2013年08月14日

皆さんの踏ん張り/ まさかの機種変

出がけに階段をダダダダッ!と降りて出勤しようとしたところ、下から夫があがって来る。

一瞬、”あら?何で平日のこの時間に私服?あれ?また太った?”などと思ったのだが、よく見たら旦那の弟さんだった。(笑)

「あ!おはようございます。今出勤?」

ああ、はい。今日は・・・あ!そうか!お盆だからお墓参りにいらしたのですね!と気がついた。

不動産業の彼はこの時期はもう長期の休暇に入られている。

まだ出勤していない娘たち、つまりは彼にとっては可愛い姪っ子たちの顔を見にあがって来る途中だったのだろう。

私も近日中にはまりちゃんのお墓参りに行きたいな。

はっと気がつけばもうこんな時期。季節は巡って行くのだな。

***********

この暑い中いらして下さるクライアントさんから「明日、婚約者とうちの母が会うんです。」とか、はたまたある人は「・・・。明日が結婚式なんですよ。」というような方までいらして「ええっ?!おめでとうございます!」と叫ぶ日々。

そして「明日は墓参りで帰郷するんですよ。」という方も多い。

皆さん忙しい中、同時進行で自分と向き合っていらっしゃることが伺えて頭が下がる思い。

今日は、心理学を習ったりカウンセラーを始めた頃からの戦友の方がお越しになり、やはり彼女も「明日、墓参りに行くんです。」と。

一口に墓参りと言ってもそれぞれがそれぞれの想いを抱えているということも同時に感じる今日この頃。

***********

ところで、とある方が処方された自分専用のフラワーエッセンスを飲み始めてしばらく経った頃、旦那様とお子さんの分のセッションもお受けになられた。

代理セッションのような形になって、ついつい話し手の主観が入るものの、当人が心理学を習って来られている故、生年月日以外でか垣間見えるパーソナリティーもあながち的外れではないということが分かる。

心理学も全てのヒーリングも人を支配しようとしたらどうにかしようとするためのツールではないのだけど、相手の幸せを願うのは良いことだ。

で、今回、面白いなあと思って一緒に笑えた気づきがあった。

ここでは詳しく書けないので割愛するものの、彼女は過酷な環境の中で育ち、結婚後も非常に苦労なさった。

時間的な制約もあるので、自分の好きなことをするのが人より困難な状況にある。

でも、私はそれをハンデだとは思わなかった。

特に2年とちょいと前、訪問入浴のナースをやるようになってから在宅での様子やそのご家族の方と接するようになってからは。

特に母は強し。

多くの人が誤解するような悲壮感はお門違いで、むしろ、ハンデどころか強い心身を得る人生のワークに遭遇していらっしゃるのではないかとさえ思う。

愛が深い。

綺麗事や理屈ではなくて正真正銘手をかけて歩んで来た日々だったと思う。

けれども彼女は道徳心の高い人であり、お子さんのことについて何かひっかかりがあると「私のせいだ」と思い込んでしまうところがあった。

その気持ちも分からないではないのだけど、今回、旦那様とお子さんの代理セッションをお受けにしてご家族の分のエッセンスを処方していたところ、お子さんのとある性質のあちらこちらの部分が、実は旦那様側の遺伝子だということが判明。

もう暑いし家事は大変だし仕事はあるしで、へばってしまう日々なのだけど、そのことに気がついたとき、彼女が吹き出して笑うのを見た。

いい笑顔だった。

次の方までインターバルがあったので、「レイキでも流してさしあげたいなあ。。。」と思っていたのだが、彼女も遠方から来ているしお子さんを迎えに行ったりと色々あることだろう。

でも、終わり際に「あの、レイキ、かけて貰う時間なんてあります?」と訊いて下さったのでとても嬉しかった。

そして、何より、帰り際に「いやあ、元気になった。」と仰って下さったことが尚更嬉しかった。

*****************

昨日だったか。

携帯を忘れて出勤してしまうというポカをやってしまい落ち込んでしまったのだが、幸いにも昨日のは電話カウンセリングが無い日で良かった。

で、昨日、ビックリしちゃったのは、旦那が私の携帯を機種変していたこと。

ちょいと壊れ気味だったし動作も遅くなっていたので変えよう変えようと思っていたのだけど、中々行く暇がなかった。。

忘れて置いてある携帯を発見した夫が「チャンス!」と思って変えて来てくれたそうだ。

ありがたいことだー!と昨日は思ったが。

例によって、昨日から四苦八苦。

iphoneはこれで三台目だし、さほど仕様は変わっていないはずなのに、ちょいとしたことが違うと、もう「うがー!使いにくい!」と感じてしまう。

で、マニュアル通りになってもまた電話帳コピーが出来ないし。

以前は出来ないなあと思っていたら突然三日後くらいにコピーされていてビックリした。

まあそれでなくとも連絡が途切れない方々というのは残るので、私、結構、こういう状況、好き。

********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

夏の日々

昨日の夜は娘姉妹が「焼肉を食べたい!あそこで!」という店の指定まであり。

炎天下の中、高幡参りのその帰りに焼肉大会となったわけだが・・・。

暑いってのと、心境的にも焼肉!という感じではない。

先日は先日で夫が「Buzz夫婦とkさん夫婦とこんちゃん夫婦との8人で飲み会することになったから!」と勝手に約束して来ていたがその時も「いえ、あの、あんまりそういう気分では。。。」と丁重にお断りしたもの

の、「いや、ダメ。絶対楽しいから行こう!」と。

多分なのだけど、夫は何か楽しいことに連れて出して元気をつけさせたり、笑わせたり、あわよくばスタミナのつくものを食べさせようとしているのだと思う。

なのだけど、仕事やっている時以外は、ちょいと鬱っぽくなっているのよね。

優しい気持ち故にありがたく出向いても、さほど酒が身体に入って行かない。

けれども、そういう場に行くことすらも何かヒントとなる言葉や出会いに遭遇するものだと思った。

休養は休養で必要だが、休んでもダメな部分は少しづつ動いていた方が良いのかも知れない。

*******************

今日はまたひと月ぶりくらいにYちゃんのカウンセリングをしてフラワーエッセンスの処方をした。

で、この方の歩みをもう何年かに渡って見ているので、「強くなったなあ」ということを感じる。

多分配偶者の要素をお互いにいただいて、補完し合っているという現象が起こるのだろう。

ただ、ここで初めて出会ったときの、(あ、いや、あの頃はまだ前の事務所か。)彼女を思い出すと、あの少女がこんなにも逞しく成長しているのだと感動すら覚えた。

それとは別に、違う意味の涙も。

頑張ってんな、Yちゃん。

*****************

名古屋はもっと暑かった頃だろう。

数か月ぶりのSむーちゃんが、トランクを転がして、このくそ暑い中を一生懸命歩いて来てくれた。

遠かったねえ、暑かったねえ。

でも、この彼女もまた、身を立てるということに必死になりながらも何とか自分の夢や願いを叶えようとしている人。

まずはお会い出来て良かった。

今としてはもしかしたら信じられないかも知れないけれど、信じたことは、その時にはどんなに困難に感じたことでも、必ず叶うよ。

健康的に日焼けしてキラキラした目の彼女。

また近日お会いする約束を交わして別れた。


皆、頑張っているなあ。

********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

こんな再会が楽しみで / 講師が生徒になったとき

以前、九州からレイキのファーストを持ち帰って下さった方にお久しぶりにお会い出来た。

外見もそうなのだけど、エピソードを聴いて確実に浄化されたり光が当たっている様子を覗えた。

別段普通に毎日自分でヒーリングしているだけのことなのだけど、その”だけ”ってのが難しいのが現代人の生活なのよね。

でも、継続は力なり。20130807.JPG

それで面白いなあと思ったのは、ファーストのときは、かつて怒りがいっぱい出ていたのに、今回は笑い通しの自分に驚かれて「いったいどうしちゃったんだろ。」と言ってまた笑われている。

カウンセリングではないのでいくらマンツーマンでもエピソードをお聴き出来る時間が限られているはいるものの、何となく思った。

きっとこれまでの笑いや楽しさを取り戻されているのではないかなあと。

横腹が痛くなるという面白い形の好転反応。

人間は一人一人違うので、それ故傷つくこともあるのだけど。

人間は一人一人違うので、だからこそ学べるし、面白い。

*******************

とあるカウンセラーさんとお会いするのはあの日以来だった。

長いことそのことについて話して下さったのだけど、もう一踏ん張りして、とうとう長引いていた課題を実行された。

タフになったんだねえ・・・とつくづく感心してしまう。

そして、色んな流れの中で、今日彼女がこの課題を私に発表して下さる運びとなった意味を感じた。

まあ何せ、いつも上出来な仕上がりを見せてくれるのだけど、今回発表して下ったとある交流分析のパターンの講座。

講師役となった彼女の講義を聴いているうちに、本番のときに初めて聴いたときのような現象が起こった。

まあ、胸が痛いのよね。胸に沁みる。

そして光があたる。

感情的になりながらも、ずっと起こっていることを客観視して来たのだけど、だいたい分かっていた。

渦中にあるときには、思考半分、直感半分。

問題を解決しようとしたり、突っ走ろうとしたその時、どこかで感じた違和感。

私は自分で止めた。

私はこの生徒さんが懸命に仕上げて来た課題を聴きながら、自分が選択して来たことを再確認した。

人が一生懸命力を発揮して仕上げたものって、やっぱり人の心を動かす。

それがどんなに素晴らしいものだったのかというのをシェアリングする際に胸がいっぱい過ぎて中々言葉が出て来ないような状況もあったが。

何故素晴らしかったのか?そして、何故今日だったのか?とか、あらゆることについて賞賛を贈らずにはいられなかった。例え胸がいっぱいでしどろもどろになりながらも。

人は、自分の心の向き方や選択次第でいくらでも深く豊かな人生を送れるのだなあと思った。

そういったことの前では、やはりネガティブなやり方で人の気を引こうとする人生、奪い続ける人生、感謝できない人生というのは、箸にも棒にもかからないなあと感じてしまう。

どんなに強烈でもすぐに消える。

心理学というのは、何度でも何度でも、噛めば噛むほど新しい味が出てくるツールで、別段そのことを忘れているときですら、一生涯、色んな角度から色んなことを学ばせてくれるツールなのだなあということを、彼女を通して再確認した。

そして、何より、そこに誰でもない唯一無二の”人”が居る。そして、何物にも代えがたいその人の心がある。

傾聴の後、ただただお礼を述べるばかりだった。

気付きのピンポン玉が行き来する中、また大きくなって返って来る。

世界はどんどん広がって行く。

ただ、一つ一つを大切にして行くだけで。
********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

