま放置して煙草を吸いスヤスヤした様子を眺めていた。

あらゆる分野のセラピストの人々が至福に思うのは多分こんな瞬間。相手がリラックスして下さったり良くなったりするとこちらまで癒されてしまうのだ。

でも、たいしてインターバルが無いためにピンポーンと玄関のチャイムが鳴る。

あ、「はっ!」とされて目を覚まされている。

そうなのよね。

主婦って、玄関のチャイムとか電話の音を聞くと一瞬で反応してしまうのよね。

私たちナースの場合はこれにナースコールの音とか救急車の音なども加わる。

で、心電図モニター症候群でもあり、ピ!ピ!ピ!という一定音のリズムが突然狂うのも嫌い。どっかに走って行かなきゃと日常でも反応してしまう。

それはともかく返って悪いことをしてしまったと気づき、慌てて起きる方に「大丈夫、大丈夫。Hさんですからね。ゆっくりゆっくり動いて下さいね。」と言う。

HさんはHさんで満面の笑みを浮かべて面識のあるお客様に近づいて嬉しそうに声をかけてくれる。この方も人が回復して行ったり幸せになって行くのが心をから嬉しくて仕方なく思う人の1人。

****************

今日はHさんの心理学の旅のスタート。20131203.JPG

新月の日に初日を迎えたとのことで”New Moon”という名前のお茶を下さった。とても爽やかで美味しいお茶だった。

今日は私、数ヶ月ぶりにインターバルが空くどころか、15時以降一気に暇になった。

たった一日のことなのだけど、この授業にリキ入れて終わったら、久々にゴロゴロして身体を休めようと思っていた。本を読んでも良いし夕方まで眠ってしまっても良いなとウキウキ。

しかし、たまたまお越し下さったのがHさんだったので、どうしよ、リフレクソロジーをお願いしてみようかな、いや、疲れていらっしゃるかな?と迷っていた次第。

初日の授業は順調に終わった。

すると私はHさんに無性にレイキをかけてあげたくなる。

それなのにHさんは「え?!この後何も無いの?久しぶりじゃない?じゃあ、私、レイキをかけてあげるよ!」と仰る。

いやいや、私にかけさせてよ!

「いやいやいやいや、私がかけるよ!だってやる方も癒されるんだもん!」

という押し問答があったので笑ってしまったが。

結局、タップリのハーブティーやマフィンやバームクーヘンでゆったりお茶をすることにした。

思えばこうして一緒にゆっくりお茶するのも本当に久しぶりのことだなあと思う。特にHさんとは初めてに等しいかも。

互いに色んなことがあるものだから、色々お喋りしたり笑ったり、時折「ええっ?!」とビックリしたり、これが何とも言えない至福のひと時だった。

昨日手作りなさったというバッグがどうしても白ちゃんそっくりに見えてしまって「よーし、よしよし(ハート)。」と何度も撫でたくなる。

でも、多分白ちゃんもこのお茶会に参加していたことだろう。

大好きだったもんね。もちろん、今も。

一時間くらいのお茶の後、念願通りゴロゴロした。

ほんとはやることいっぱいあるくせに、あえてゴロゴロ、ゴロゴロ、ぐーぐー。

なんてことはない行動と時間。

でも、とっても幸せだった。

さあ、明日からまた頑張りますかね。

****************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。