ヒマワリの人 / フラワーエッセンス

今月の名古屋のTさんはヒマワリの花束を抱えてやって来た。本人もひまわりみたいだった。

ちょいと夏バテしている白ちゃんもテーブルの上に乗っかって来たりして。201307172.JPG

先月から今月までの課題兼気付きについて語って下さる際「いやあ、まだまだ自分厳しいなあ。」と仰っていたのだけど、はい、確かにまだまだ厳しい。

でもね、それに気がついたり、しかもそれを笑顔で語れるようになったんだよね。

少しづつの歩みだから昨日と今日の差が分かりにくいかも知れないけれど、最初の頃から脳内記録していると分かる。

大変貌だと。

表情が違う。オーラが違う。

そして互いに少々夏バテの感あるも、どこか心が明るい。201307171.JPG

そして、”腹が立ったこと”とか”後悔したこと”のエピソードを聴いていると、基本二人とも怒りのツボやマイルールに似通ったところがあるので、凄く共感してしまう。

一人のときにはモヤモヤでも話して手放している途中でゲラゲラ笑っているなんてことが起こる。

今日は以前にもやったことのあるワークをしたのだけど、これもやはり「まだまだ厳しいなあ。」という感想。(笑)

でも、それが分かっただけでも既に変貌が始まる。

比較的涼しい日。外は雨が降り出した。

遠い道中をお帰りになって、帰りついた頃、FCいっぱいの彼女からのメールを読んでとても嬉しくなった。

*******************

フラワーエッセンスを飲み始めた方々の感想が二つ三つと来て、それを読んでいてまた嬉しくなった。

考えることや努力することも大事かも知れないけれど、そんなことしなくてもコロッと好転することもある。

ただ、思うに、その良い効果が顕著に表れる人々って、その前から一人の壁打ちや自分見つめをして来た人たちで、フラワーエッセンスをそこをちょいと後押ししてくれているだけのようにも感じた。

そんな理屈はともかく、とにかく嬉しい。

良い日も悪い日もある。

でも、皆で良くなって行きたい。

***********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート

posted by かおる at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

たゆみなく

比較的涼しい日。

京都、静岡、草加、大阪・・・とお客様が来訪なさると、何だかあたかも草加が近いような印象を受けるのだけど。

近くない、近くない。

草加にしても結構遠いと思う。

カウンセリング、コンサルテーション、授業、カウンセリング+レイキ。

比較的涼しい日だったということが唯一の救いかなあ。

白ちゃんはおみやげ貰い放題。

少しスープを飲んだ後、その後夜まで爆睡していたけれど、夜になると少しイキイキしていた。

そして、授業ではとある一人のカウンセラーさんがほんの少しのアドバイスだけで上手にロールプレー出来ていて、とても嬉しかった。

お帰りになって約3時間後。

大阪の方とのセッションの終わり際、「今まで珈琲館で今日のところのまとめをしていたのだけど、フラワーエッセンスを処方して貰うことと、漫画を返すのを忘れてました。」とお電話をいただいたのが夜の8時。

笑いながら再びの来訪で目的のものをお持ち帰りになったり置いて行ったりなどなど。

それにしても、今の今まで勉強したり振り返ったりしていたのか?と思うと感心してしまった。

結局私は力抜くところは抜いても、真面目な人、一生懸命勉強する人のことが好きなのだなあと思う。

********************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 05:15| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

彼女のアセンション

数年前、とある病院の医療ミスが元でお体の一部に不自由な思いをされている時期に、彼女はここへ訪れて下さった。

最初は物理的な原因があったとしても身体と心は密接に結びついているので、何らかの原因で治癒が遅くなるということもある。

例えば、「もう足は治っている。」と言われても痛く感じるものは痛く感じるし、歩けないものは歩けない。

そしてその状況故に怒りや恐怖や無力感や色んな釈然としない思いを抱える本当に大変な時期だったと思う。

自立心の高い女性なのにも関わらず、ずっと勤めて来た会社で働くのが難しくなったり、それどころか日常生活すら不自由だったり、そして元々ちゃきちゃきと進めるせっかちさんだったとしたら、自分の足、自分自身の心にすら怒りを抱えていたことだろう。

何で思い通りにならないんだ!と。

しかし、詳しいエピソードを話して下さった初期の頃の彼女は淡々としていてクールだった。

この時期、つまりは初対面の頃に彼女が一番最初に選んだツールはレイキだったのだけど、ある日、”前に進もう”と杖をついて訪れて下さった。

まだまだお若い女性の身に起こった出来事に驚愕したり一緒に怒りを感じたりしていたのだけど、とにかく最初の彼女は冷静だった。

でも、セカンドディグリーのときだっただろうか。あるいはサードのときだっただろうか。

ある瞬間、彼女が綺麗に号泣した。

本人としては感情を出せない理由が色々あったのだろうし、出来れば避けたい出来事だったかも知れない。

でも、テーブルにうっ伏して号泣している彼女が泣きやもうとしても「く、首があがらない。」と叫んでいるのを聴いて、この時彼女がどんな状況でどんな時期を通過しているか?ということを理解した。

最初は仰向けで寝ていた赤ちゃんが立って一人で歩けるようになるまでに、這い這いする時期がある。

でも、這い這いするには首をあげなければならない。でも、使っていない筋肉は急には言うことを聴いてくれない。

それで赤ちゃんは歯がゆくてぎゃー!と泣く。

抱き上げられて泣き止む子もいるだろうけど、抱き上げると「そんな助けが欲しかったじゃない!自分で首をあげたかったんだ!」と、さらなる怒りを爆発して泣く赤ちゃんも居るだろう。それはその子の個性。


多分彼女は後者の方だったのではないか。

その後、サードまで取得した後は、ごくたまに飛び飛びで他のセッションをしていたが、それから一年後。

すっかり足が治った彼女が居た。

信じていたとは言え、これには驚いた。

彼女はレイキというツールを使ったりセッションを利用したことは利用した。

が、自分で自分の足を治したのだ。


それからまたしばらくの年月が過ぎて、今でも彼女の乗り越えて来たことの凄さを感じる。


そして本日は、フラワーエッセンスのコンサルにお越し下さって一本のマイボトルを持ち帰って下さった。

新しいところへ就職して活躍なさっていて、そこに色んな人間模様をみたり、他者に気づきを貰ったりと、「社会復帰のリハビリとしてはとても良いところだった。」と話して下さった。

が、何分、どうしてだろうね。

ここにいらっしゃる人々の共通点なのだけど、停滞的を超えて、ものすごいことを果たした後であっても、今度は、「ここじゃない。もっとこういうところを探そう。」と新たな向上心が湧いて来るらしい。

良い意味でわがままになって自分の世界を広げて行く人々が多い。

それはある意味自分のことや自分の気持ちをよく知っているから出来ることでもある。

それで、もはや次の転職を考えているというお話を聴いていて思った。

m子さんが感じることだもの。

きっと、その方が良い。

そして、静かな雰囲気の中に秘められた、あの「ぎゃー!くそー!」というガッツを時折出しながらも次の次元に進まれて行かれることだろう。

応援するっきゃない。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

生活人という猛者たち

・・・・・・・、あっっっついけど、大丈夫っすか?

私はぎゃあ!ダメだ!と言いつつも結局大丈夫です。

だいたいこういう気象の日はいつものことの60パーセントくらいこなせたら良しとしても良いか?と・・・。

ってか、今日も訪問入浴かいっ!

これは100パーセント出さないと生存できません。ええ、やる人もやられる人もお互いに。

まあ、そんなこと行っていたら、何の仕事でもそうなんですけどね。

今日も夜になってもまだ全身の血が沸騰している私でした。

*******************

話は変わるけど、海外に在住なさっている方が、がちんこで何らかの講座やセラピー目的がメインで空を飛んで電車に揺られて来て下さるというのも凄いことだと思うのだけど。

「帰省出来るのでチャンスです!」と帰省メインの人々も凄い。

だって、帰省ったって、関東やら東京やら神奈川ではないわけで。

せっかくご家族やご友人と会えるはずの短い日数を、北海道やら関西、九州から飛んで来て下さるというのも、凄いガッツだなあと思う。

これ言っているとキリがないんだけど、もちろん遠方でなくともお仕事しながらとか家事に追われつつの人々も継続的にいらして下さるわけで。

この心の向きで成長しないなんてことはまずあり得ないよなあと思う。

普段、家と事務所の往復で来る日も来る日もカウンセリングしているか、もしくは訪問入浴でごく短いテリトリーの中を動きつつ日々壮絶な生のドラマに触れている生活ももちろん激しいものだけど。

上記の方々、全てのクライアントさんには日々頭が下がる思いでいる。

そして、人間なので最初は心配していた人が、何ともまあ頼もしい人に変貌して行く姿にも言い知れぬ人というものの素晴らしさを感じる。

一歩一歩、一歩一歩。

いつも書くのだけど逃げない人のそれは必ず真実の結果を出す。

そして、それはこの人生の10年先、20年先で、もうどうしようもないくらいの差になっていることだろう。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

真逆だし

夜の方の時間帯にあるカウンセリングの要望を取ると、どうしても寝る時間が遅くなり、朝の部のカウンセリングのご要望がお受けできないんだけど、仕方ない。決めたことだ。20130702.JPG

私は要望があったり何か頼まれたりすると可能な限り応えようとする根本的なパターンがあって、今でも思い出す26〜7の頃、心身を壊した。心身の両方ってのは治すのに物凄く苦労したのを今でも覚えている。

で、それでも懲りない面が根強く残っているってことを本当の意味で自覚したのはカウンセラーになってからその後だったので、まだ10年も経っていないということになる。

酷いときには何も出来ないという状況のときですら「何か、何か。」と考えて余計なことをやって徒労に終わってしまうこともあるわけだ。

でも、さすがにこの歳になって来て、しかも自分見つめをしていると、いい加減にしようと思えて来る。

その苦労が華を咲かせることもあるのだけど、他人が自分のために費やした時間や労力を屁とも思っていない人も居るということ。

無意識に共倒れを望んでいるメガトン級のネガティブを振りまいている人も世の中には居るということ。

現実はシビアだなあ。やっぱり傷つけられることもある。

*******************

何てこととは別に、九州の方でカウンセラーさんをやっているという方が教育分析にいらして下さる日、どうしても午前中の時間をご所望されていた。

何故かというと、個人病院にお勤めのナースさんでもあって、教育分析を受けたその日の夕方の夜勤に行きたいからだという。

休日はほとんどないしオペのための待機ばかりだと言う。何か、どこかで聴いた話だ。

それなら電話にするとか、あるいは、近隣にも教育分析が出来るカウンセラーさんがいらっしゃるのでは?とお伺いした。

しかし「会うことに勝るコミュニケーションはないので、もし、もしも出来たらで良いんでお願いしたい。」と仰る。

・・・・・・・・・・・。頑張っているなあ。でもって、意志が固いしどうしてもやりたいんだ・・・ということが伝わって来たので本日は午前中から開始。

でも、有意義な時間と相成った。

そのエピソードの中で、「自分の考えをしっかり持ちながら、まっさらに普通に傾聴するってのは難しい。」という話を出して下さった。

その気持ちも分かるなあと思いつつ、実は、その考えは誤解だと思うということをお伝えした。

自分の考えをしっかり持っているからこそ、ぶれずに傾聴出来るんだよ。

そこがまだグラグラしていると受け入れられない話、受け入れられない人物が多すぎる状態なんで、ついつい余計なアドバイスしちゃったり、不安になって相手の課題やプロセスに巻き込まれてしまう。

まあ、カウンセラーに限らずとも、ちょいと自分と違う価値観の人が近くにいると平静でいられなくなるし、もちろん日常会話でも話が聴けないというわけで。

伝わるかなあ?と思ったのだけど、「そうかっ!」と彼女が言った。

「無我じゃダメだ!」と。

これには爆笑した。そうなんだよ。無我になってどうするんだよ。自我を捨ててもいけない。

カウンセラーとは自分自身を使って仕事をするものなのだから。

********************

そんな教育分析を終えた後、普通にカウンセリング二件。

そして、かつてうちで学んだカウンセラーさんが教育分析にお越し下さった。

色んな話題が出たのだけど、やはりフラワーエッセンスの話も。

「なんというか、選択するものが変わって来ているんですよね。」と。

それは、先日のこの方のロールプレーを見ても分かるし、オーラにも溢れているし、色んなところで分かる。

そして、午前中にお会いしたカウンセラーさんとの話題を思い出しつつ、「うん、しっかりとした”我”があるなあ。」とつくづく感じた。だから、そのまんまに聴けるんだ。

もちろんそれは固いということではない。確立しているから揺れるのが怖くない・・・いや、怖くないと言えば嘘になるが、元に戻って来れる自信がある程度育っちゃっているんだ。

こうなると、もうアホみたいに他人の心配はしない。

自分の問題と他人の問題にしっかり境界線を引ける。

中には誰かに心配して貰うために自分を破滅的な方向に追いやってしまうパターンの人も沢山居ると思うのだが、そういった強烈で頑固な負のエネルギーに引っ張られることもないだろう。

そんな見地に辿り着いてから初めて人に何かが出来る。本当の意味では。

**********************

先日”私という猫”という本をこのブログで紹介したけれど、「あれ、面白そうだなあと思って。」と借りて行って下さったのが嬉しかった。

読んで貰いたいなあと思っていたから。

面白いの意味合いが違うし、人によっては分からない暗い話に感じるかも知れない。

けれども、彼女が昔「野良ネコを可哀そうだなんて思えない。」と言ってくれていたことを思い出したから、何の危惧もなくお渡し出来る。

ナースに限らずとも命の輝きや重さ、そして生きることのヘビーさを知っている人は居る。

いや、逆に言うと、何度人の死や生に立ち会っても未だ悲劇のヒロイン的にしか捉えられない人も、医療従事者にも居るのだろうと思う。

********************

やった仕事はカウンセリング。

けれども、今日も様々な素敵な人と関わる中、何かを深く強く教えられ受け取った日でもあった。

********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

何かが浸透して行く日々

定期的に地方からカウンセリングにお越し下さっているのでかなり遠いというのに「今回は特にお題が無いんだけどお顔を見に来ました。」と仰るクライアントさんの言葉に爆笑してしまったのだけど。

こんな言葉が出るまでには、彼女の地道な努力があった。

変わったんだよね。戻ったんだよね。色んなことを乗り越えて来たんだよね。

つくづく”地道”が一番近道だと思う。それは乗り越えた後だから言えることでもあるのだけど。201306291.JPG

しかし、いざお話をお聴きしていたら、とめどもなく話している彼女の言葉が途中で止まり、「・・・・。お題は無いって最初に言ったくせに大ありじゃんね。」とつぶやかれたので、また爆笑する。

人間だもの。課題なんで山ほど出て来る。

でもそれは今のままではいけないということじゃなくて、ここまで来たら、楽しみながら進む方法だってある。

ハッキリ言って環境や状況はそんなに変わっていないというのに、自分で考える力が付くことによって「世界ってこんなに変わるんですね。」と仰る。

それは変わりたかったから。そして、何より、より良くなりたいと強く願って行動したから。

********************

Aちゃんが訪れたのは丁度前の枠の電話カウンセリングが終了する時間のことだった。

最後のご挨拶などをお電話の先方の方と交わして切っている間「こんにちわ♪」という声と同時に「にゃー♪」という声。

電話を切ると満面の笑顔のAちゃんとお目目をまん丸くしてAちゃんに抱っこされている白ちゃんの姿。

あらあ、抱っこして来て貰ったのー。

「下に居たんだけど、『一緒に行く?』って訊いたら『うん!』って言うので。」と笑っているAちゃん。

そうそう。本当に「うん。」って返事するんだよね。不思議な子だよね。

以前もやはり一階で白ちゃんに出くわしたAちゃんが、白ちゃんが自力で階段を上るペースに付き合いつつ一緒にあがって来てくれていたことがあったのだけど、途中で白ちゃんが上から降りて来たマンションの住人に抱えられて拉致された事件というのがあった。

あの時はどうやってその人から逃れたんだか、後ほど、悔しそーーな顔をしつつ、部屋に戻って来た。

「今日は途中で拉致されないように抱っこして来ました。」と言って白ちゃんを降ろして下さったのだけど、猫の、あの、背中全体でゆっくり息をしながらゴロゴロ言っている様って本当に良いよね。二人で挟んでしばらく眺めていたのだけど、嬉しそうにいつまでもゴロゴロ言ってくれていた。

********************

途中、宅急便が来た際に玄関から白ちゃんが出て行ったので、再びドアを開け放していたのだが、カウンセリング中、途中で変な声が聴こえた。白ちゃんが何かに怒っているような声に聴こえた。

「どした?白ちゃん?」と廊下に出て見たら、いつの間にかそこに大家さんが立っていたんで超ビックリした。

白ちゃんが廊下に吐いたものを拭いて下さっていたという。


あら!これは気が付かなくてすみません。と言いつつ拭こうとしたのだけど、既に拭いた後で「良いのよ、良いのよ。でも、吐くなんて具合が悪いのかしらね?Hさんに連絡しとくね。」と仰って降りて行かれた。

大丈夫か?白ちゃん?具合悪いのか?と、何かのマジックにかかったかのように心配モードに入った私だったが、その時、Aちゃんがさらりと言った。

ほんの数秒こちらを見た後「猫って吐きますよね?」と、さらりと。

それで我に返った。

・・・・・・・・・・。そでした。

Hさんのお名前聴いて動揺するのはもはや白ちゃんだけではなくなっていると自覚。

「うちの子たちもしょっちゅう吐きますよ。」

・・・・・。ですよね。

何かまた変なモードに入って行くところだった。ありがとう。

大家さんのその一言を聴いた後の白ちゃんは、ベランダの網戸をガラリ!と自分で開けて、玄関から一番遠ーーーい場所に回避してお昼寝を始めてた。

そして、ゆっくり眠り切った後、帰って来てガツガツご飯を食べていた。(笑)

*********************

あんまりうまくは言えないのだけど、何だか全体的に良い流れの輪が回り出しているような気がする。

例えばフラワーエッセンスのモニターになって下さった方々がちらほら申し出て下さったあたりから。

何だか、皆さん、「ほんとに良く効く。」という嬉しい感想をいただく際、その人自身のオーラを見ただけでも充分納得できるのだけど、どこがどういうふうに・・・というエピソードを聴いた際にはさらに納得出来る。

でも、実際に言動や表情まで変わってどことなくパワフルになっていたり、まあ豊かな喜怒哀楽がブロックなく表出しているシーンに遭遇するとますます嬉しさと驚きが伝わって来る。

例えば、とてもやっかいな問題に直面していて「ああ、もういや!勘弁して!」という状況のAちゃんが満面の笑顔で現れて下さったり、とても大変なことを少し引きのカメラで笑顔やうんざり感を交えて普通に話して下さっている様子を見るときも。

何というか、考えるべきことは普通にきちんと考えるのだけど、余分に思い詰めるってことが皆さん激減して行っているようだ。

ああ、そう。それとさっきのように、誰かと一緒のプロセスに飲まれないで「いや、猫は吐きますよ。」と冷静に言ってくれるところとか。

そして、本日は問題の渦中に居たのでてっきり教育分析のみで終わらせるのかと思っていたのに心理学の課題まで発表して下さった。

しかも、流暢に語られる内容を聴いていても、やっぱ、すげーなーと思った。

私はテキストに書かれてあることの何倍か、その行間にあるものを話すことが多かったと思うのだけど、相手によって表現を変えて、その行間にあるものが膨大な何かになっていたかと思う。

肝要なことは一つなんだけどね、それを言葉にしようとするとどうしてもそうなってしまう。

それが余計に難しくさせてしまうんじゃないか?という危惧はありつつも、ここの努力だけは怠ることが出来ない。

にも関わらず、かつて伝えた何が大事か?ということを、今この時代に来てAちゃんがきちんと話し、伝え返してくれたことに感動を覚えた。

人間というのは、人それぞれ独自の解釈や色眼鏡がある。トラウマがあったり、時には被害妄想があったり。

なので、口頭で言ったことと言うのは、必ずズレが生じたり記憶が改ざんされてしまうということも珍しくない。

だからいつでも全部が伝わるとは思っていない。

相手が舞台から降りない限りいくらでも表現の努力をする。

でも、徒労に終わることが多いのも承知の上。

にも関わらず、Aちゃんは大事なことをそのまんまに受け止めて、そっくりそのまま、いや、それ以上のものを発揮してくれた。

常日頃、ロールプレーの際に傾聴の上手さが際立っているなあと思っていたものの、今日のこの課題を聴いていてつくづく”傾聴出来る人なんだなあ。”と改めて感動してしまった。

しかもなのだけど。

出会った頃のことを思い出すから余計に、内心深く深く感動してしまうのだ。

例えば病気の人じゃなくとも、何か問題の渦中にある最中に何かの勉強を同時進行して行くというのは至難の業だと思うから。

なのに、今や、何が起こっていても定期的に粘り強く心理学を進めていらっしゃる。

何て言ったら良いんだろう、この驚愕と感動。

もう、心の中にありがとうって言葉しか出て来ないのよね。そして、見習いたいものだなあと。

何が幸せか?って言ったら生徒さんが自分の師になって行くときの感動。そして鼓舞されていく自分の中の勇気。

**********************

というわけで、色んな方々に色んな変化が起こっているのだけど、同じく「自分にも猫にもこんなふうに効いてるの。」と話して下さっていたBちゃんという方が居た。

もちろん、この方の場合も、ご本人と接したり、その具体的なエピソードに触れた際に「なるほど、ほんとだ。」と感じていたのだけど。

つい先日のトレーニングの会の一場面でもちょいと個人的に感動することがあった。

とあるカウンセラー志望の方がとっても良く似合う可愛いワンピースを着ていらしたので「今日もまた、かっわいいねえ!」と言った私。

すると彼女が「ありがとうございます。」と言っていたずらっぽく笑って「これこれしかじかで親に買わせました。」と言った。

爆笑した。

色んなことがあったので、彼女が親御さんに甘えているというエピソードをちょっとでも聴くと嬉しい。

苦労やすれ違いが多かった分、辛い思いをして来た分、甘えられる人に甘えられるってのは素敵なことだ。

なので、ご両親との触れ合いを聴くと、それが喜怒哀楽、どんな感情を伴ったエピソードでも微笑ましく思ってしまうのだが。

それとは別に。

”えへ、親に買わせました♪”という感じで彼女が一言言った次の瞬間にBちゃんが「おのれー。」と笑いながら言い放ったので、さらに皆で爆笑した。

ええ、Bちゃんは若い娘さんを持つ母の立場。

それは何でもない1シーンだったのだけど、ずっと一緒に歩いて来たから内心嵐のように感動してしまう出来事だったのだ。

何故ならばBちゃんは優し過ぎたり気を使い過ぎたり、そして何かを感じてはいけない、言ってはいけない等の道徳心がとても強い人なので、大昔だったら、その言葉を聴いて黙ってうつむいたりモヤモヤしていたかも知れない。201306292.JPG

でも、笑いながら間一髪置かず、「おのれー。」と言うBちゃんが今まで観たBちゃんの中で一番Bちゃんらしいと感じた。

ラポールの形成かフラワーエッセンスか。

どこから入っても素晴らしいことなのだけど。

いいや と やっぱり思う。

何が要因だったとして、何がきっかけであったとしても、これまでのその人自身の積み重ねがあってこそ。

その小さなきっかけで大きな躍進を遂げる人というのは、やっぱり例外なく自分の道をコツコツと歩き、立とう、立とう、歩こう、歩こうとして来た人だ。

そこに初めてその人らしさや”表現”というものが生まれて行く。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

カウンセラーズトレーニングの会(一枚の絵)

ぐわあーっ!何から書いて良いのやら分からん!と久々に思う今日この頃。

毎日色んなことがあるのだけど、そのうちの一つや二つを抜粋するのはいつも容易いことだった。ほーんと一人でくっちゃべっているだけのブログだから。

なので、こういうことを思うのは久しぶり。20130625.JPG

カウンセラーさん&カウンセラー志望の方々とのトレーニングの会では、毎月色んなことに驚かされるのだけど、年月が経つごとに、大きな大きな流れのようなものを色濃く感じるようになって来た。

一回一回は、ビビットな色のパズルのたった1ピースで、それはそれで1ピース1ピースが衝撃的なカラーなのだけど、これだけ長い道のりを共に歩んで来て、これだけ沢山のピースを共に置き続けると、段々そこに一枚の絵が見えて来るのよね。

時には、よく似た形だけれど違うピースと合わせようとしてしまったり、はずれてしまったり、時にはピッタリとはまったり・・・。

それを繰り返しているうちに少し前の時期から、これは何か大変な絵を仕上げている経過かも知れない?と思っていたのだけど、それが段々段々鮮明になって来る。

まだまだ空いているスペースがあるものの、こうなって来るとそこに見えて来る絵がさすがに想像がついて来て時々鳥肌が立つ。ええ、良い意味で。

え?ええ?と、何かが見えて来る度にいちいち驚いている私だけれど、過去を振り返って見ると、自分がそれを言葉にしていることに気が付く。

一回、一回が1ピース。一人、一人が世界にたった一つの1ピース。

決して没個性的なことはせず、喜怒哀楽そのままに共生している。まるでニュージーランドの花々のよう。

生まれたときからその形を選んで来ていて、ただ本当の自分であるピースの形のその周りについた埃や汚れ、要らないものを丁寧に刷毛で払い落として行っているかのよう。まるで、貴重な遺跡の発掘をするかのよに、一人一人丁寧に慎重に。

1ピースはそれ一つでももちろん素晴らしい。

でも、その元々完璧な1ピースが集まり出したら、そこには間違いなく新しい一つの世界が出来る。

****************

一生懸命自分の城を再構築した人の体験談やそこで得たもの。失ったかのようでいて、実は発掘作業をして大切なものが自分の中にあるのだということや、このままで良いんだということを発見した人。

絵筆ほどの刷毛を横に置き、発掘したその欠片を太陽にかざすかのようにして皆に見せてくれているような光景。

でも、面白いことに、皆はその欠片自身がどんなに美しくて貴重で逞しく繊細で優しいか?如何なる理由でありのままで良いのか?ということを知っていたけれどね。

ただ、自分がそれを見出さなければならないから、皆、自分の発掘をそれぞれ自分でやっている。そのことの意味をよく学んで来ている人たち。

大きな遺跡を同時に発掘していて、皆がすぐ隣やすぐそこの向かい方でその作業をやっているかのような光景も見える。おそらくは大きな一つの遺跡を発掘している。実は繋がっている。

お喋りをしたり、休憩して一緒に何かを食べたり。

そして、例えば現実的に言う転職や就職や開業や全ての旅やその経過。

皆それぞれの場所で大変な経験をして来て生還したという状況も幾人かにリンクしていたりもした。だが、怪我をしていたり。

それでも、もうその怪我を治す方法を知っていたり、免疫が高くなっているのでその怪我を治すスピードが存外に早いということもある。要するに強くなった。

お一方がそんな仲間の様子を聴いて”三月のライオン”という漫画の1シーンを引き合いに出してくれた。

最初の浅いところでは、潜る度にそれなりにお宝を掴んで帰って来れていたけれど、極めようとすると、それはドンドン深くなる。

手ぶらで帰って来ては物凄い疲労感を感じることもある。

それなのに、海底にポッカリ空いているホールの奥底めがけて、何度も何度もダイブし続けている二人の登場人物が出て来るシーンのことを語ってくれたのだが。(そのタフさや強さにおののく語り手の気持ちがよく分かる。)

それすら全部話さずとも、少しだけさわりを話し出しただけで、幾人もの人が「あああーー!」と同時に頭上にその同じシーンを浮かべては頷いているのが凄く面白かったけどね。

でも、凄いことに気が付いてしまった。

この方々、自分の意志でどこへ飛び出しどこに潜っても、手ぶらで生還する人が居ない。(笑)

*****************

会の終了後、皆でピザ食べたり飲んだりしつつ雑談していたところ、「いやあ・・・疲れたああ・・」といつものように皆さん口々に言う。

ええ、何と言うのか、その半端ない疲れ、分かるよ。でも、それがどんどんタフになっている恐ろしさ。何たって、顔が笑っているんだもん。

笑えるほど余裕を残している程度の疲れだからじゃない。要するに、へっとへとになっても笑える人間になってもうているのだ。

疲れたという自己一致とゲラゲラの笑い声。

で、これだけエネルギーの強い人ばかり、しかも毎回パワーアップして来る人ばかりの場で何の浄化も起こらないはずがない。

そりゃ疲れるんだわ。

で、この状況で笑えるって、物凄いことなんだわ。

****************

今月もまた一つピースがはまった。

ああ、やっぱりそうか。そうだったのかと未来予想図にドキドキしたものを見る。

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

旅の始まりと旅の途中

初対面の方とのオーラソーマのコンサルテーション。

あんまり長い自己紹介を交わし合う必要はない。

何故ならばその人が選ぶボトルが言葉よりも雄弁にその人自身を表してくれるから。

自分が選んだボトルを目の前にして、ある意味人は自分自身に出会い直す。20130624.JPG

レイキなんてものに携わっているせいで正確に言うと玄関をくぐって来ていただいた時点、いや、もっと正確に言うとこの場所に近づいて来て下さる時点から何となくその人自身を感じるのだけど、そんな中でもボトルを目の当たりにすると視覚的にハッキリするなあーということを毎回つくづく感じる。

四本並べる前に一本一本棚から出している時点で「うわ〜。」と思うものの、並べた瞬間、「(これまで)壮絶な人生でしたね。」という言葉が漏れた。

でも、エネルギッシュで暖かい。

受けて来たショックを癒して行けば、四本目の未来ボトルが表している通り、元々持っている深遠さへと辿り着ける。

人間というのは、思慮深い人や道徳心が高い人ほど自分が受けて来た傷やショックの存在を否定したくなるものだ。

何故ならそのまんまに受け止めると辛すぎて耐えられない気がするから。

でも、右脳はちゃんとそのことを知っていて、自分で自分を癒そうとする。

だからきちんとショックを癒して行くためのボトルを自分自身で選ぶのだ。

つくづくよく出来ているなあと思う。

思考が作り出したセルフイメージが改善されて行きますように。

あなた自身があなた自身の暖かさや熱さ、優しさ、パワフルさを思い出し、それを本当に使いたいと思う方向に使っていけますように。

補足的に使い方などのレクチャーをしていたり、質問して下さっていることに答えている最中に次のお客様がいらっしゃった。コンサルテーションの一時間はあっという間だ。

で、その方こそが、今日この方がここに来ることのきっかけを作ってくれたパイプ役のような人。

もちろんいくらパイプが繋がっていてもご本人の意志が無ければ始まらない旅なのだけど。

それで、とある質問に答えつつ、玄関付近でタバコを吸いつつ待ってくれている彼女の方へ手の平を向けて簡単に答えたのだった。

”使い続けると、ああいう人になります。”と。

ちょっとした笑いが起こって、そう言いつつそのタバコ吸いを再び見つめたら・・・あら、また何か軽くなったのね と感じて、今度は一人で嬉しくなって笑った。

Fさん、決して近いとは言えない距離から、コンサルテーションの旅をして下さってありがとう。

そして、ライトワーカーになって下さったそこのタバコ吸いちゃん、ありがとう。(笑)

*****************

今日は心理学の授業をやっていたのだが、何だか浄化が進んで見えるオーラを感じつつ「何かまた変わったねー。」とその人に言っていたのだが。

「いやいや、だから!この2〜3日大変だったんだってば。」とご自身の精神状態について語って下さる。「さっきも言っただろ。」的なオーラをこちらへ向けて。

なので「いやいや、だから、それは生理。三日目でしょ?」と答えて笑う。

まあこの時期に出てくる様々な感情とか状態というのはあながちでたらめじゃなくて普段からあるものが凝縮されてデトックスされているだけなのだが。

それでも、やっぱり正常ではないのよね。頑張り過ぎてはいけない。

「あ、そか。」とパチクリするお目目にまた笑った。

あと、この彼女と彼女のご友人の会話にはいつも笑わせられる。

お二方とも、とっても”らしい”のよね。

そして、どちらも正しい。

心理学としては濃い回だった今回、様々な話も出来て、課題に対して返って来たものの手ごたえも感じて、色んな意味で大きな可能性を感じた。

やっぱり、皆、凄く変わるなあと思う。

いや、正確に言うと変わるのではなく本来の自分に戻っているだけなのだけど。

そんな旅の道すがら、今日も関わりを持たせていただけたことに感謝。

遠いところ、そして身体が重いこの時期に、今日もありがとう。

***************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

自分でやらなければ変わらないこともある

色んな人々とのカウンセリングで度々同じ話題が持ち上がる。

要するにこれもトレーニングなんだよなーと思う。

でも、多くの人がこのちょっとした試みを嫌がるのよね。

そりゃ誰だって自分には到底不可能に思えることがあったら誰かにどうにかして貰いたくなったり、何か一瞬で改善される魔法のようなものが欲しいと思うこともあるだろう。

だから多くの人が「どうしたら良いですか?」とハウツーやノウハウに関わることを聴きたがる。

中には、身内に心の病名がつく方がいらっしゃれば、それはそれで「どう対処したら良いですか?」とお訊きになることも。

それは多分とっても手っ取り早いことに感じるのだろう。

でも、実は一番遠回りなことだ。

病名云々以前に相手の話をじっくり聴くこと、どんなことに喜びを感じ、どんな価値観を持っているのかということ。

それがどんな知識よりも大切だ。

でも、聴き手自身が自分のそれを知らないと、やはり傾聴は出来ないのよね。ノウハウなんて簡単なものに頼っている場合じゃないよ。

人前で話すことが苦手な人が「自分は聴き上手だ。」と思い込んでいるのだけど、実は話せない人は心の中がパンパンになっているので人の話なんて聴けない。

はたまた聴くことが出来ない人が話上手だなんてことはまずあり得ない。(全てを誤魔化す高笑いや騒音なら発することが出来るかも知れないけれど。)

でも、もしもハウツー的なことを訊かれたら、いちおうは対応して答える。

ただ、その答えを受け止められない。何故ならば聴けないのだから。答えた頃には既に相手が居ようが何だろうが、自分の世界に引きこもって独特のことを考え込んでいる。

つまりは、それほど人は”自分でやる”ということを嫌う生き物でもある。

極端に依存的な人や親をセラピストに投影しちゃったり転移しちゃったりしている人の場合だと、依存させないということの激しい怒りをぶつけて来たりとかいうこともある。(まあ、これは依存させてくれてあたりまえだろ。という病的な勘違いに陥っているケースだけど。)

でも、やらなければ何も変わらない。

数年間に渡るある人と、ありがちなやり取りをしている最中ではあったが、一つだけ、昔と違う彼女を感じた。

同じところを何度も行ったり来たりしているかのように見えて、実は本気で変わりたいと思っているのね。

本当に、本当に変わりたいのね ということを。

この先、どの方法でやって行くか?ということを話し合っているうちに時間が来てしまったが。

そこに意志がある限り、その願いは叶うことだろう。


遠く京都の空の下から、また来月、お越し下さる。

その予約のメモを取りながら、「分かった。変わりたいんだね。分かった。出来るよ。」と、そう何度も心の中で呟いた。

**********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

後押し / セカンドディグリー

先日、カウンセリングのお申し込みメールをチェックしていたところ、とても懐かしいお名前が。

で、本日はお久しぶりにお会い出来る日だった。

お顔を見るなり「いやー、懐かしいなー。」と思う。59664869.jpg

お久しぶりだね、Aちゃん。

あれから転職したり色んなチャレンジをなさったとのこと。

そして自分でどこが成長したか?ということも表現できるようになられていた。

しかし、根幹の部分でいつも問題にあがって来るエピソードに触れて下さったとき、私は約3〜4年前のエピソードにも出ていた話をヒントに出した。

カルテ無しでいきなり出て来る昔の自分の言葉に驚愕している素直なAちゃんのお顔を見つめながら「幼い頃からある時期までは有効な方法でしたよね。」と確認するとAちゃんが「うん。で、今もそれを続けているんですね。」と元々持っている良い勘を働かせている。

幸せですか?と結論を訊くと「嫌だ。嫌だ。もうこの方法は嫌だ。」という現状への意思表示をしてくれた。

その胸の中には本人としては些細なことに感じるかも知れないが、ハッキリとした熱い感情ある。

そしてそこを克服して行くには、とある心のトレーニングが必要となって来る。

で、それは重々承知の上なのだけど、今一つ後押しが欲しいと言う表情がそこにあった。

そこでAちゃんの生まれた時期に対応するフラワーエッセンスの解説を読んで貰うと「うっわ・・・」というこれまたよく見て来た反応。

別にフラワーエッセンスが何かを治してくれるわけではないが、そこに本人の”良くなりたい”という強い意志があるとしたら話は別。フラワーエッセンスはきっと強い味方になって来る。

で、ぶっちゃけて言えば生まれ持っての気質とトラウマの合作が現在の生き辛さを作っているのだとしたら、理屈でどうこうして行ける話でもないわけで。

ただし、”良くなりたい”という方向のベクトルが色んなチャンスやツールを引き寄せてその人の願いを叶えて行くということには変わりない。

頑張れ、頑張れ。でもって、あなたは何にも悪いことしているわけじゃないぞ!とそんな願いを込めて、今日も一本のボトルを作成した。

彼女が彼女らしく輝いて行きますように。

今日はお久しぶりに会えて本当に嬉しかったよ。ありがとう。

そして、本音を言えた瞬間のあなたはとても可愛らしかったよ、ありがとう。

********************

そのAちゃんとのセッションの直後にHちゃんが訪れて下さった。

何とまあ、今日はお久しぶりな人シリーズだった。

元々近くではなかったのだけどね、ご結婚なさってからさらに遠くへ行ってしまわれたのだ。

せっかくなのでご紹介などするとお二方が「あ、パンツがお揃いですね!」と笑い合っている。

あ、ほんとだ。カーゴパンツも可愛いね。私もそういうの買おう。

と、気軽にそう呟いただけなのに、「・・・。」と二人でこちらを見ては「止めといた方が良い。」と仰るではないか。

何でよ!私だって似合うよっ!絶対似合うって!

「いやいや。。。」と言われるのは本日たまたまブリブリの花柄ワンピを着ていたせいだろう。

いっそのこと頭を昔風のカーリーかドレッドにして日に焼けてから履いたろうかっ。← どうどうどう・・・。ひひーん!

*******************

今回、Hちゃんが「今回はレイキのセカンドディグリーを。」とお申し込みになった際「あら?まだでしたっけ?」というくらい間が空いていた。

「でも、その前にファーストの復習もしたいし、ああ、普通にレイキも当てて貰いたいし、ああ、どうしよう?」という状態だったのだが、結局のところ、前日までにカウンセリングとセカンドディグリーということでメニューが落ち着いた。

それでも4時間くらいの長丁場になるので結構ゆっくり過ごせたような気がした。

それと、今日のカウンセリングはほーーんと話して貰って良かったなあ!あぶねーよ!という内容だった。

そして、レイキのセカンドで伝授するシンボルについて述べたとき、これほど喜んでいた人も居ない。

「これは正しく使わなきゃな!正しく使えていない人がああいうことになるんだろうな!」と食いついて来てくれたし、一番大切なことを把握してくれた手ごたえがあって嬉しかった。

この子はずっと年下の子だけれど、何だか妙に面白い子で昔から私のことを「かおちゃん」と呼ぶし、色んなことに突っ込みを入れて来る。

ので、セッション中は爆笑することが多々あるのだけど、改めて『正しく使います。大事に使って行きます。』と真面目に仰って下さったことがとても嬉しかった。

まあ、この仕事を初めてから本当に色んな方々にお会いして来たものだとつくづく思う。

今日のように物凄くお久しぶりの方々にお会いしてもつい昨日会ったばかりのような感覚になったり、はたまた脈々と続く一人の人生のドラマの貴重な局面に関わらせていただいたり。

ただ。

皆、それぞれの場所で本当に一生懸命、必死で頑張っているんだなあということを感じる日でもあった。

元気でいて欲しい。

落ち込んでも良いし泣いても良いし、色んなことがありつつも、やっぱり元気で存在して欲しい。

今日も深く感謝。

もう、ほんと、会えて嬉しかったなあ。

ありがと。

*********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

何度でも何度でも何度でも〜♪♪♪ の一万一回目

今日はHさんが訪問マッサージにお越し下さる日でもあった。

「調子はどうですか?」と訊かれればまあ毎月と同じ。

耳と同じくらい目を使う仕事でもあるし、はたまた表現の喉チャクラがある首もコリコリ。首に連動している肩もコリコリ。

というわけであまり良くない意味で「いつも通り。」と答えるのだけど。

しいて言えば、最近、飲み過ぎな件。

家族を含む仲間との楽しい付き合いが密集していた時期でもあった。

で、全く知らないセラピストさんと違って色んな雑談も出来るので、このマッサージの時間自体が楽しい時間でもあったのだが、先月から飲み始めて下さったフラワーエッセンスについての効果を聴かせていただいたとき、物凄く嬉しかった。

「嘘ー・・。って思うけど効いちゃうんですよね。」

まったく持って仰る通り。

(あ、ついでに先日書いた先行してご利用して下さった方々の特典について明記してなかったのですが、モニターして下さった方々には感謝を込めてこれまで通り、カウンセリングのお帰りまでに無料でエッセンスボトルを一本お渡しします。

で、願わくばお話を聴いてから細かく処方を変えたり減らしたり足したりして行きたいので、次のボトルをご所望の際にはカウンセリングをお申し込みになって下さいね。

教育分析をご利用なさっているカウンセラーの方々でも、先行してお試しして下さっていた方々はうちの在校生や卒業生の方に限っては、教育分析の際に無料でお渡しとなります。)

********************

楽しいことがいっぱいあっても頑張っていないと言えば嘘になるので、身体の毒素がマッサージによって抜ける抜ける。

自分から出たものを浄化するのにベランダ全開にしたりセージをもくもく炊いていた。

でも、気持ち良かったなあ。

自分では手が届かないところってあるのよね。

*********************

そしてKちゃんとの教育分析。彼女もフラワーエッセンスを前回からお試し下さっていて、何と一週間で飲みきってその後空だったとのこと。

で、Kちゃんのパターンでもあるけれど「わかんない。」という、よく出会いたての頃に聴いていた言葉が出る。

え?物凄く変わっていますけど?輝いているんですけど?

それで「あー、やっぱり激しいことばかり求めているからだ。」と回想なさるのだけど、自覚のある無しに関わらず良くなって行っているならそれで良いじゃん。

でも、願わくば、幼子を育てる時の親のように小さな小さな進歩の一つ一つに手を叩いて欲しいなあと感じる。

無限の可能性とユニークさを秘めた目の前の素晴らしい人を見ては何度も何度もそう願う。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

様々な再会

お久しぶりのrさん。

いつかのように羽交い締めにしたいくらいだったのだけど我慢我慢。(笑)

でも、本当によく来てくれた。20120613.JPG

世の中の現状やら病識やら諸々の点で、色んなエピソードを聴いていていちいち共感する。

体験していないから知らないという点では仕方ない。

でも、自分が無知だということも知らずに何かを豪語している輩にはまいるとか。

かと言って例えば鬱病と診断された方々の状況や考え方全てに共感出来るかというとそうでもなく。

本当に、その”人”によるんだなあということ。

性別とか年齢とか闘病中とか健康だとか、そういうの抜きで、おかしい人はおかしいし共感出来る人は共感出来る。

言い換えれば、人の幸せというのは本当に人それぞれなのだということ。

私は常日頃こういった仕事をしているので、一般の人はもちろんのこと医療従事者の人間にまで「おかしい人多い?」という偏見に満ちた質問を受けては度々失望することも多いのだけど。

そんなこと訊いて来る人間のほとんどが自分自身物凄く偏った人間だったりすることも多い。

*****************

昨日ふと思い出したのだけど、訪問入浴のナースさんに「昭島のmさんを訪ねたときに『かおるは元気か?』と訊いて下さったという話を聴いて嬉しかった。

毎日忙殺されている上に最近あちら方面への応援を依頼されることがめっきり無くなったのだけど、tナースに彼のお元気な様子を聞けてとても嬉しかった。

どんな状況でも優しくて明るくて心が健康な人っているもんだ。

******************

セッション中にrさんが「あ、今日は花買って来るの忘れた!」と仰った。

またこの人はそんな・・・。201306142.JPG

しんどい時期にそんなお気遣いを。

毎月のように可愛いお話を持って来て下さって、それはそれで本当に感謝の極みなのだけど、どんな状況の中セッションに来てくれたか?ということを思うと、感謝と共に胸が痛くなる。

その後、nさんが心理学の勉強にお越しに下さった際、やはり「おおー!」と喜ぶ声が聴けた。

今の状況で顔を観れるってとってもラッキーよね。

そのnさんの手に大輪の花束があったのでrさん「ああ!さっき、今日は花を忘れちゃったなー!って言ってたのよ!」と。

色々と喋りつつも、しばし三人で花を眺めていた。201306143.JPG

先日名古屋のtさんが大きなアジサイを連れて来て下さったのだけど、一緒に生けたところ、うわー、もう一本一本が主役。

しつこいかな?と思いきや、色彩が合っていてとても綺麗だった。

****************

色んな花がある。

風雪に耐え、いつ辛い季節が終わるのか?と思いつゝも日々一生懸命生きている花や、踏まれても踏まれても花を咲かせ実をつける花や。

私には人間が星に見えたり花に見えたりすることがある。

いずれにしてもみんな素晴らしい個性を持っている。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

お知らせ/大事なものばかりに触れていた

今回はフラワーエッセンスのメニューをアップしました。

カウンセリングをじっくり行った後、あなたに今必要なエッセンスを処方して行きます。

先々、もっと詳しい解説を書いて行くつもりですが、とりあえずはお試し下さい。

”フラワーエッセンスという波動医学”

尚、これまでモニターとして自らお申し込みいただき、既に使っていただいている方々にはオーラソーマのコンサルの際と同様、特典がございますので、該当なさる方はお申し込みの際お知らせいただけると幸いです。

********************

引き続き低気圧でしとしと。

今日はAちゃんの授業のあとにBちゃんが教育分析にお越し下さったのだが、三人ともこの気圧について「いやいやいや・・・。ねー。」と。ああ、言葉にならない女の共感。

何だか今いち心も身体も乗り切れない天候の中でも、やることをこなさなければならないので多分必死で来た様相のAちゃんが着いてすぐに失くし物に気付く。

バッグを探しても無かったので「ちょっと下を見て来ます。」とこの雨の中を再び出て行かれた。

はいよーと返事をしたものの、茶など入れている場合じゃない!とすぐに気が付いた。

こんな日には古い傷も新しい傷も痛むはず。(これ、心身共にの話。)

足を怪我なさってるところを一生懸命階段あがって来てくれたんだから私が見に行ってあげれば良かったじゃん!

それですぐに後を追いかけて降りて行ったのだけど、まあ、同じくいつかのようにビックリした。

もう居ないじゃんっ!点すら見えないじゃん!

いつかはセッション前に隣のローソンという我が冷蔵庫に買い物に降りた際、遠ーーーくの方に杖をついて歩いて来るAちゃんを見た。

目が良いからかろうじて人物を確認出来るものの、まだまだ本当に遠かった。

多分私が店でちょい買いして出て来る頃に鉢合わせるタイミングだろうと思っていたのだけど、怪我しているとは思えないほど存外に速く、出て来たときにはとっくにマンションに入って行かれたということがあった。

のだけど、今日はあの時よりずっと早い。(まあ、回復しているからなあ。)

おーい、いったいどこまで行ったんだよーと駅までの道を少し歩いていると、今度はこちら向きに、あっという間に戻って来る姿が現れたのでビックリした。怪我しててもターミネーターですか。

「ああ、せんせいっ。」

あ、ありました?

「無かったです。でも、もういいや。」と言いつつとても残念そう。

ええ、本当に残念。

それでも、まあ気持ちを切り替えて一緒に事務所に戻ったのだが・・・、実は本日、こんな日には申し訳ないくらい創造的な内容でして・・・。

知識や体験を元に自分でセミナーを構築して貰う日だった。

「ああ、やっぱり。確かそうだったような気がしてました。」と言っては、結構早々に切り替えるところが立派。

なのだけど・・・今度は私が失くしものに気が付き騒ぎ出した。

のわーーっ、今度は私の指輪が無い!

「えー、やっぱり何か変な日だ!」

しかし、ものの三分ほどの騒ぎだった。

というのは、何となくあそこだ!と思って自分から近づいて行ったから。

台所のシンクの排水口の網の上にポツンとそれはあった。決して抜け落ちるほどゆるくないのに不思議だなあ。

それから再びワークへ。

頑張れ、頑張れ、一人作業。

ここは手伝えなくてごめん。でも、出来るだけで良いんだよ。

歴代の先輩方の無記名の資料出したりコーヒー淹れたり。

頑張れ、頑張れ。でも、手伝えない。

そんなことを思いつつ、時々ちらちら覗いたら、歴代の先輩生徒さんたちの資料に懐かしいものを見つけた。

一番カラフルな資料。

そして、その内容を思い出していた。

あっと言う間に一時間二時間と時間が経って、その懐かしがっていた主、本人がチャイムを押して訪れて下さった際には、とても感慨深いものがあった。

四苦八苦して笑ったり泣いたり怒ったりしていた歴史を思い出してしまうから。

****************

いつも、顔を合わすと喜ぶだろうなあ〜と想像する相手が来訪なさる際には、まだ暖簾の向こうで靴を脱いでいらっしゃる時点で「Bちゃんだよん。」なんて言って教える。

これを聴いたときの嬉しそうな顔をするときの皆の笑顔が大好き。

「あら。」とBちゃんの白い歯が見えるなり、Aちゃんが「あおーん」とも「ふああー」とも言い難い感嘆詞を発した。

心理学のこの回って、本当に不思議なのよね。この回をやったその後って、必ずその後ろに同じくどなたかカウンセラーさんが偶然予約をくっつけて入れている。

それで皆、受講している側はいっぱいいっぱい考えていたり、人によっては追い詰められているような気持ちになっている場合もあるので、そこに来て仲間や先輩の顔を見ると思わず上体だけが玄関の方へすがりつくように動き「あおーん!(助けてー)」となるわけである。

あるいは、これから授業という人の前の時間に同じく仲間が居ると「もう帰っちゃうのっ?!(二人にしないで。)」とかね。(笑)

そんなもんだから元々淡々とした方という印象のAちゃんが物凄く感情豊かになって来た歴史もこの場所にある。

隣に座って一緒に資料を覗いたAちゃんが「あ、これ、私のだ。」と発見。

無記名だけど個性が出ているよね。それ、もう、何年前なんだろうね。

「私のこのセミナーの出だしは・・・」と思い出を語って下さった際、「おお、覚えてましたか!」とこれも内心感動する。

私が内容言っちゃダメだけど御本人が分かち合ってくれる分には、それは最高の宝。

”愛とは何だと思いますか?”

そんな言葉が彼女の講座の出だしだった。

言葉はかっきり合っていないかも知れないが、愛とは相手のために相手本位の時間を費やすことだというようなことを語ってくれた。

なるほどーと昔聴いたときにも感動したが今聴いても感動する。

そしてその時、Aちゃんが言った。

「・・・・。ということは、自分を愛するということは自分のために自分本位の時間を与えること・・・ということですよね?」と。

内心「おおーーー。」と思った。ほんとだね。仰る通りだね。

Aちゃんがお帰りになった後、Bちゃんが「いやあー・・・やっぱすごいわー」的な呟きをなさった。「そうだよね。自分を愛するってそういうことだよねえ。」と彼女の着眼点に感動していた様子。

思った、思った。私も思ってた。

その大元になる愛の概念についての言葉を運んで来たBちゃんと言い、「ということは」と言葉を紡いでくれたAちゃんと言い、本当に人間というものは色んなことを教えてくれるし気が付かせてくれる。もう、全部が恩師。

中でも鋭いけれどシンプルな感性を持つ人というのは口数は少ないままにキラリと光る宝物をくれる。

********************

Aちゃんが帰る際、Bちゃんにも「これこれしかじかであれが失くなって・・・」と話していたのだが。

今日はとても落ち込むような残念な出だしでしょげちゃう上に、内容も大変なセッションだったので、その代りとまでにはならないし、同じく円形になるものだが全く用途の違うものをプレゼントしたのだけど、そんなやり取りを見ていたBちゃんが「あるかもよ!」と言った。

三人とも「そだね。あるかもね!」と言う気持ちになっていた。

そうして、Bちゃんとのセッションが始まった後、しばらくしてAちゃんからメールが来た。

ちょいと覗いて見ると「ありましたー!落ちていましたー!」というメールだったので、わーっと喜び、目の前のBちゃんの白い歯をまた見ていた。

「良かったねえ。。。」

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

貴重な日々にアジサイ / 精鋭という言葉が浮かぶ

毎月名古屋のTさんにお会い出来るのを楽しみにしているのだが、白ちゃんまで彼女が入って来るのと同時にテーブルの上から彼女を直視して「うお。」と言ったので爆笑した。

ところで、最近季節柄、気圧が低いが、特に昨日の夕方頃、雨が今にも降りそうで降らないという空模様の時間帯、電話が殺到した。

お天気というのは狭い範囲の地域でも結構違う空模様を見せる。201306121.JPG

例えばこの辺で言えば、立川は雨が降っているけど昭島やら小平では降っていないとか、諸々。

で、その時お電話が殺到した際、全部には出れなかったのだが、全員この近辺の方々だった。

きっと何とも言えない情緒になってたのだろう。その後、雨がざーーっと降り出す頃に少し落ち着くとか。

で、もちろん皆女性。特に同じような年代だったりとかね。

Tさんに出会うなりそんな話題も出たのだけど、人間の心もそんな状態ならば猫も落ち着かない。

Tさんと私が居るテーブルの周りをウロウロウロウロしていたかと思うと、突然バン!と音がしたので二人で横を見ると、何と、トイレのドアを全開に開けたあと、自分でもびっくりしたかのような顔をしてこっちを見ている白猫さんだった。可愛くて笑ろうたけどね。

『ど、どーやって開けたの?!』とTさんも驚いていたのだが、おそらくバン!という音は白ちゃんがジャンプしてドアノブを回して着地した音だったらしい。

なーにをそわそわしてるの?イライラするの?と玄関を開けてあげたところ、お散歩に出かけて、しばらくするとお腹を減らして帰って来た。少しは気晴らしになった模様。

目に見えない変化なので中々気が付けないのだけど、気圧だとか台風の影響ってどうしてもあるのよね。

そう言えば、白ちゃんも女の子だった。

**********************

Tさんは遠方からお越しになるので、ある時期からしばしば心理学の他にレイキをセットでお申し込みになることが多いのだが、今回はカウンセリングも承っていた。

すると四時間くらいの長丁場になるので、Tさん、大丈夫かな?とも思ったのだが、これが返って良いのだなあということにも気が付いた日だった。

いつもよりちょっとゆっくり話せた感があり、レイキの時間には一緒にまったり出来た。

沢山ハーブティーを飲んで下さって、束の間だけどゆっくりしていただいて・・・

とは言うものの、帰るの大変だろうなあ。

今月も白ちゃんと共に色んな祈りを込めてお見送りした。

*******************

その後教育分析が二件続いたんだが、お二方とも何だかお久しぶりな感じがした。

怒涛のような日々だったことだろう。

しんどくないと言えば嘘になる。

でも、思ったんだよねえ。

逞しいなあ、頼もしいなあと。

辛くないと言えば嘘になる。

けれども、一回り二回りも大きくなられて、それでも尚且つ自分を見つめていらして、笑ったり涙ぐんだり白ちゃんを愛でて下さったり。

本当にひきこもごもあるのだけど、今の私の目には、本当に頼もしく逞しくカッコよく、そして楽しみにしか映らなかった。

何かを手放すことが人生の呼気ならば、今、大きな大きな呼吸を彼女たちはしている。

ハードさとは裏腹に、とても美しい顔に見えた。

強くなったんだなあ。

いや、元に戻って行くのだなあ。

それは多分、綺麗ごとではなく、一つ一つの出来事に逃げずに向かって行っているからなのだろう。

私もよく休み、頑張りたいときゃ頑張ろう。

********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

長い旅路をありがとう / 未来予想図

岩手のs子さん、心理学第二回目。

遠方でしかも内地の方へ転勤なさったことだし、来れる時に少しでも進めようという試みなのだけど、いかんせん表面に見えない心の筋肉を使うので、ある意味普段疲れないところが疲れる。

心理的なことに興味がある彼女だから『面白い!』と感じることも多々あるのだけど。

二日目において「疲れましたか?」とお訊きするとやはり「疲れました。」という笑顔。

色んな意味で疲れないと言えば嘘になるよね。

でも、本当に良い顔していますよ。

あと「昨日マッサージに行って、『ああ、身体もケアしなくちゃなあ。』って認識しましたよ。」と良い経験をしたと語って下さる。

彼女の親友に値する方々お二人も彼女の近況を聴いたとき片や『S子ちゃんが自分のことを考えてくれて嬉しい。』と感涙して下さるくらいの出来事があったとのこと。

それほど教職というものに全てを費やして来たということが垣間見れる。

けれども、もしも自分が愛されているのだということを腑に落とすと、そして、本物のせっかちならば、如何に自分を大切にすることが大事か?ということの重要性を知る日がやって来る。

まずはスタートを切った6月。

それでも歩幅の大きな二歩。

気を付けて帰ってね。それはそれは大切な御身だから。

******************

今日、もうすぐ最終セッションの時間となる数十分前、とある方から電話がかかって来た。

とても厳しい状況で遠方から毎月お越し下さっていたのだけど、今月の初旬、初めてキャンセルをせざる得ない状況になっていた方。

これまで重要なエピソードを聴かせていただいて来たので、むしろ、これまでがよくぞキャンセル無しで来れていたなあと思っていたくらいで。

それから数日後、彼女のことだからどうしたら良いか?ということを自分なりに一生懸命考えたのだろう。

そして先のお日にちで予約を承っていたのだが、苦しくて苦しくてまずはお電話を下さった。

彼女の言うことがよく分かった。まったくその通り。理論は分かるんだけど、もう、もう、本当に辛いんだよね。

どうして良いのか分からないんだよね。

ひとしきり状況を聴かせていただいた後、当面の処置として、応急的な提案をしたところ受け入れて下さった。

そして、今度の方針や方法がそういったことで定まった後、私は一人の人間になった。

待て。待ってくれ。まだ切るな。切らないで。

一つだけ確認しておきたいことがある。

これはまったく持って私自身の感情で申し訳ないのだが。そしてあなたの人生だからこんなことを言ってはいけないのだが。

一人の友達として思う。

一緒に婆ちゃんになろうな。

うーんと性格の悪い婆ちゃんになるかも知れないけれど、とにかく一緒に婆ちゃんになって、この時代を生きて行こうな。

プレッシャーになるのかも知れない。

でも、そう言わずにはいられなかった。

それは感情的なことだけでなく、客観的に見てもやりきれなかったからだ。

何故、あなたがこんな目に合うんだ?という理不尽さから、色んなことを思うと、多くのものを取り戻さなければ、やりきれないという気持ちになったからだった。

一緒に生きて行こうよ。

ああ、好きなように。

*********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

そしてスタート / ドンマイ

もうだいぶん前に予約をいただいていたのだけど、日々が過ぎるのは早いもので、岩手のs子さんがお越し下さる日となった。

今日と明日と連日で心理学を2セッション受けて行かれる予定でお泊り先を訊くと立川の某ホテルだった。

余談だけど立川にはホテルがとても沢山あるのだけど、海外や地方からお越し下さる方々の多くのご利用がこのホテルに集中するのが不思議。

それはともかくとして本日から新しい旅がスタートしたのだけれど、それより何よりまたお久しぶりにお会い出来たことが嬉しかった。

それでも距離を思えば結構多くお会い出来ている方だと思う。そして、今回は以前お住まいだった地域よりさらに遠くへとお引越しなさったので乗り越えて来た壁も以下ほどかと。

以前いらしたところと内地とではまたずいぶん距離があるのよね。どちらにしても遠いことには変わりないが。

それはそうと第一回目の講座からして全神経が集中していることを感じた。何より一つ聞きもらさらないようにしようとするその姿勢を。

雑談も面白かった。(笑)

ふとしたきっかけで「あれ?もうお幾つでしたっけ?」などという話になった際にはやはり驚くことになる。

出会ったときのイメージのまま止まっちゃうのよね。だからついつい「ええ?もうそんなになったの?!」と驚いてしまうのだが、自分もそれだけ歳を重ねたということや、彼女と出会ってからこれまでのことを思うと、万感の思いが込み上げてくる。

それは話し方にも出るしオーラにも出るし服装にも出る。話せばものの考え方にも出る。

s子さん、変わったねえ。。。

一番最初にカウンセリングをスタートさせたあの三茶の一室での出来事を今でも覚えている。

そして、今日また新たなる旅が始まった。

「いつか、いつかって言っていると、ほんとにいつになるかわからないから!」と元気に飛び出して来た。

でも、疲れないはずがない。

一日目の講座の後「この後、マッサージへ行くんです!」と仰る満面の笑顔を目にしたときも、それは名案♪と思い、やはり「(良い意味で)変わったねえ。」と思う。

彼女にこういったことを言う機会は少ないのだけど、喜びを持って言った帰り際。

「また、明日ね。」と。

******************

変わったと言えば、その後お越しになった個性的なママりんyちゃん。

出会いたての頃からよく旦那様とご自身のブレスをありがたくも度々オーダーして下さっていたのだが、最初の頃はよく割れたり切れたり・・ということが多かった。

こういったことにも意味があるのだけど、yちゃんに限らず堅実に自分を大事にして来ると、段々そういったこともグンと減って来る。

何かよからぬ人の思惑や、よからぬ流れに引き込まれそうになるときというのは、あんまり認めたくはないのだけど自分自身の癖というフックによって引き寄せられたりひっかかったりするもので。

何年も経つうちに色んな経験をして素晴らしく成長して行かれた彼女と「最近良いよねえ。」とそんな話題をしていた先日だったのだが。

その後「フラワーエッセンスのボトルが割れました・・・。お代は払うのでまた調合してもらうのダメ?」というメールが来た際には「ボトルまで割るかっ。」と大笑いした。いや、久々だったよね。

*****************

日々色んな人々に会い、色んな人々の話を聴かせていただいていると、つくづく、ああ、頑張ってない人なんていねーなー・・・・と感慨にふける今日この頃だった。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

体内に満ちている水を入れ換える

どんな人との出会いにもギフトや学びが隠れている。

そして、それを充分受け取り学んだなら、ほんとのところ、もうそこに居る必要はない。

その関係が未だに心地良く沢山の恩恵を与え合う相互成長の関係ならば、こんなに良いことは無いし、いつまでも心地よい関係が続くだろう。20130606.JPG

ところが目先の損得でしがみついたり執着していると、自分の本心と表情、あるいは本心と言葉や態度におかしなほどのギャップが生まれて来る。

人は変化に不安を感じ、永遠の安定を求めようとするのだけど、その変化を受け入れることを頑なに拒むと致命的な共依存になったり、生涯何かがおかしいと思いつゝイライラした人生を送ってしまうだろう。

人間関係でも企業相手でも長引けば長引くほどトラウマが増える。

こんなケースは山ほどあるのだけど、昨日少しだけこんな事例に関連しているというかかすめているエピソードをお聴きした。

もっとも彼女の場合、闘病を経て、近年ご自身の直感や客観力が物凄くクリアになったカウンセラーさんだった。

なのでハッキリと「あの関係はもう嫌だ。」とシンプルに感じることが出来る人だった。

心理学を学ぶというと、色んな学び方があるとは思うものの、推奨しているのは知識の詰め込みだけじゃなくて視野が広がり人生に生かしていけるというところなので、「まあ、見えちゃうと悲しい部分もあるけれど、その上で自分はどうして行くか?だよね?」という話になる。

逆に言うとそれが見えなかったり目を背け続けていると、何が何だか分からないまま同じ苦しみを伴う出来事が繰り返し起こる人生になってしまうだろう。

と言うまでもなく既に彼女の行く方向は決まっていたのだけど、ちゃっちゃっと進みたがる性分なので「こういうふうにしなきゃ。」とか「ああ、また環境変わるのかあ、大変だなあ、面倒だなあ。」という思いもあるかも知れない。

でも、もう彼女の心の方向性は決まっている。

それが決まっていれば、自ずと求める出会いが訪れる。

生きるということは呼吸そのもの。

古いものを吐き出して、スペースをしっかり作ってから必要なもの吸い込む。

吸い込んだから必要なものだけ残してまた吐き出す。

**************

ところで、この日、トラウマ対応のエッセンスが届いた。

先日からモニターやってくださっているクライアントさんやカウンセラーさんたちのお話を聴く度に「ああ、トラウマセットも購入しなきゃなー。あったら早いなー、必要だなー。」と思う場面が多々あった。

なもんで、到着した際には”待ってました!”と言う気持ち。

そうそう、トラウマからアクセスする方法というものもあるのだ。

もう要らないトラウマを手放すってのも呼吸だなあ。

それで、Aちゃんに「じゃじゃーん!今日届きました!」と伝えると「飲みたい。」と仰って下さったので、全7本のどれが良いでしょ?とゆっくり選んでいただいたのだが。

「・・・・・。全部。」と仰ったので爆笑すると同時に「ありだな。」と思う。

既に生まれ月に対応するエッセンスや感情と行動を変えて行くエッセンスだけで相当な数になっていたため、トラウマエッセンス用のボトルを別途作った。

ああ、これ、ブレスが2本必要だった先日のお二方と同じく理屈だわ。

しかし、思った・・・。私も飲もう。

自分を良くして行くことが大前提の基本だけれど、それを分かち合うことによって”皆で、皆で、みーんなで良くなって行く。”というこの理屈に最大の喜びを感じている今日この頃だった。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

カウンセラーズトレーニングの会 〜a Cup of Tea〜

今日はカウンセラーさんたちのトレーニングの会。

クライアント体験もする。もちろんセラピスト体験もする。20130528.JPG

毎月、一か月が過ぎるのは早いな〜とは思うものの、この会のときばかりは少し違った感覚をも持つ。

それは冒頭でお一人お一人が語って下さる近況の濃さや、それに対するシェアリングの濃さを目の当たりにした際に感じる。

何と濃い一か月であったことか。

回数を多くこなしている人ほど感性も鋭くなっていてキャッチする情報や相手の気持ちの変動も敏感に感じ取れるようになる。

それは視野が広がるということ。

こういったクライアント体験やワーク体験から逃げたままで、自分が他人様にそれをやるってのは本当に恐ろしいことだと思う。

自分という一人目のクライアントの心の動きや感性を育てたり体験することで、ますますそれは綺麗ごとではない真実のセラピーへとなって行く。

*********************

ところで今日は何だか、皆さんにお会いした際に、皆さん全体的にオーラが明るいなーと感じてた。

オーラが明るいと肌色も明るくなるのだけど、同時に生命力に満ち溢れた美しさをも感じる。

一か月に一度の会とは言えど、教育分析でちょいちょいお会いしているので、「この短期間の変化は何だろう?」と不思議に思っていた。

特に今この時期はみなさん新しいことにチャレンジしたり環境を変えようとしたりしていて過渡期。大変だし疲れているはずなのに。

すると、各方面からフラワーエッセンスのお話も出て来た。

モニターしていただいているようなものなのだけど、ある人は、先日の教育分析の後下さったメール同様「私、こういった状況でこういう状態でいられたんですよ。」と言うお話をさりげなく聴かせてくれる。

ええ、さりげなく聴かせてくれるのだけど、実はそれって凄過ぎること。だって、何十年も続いて来たパターン、下手したら遺伝的なパターンだったかも知れないものをこんな短期間で打ち破りかけているんだもの。

その後、とある方は身体的なことについて「先生、私、あれから、ここの部分がこうなりました。」というとある事実を教えて下さった。

思わず「ええっ?!何?!」と素でビックリしてしまった。

つい数日前に教育分析にいらした際から飲み始めたばかりなのに、早過ぎないっすか?

そんな話があちらこちらから出るとき、ふと動物や子供には早期に効くという法則を思い出した。

しかし、次の瞬間、ああ、そっかあーと思い当たるふしがあった。

皆大人だから、それぞれの生き癖やパターンを持ってはいるものの、この方々が今まで持っていた生きづらさってのは、言うなれば”人として”とか”普通こうじゃないか?”というようなことに関する常識はずれな人に対しての憤りが多かった。

言い換えると、それは歪みだとかネガティブなパターンだというよりは、むしろ真っ直ぐだったからあちらこちらにぶつかって傷ついて来たということでもある。

おまけに共通の目的を持って心から自分育てをしたいと決心してる人々でもあるので、それはもう動物や子供の純粋な直感に近いものがあるんじゃないだろうか。

ブロックとは言い難い。

それを思うと、色々な奇跡が奇跡ではないように思えて来た。

********************

今日は、a cup of teaというワークを行った。

これは、エンプティチェアの変形バージョンと言っても良いかな。ええ、とてもゲシュタリティー。

生きている人から死別した人、今は会えない人や身近な人、誰でも良い。

銘々が、その人物を招待して一緒にお茶を飲み、伝えたかったこと、伝えそこなったことを話すという貴重な時間だ。

それぞれ、色んな人々に出会っていた。

感情は喜怒哀楽のどれを出しても良いし何を伝えても良いということにして出来るだけ縛りを少なくしていったが、自ずと全体的に感謝という感情を出している人が多かったなあ。

別段しばりがないので楽しい話をしたって良いのよ。

でも、皆、挑むよねえ。さすがだなあと思った。

号泣して抱き合う人、過去お世話になった人にお礼を言う人、人それぞれだったが、そこにも色んなパーソナリティーが出た。

少し詰まるところもあったので、私も参加して本気のデモもやった。

召喚された方の人物役をする方は、どなたも本当に優しかった。愛にあふれていた。ええ、一匹の猫になって下さった人さえも。

*********************

「いやあ、このワーク、すげー。」という感想も多かったのだけど、これ、あなた方だからこうなるんですよ。(笑)

でも、伝えたい人に伝えたいことを伝えるその勇気。

そしてそれを受け止める勇気。

今日もハードになっちゃったのだけど、皆、素晴らしかった。

**********************

心の筋肉を鍛えたり、施す側になるために施される側を体験したり。

色々だったのだけど、時に今日はある方の誕生日会も兼ねていた。

皆へとへとーのお腹ぺこぺこーになるのでピザもとっておいたのだけど、何と、お誕生日だった方のためにKちゃんがモノすごーく美味しいチョコレートケーキを用意して下さっていた。

お疲れさまの会の後、しばし皆で盛り上がっていた。

「き、きつっ!a cup of tea、きつっ!」という声がしたり、美味しいものを頬張りながら「幸せー!」という声も錯綜していた。

この筋トレは、また確実に皆さんのことをますますタフネスに、そしてますます感性豊かにして行く。

とは言うものの、本当に疲れたねー。

でも、今日も頑張ってくれてありがとう。

笑い過ぎたり泣き過ぎたり、今月もまたそれぞれに色々なものを心に持ち帰って行く星々を見送った。

**********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

きらきら光る

Mちゃんがいらっしゃる少し前に部屋を出て行った白ちゃん。

あら、お迎えに行ったのかしら?と思ったのだけど、すれ違ってしまった模様。

その次にHさんが出張マッサージにお越し下さった瞬間にも「あら、居ないの?」と残念がっていらしたのだけど、お二方とも開け放ったドアから廊下へ向かって「白ちゃーん、白ちゃーん。」と呼ぶので面白い。

私も「白子やー。」と呼んで見る。

もしも同じ階の部屋に居るとしたら、三号さんが必ずやこの声を聴きつけてササッとドアを開けて白子さんを解放して下さるからだ。

しかし、居ないらしい。

暑すぎず、寒すぎずの今日という日よりをどこかで楽しんでいるのだろう。

Mちゃんはとうとうご自身のカウンセリングの時間内に会えず、リフレをして下さりながらHさんが「ひょっこり帰って来そうなんだけどなー・・・。」と仰っていたのだが。

他の話題に移って我々が忘れた頃にひょっこり現れるのが白ちゃんでもあって。

まったく他の話題をしていた際に、ほんとにひょっこり帰って来た。

私はリフレをしていただいている最中なので足がオイルだらけ。そして頭が壁側に向いていたのですぐに気が付けなかったのだが、「あ!帰って来た♪」とHさんが先に見つけてくれた。

すすーーっと寝ている私のところへ寄って来ては顔を近づけて「どうしたにゃん?帰って来たにゃんよ。ほら、あたし、帰って来たにゃんよ。」とスリスリしてくれていたが、動けない私の代わりにウエットのご飯を用意して下さったりドアを閉めたりしているHさんの方をハッ!と振り返り駆け寄っていた。

姿は見えないけれど、まあ、よくよく沢山ご飯を食べている様子が聴こえて来る。

その後は、Hさんも続きを始めてしまったので、寄って行っても「ごめんね。オイル触っているから撫でてあげられないの。」と言われ、渋々毎月の定位置に行ってドテッ!と横になった。多分、そこからが一番この様子が見えるんだろうなあ。

そして、時々テーブルの上へあがっては水を探している様子が見えて笑った。

三人続けてお客様が来た折り、片づけていないカップやティーポットなどがあり、「あれ?どれだっけ?」と迷っている姿が可愛かったから。

Mちゃんがお帰りになる際、循環している猫用の飲水ポンプの皿を見てHさんが「あ、あれ買ったの?」と仰ったので「ええ、でも、一度も飲んでいるところを見たことがありません。」と言って爆笑。

猫さんへの気遣いはこうして徒労に終わることが多い。(笑)

で、もっと面白かったのは、それを聴いたMちゃんが「え?あれ、飲み水なの?」と仰るので「何だと思った?」と訊いたらところ、返って来た答えが「加湿器。」だったのでまた爆笑した。

彼女との思い出の中で幾場面か部屋にあるものについて「かおるさん、これ、何?」と訊かれたことがあって、それがフューザータイプだったりペーパータイプだったりと色々だったのだけど、冬場の私の答えがいつも「加湿器。」だったから。

「確かに加湿器になるかも。」と三人で笑っていた。

そうだ、加湿器だと思おう。そうすれば空しくない。(笑)

いや、でも、気が向いたら飲んでね。

しかし、今日もテーブルの上に置かれた透明カップの水をゴクゴク飲んでいる白ちゃんだった。

********************

ふと気が付けば、やはりいつも疲れが溜まっているが、足や肩をほぐして貰うと著明にそれが分かる。

あー、気持ち良かった。水やハーブティー、いっぱい飲んでおこう。

********************

とあるエピソードを聴いたとき、とある方が「いやあ、戻った。元気になって来ました。」と混乱期を脱した話をして下さっていて。

確かに元通り良い顔に戻っていて安心した。

「一本目のブレスが来たときにこういう変化があって、二本目でこうなって、あと、フラワーエッセンスも良かったのかも知れない。」と嬉しいシェアを下さったのだけど、一番強力で確かだったのはあなた自身の力。

ただ、どんな人でも自分を傷つけるような世界観に長期間さらされると混乱するし、どんな人でもその力の出し方が分からなくなってしまったり自分が信じられなくなってしまうものだ。

でも、それを話して整理してみたり、ちょっとしたツールを使うとそれを思い出して来る。

だから良くなるかどうか?というのは、如何にその人が良くなりたい!立ち上がりたい!と思っているかにかかって来る。

ツールや各手法も素晴らしい。

でも、そのツールの裏側には、それを作り上げて来た人々の文化や歴史や努力があって、そういったものが生まれて来たということは、この世界のどこかに自分と同じようなことで苦しんだことがある人が沢山居たし、今も存在しているということを示す。

私、そういったツールが存在する現代はそんなに悪いことばかりの時代だとは思えない。

そこに携わったり頭を捻ったり研究したり、多くの時間を費やして下さった先人たちを地上の星のように思う。

つくづくそういう思いをした人にしか見ることが出来ない素晴らしい星々だ。

そして、今日、そんな話をしてくれた彼女を目の前にしながらも内心思う。

あなたもそんな輝かしい星々の一つになるんだよ。今、研磨しているんだ。

何故なら、それを望んだから。

とてもとても強く美しく輝く個性的な星の一つだ。

きっとそれは多くの暗闇を照らす優しい灯の一つになる。

**********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート

posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

嬉しいニュース

白ちゃんが健やかに過ごしている。

そして、昨日のこと。

フラワーエッセンスのコンサルを受けて下さったBちゃんからのメールを読んでとても嬉しくなった。

彼女、家の周りに集って来る野良ちゃんを幾匹か家族として迎え入れて下さり、昨年から色々なことがあった。

そして、一つ一つ考えては乗り越えて行った方。

で、やはり猫も人間と同様にメンタルがあるし、メンタル体の影響がフジィカル体という肉体に影響を及ぼすこともある。

でも、思うに野良ちゃんだった頃よりはましだと思うのだ。

もしくは野良ちゃんだった頃には症状というサインを出すわけには行かなかっただろう。

虐待を受けたり辛い幼少時代を送って来た人間という生物と同様に、安全になってからそのサインが症状として出る。

言うなれば、サインを出しても安全で、しかもそれを受け止めてくれる相手が存在するようになってから出てくるというケースが多い。

もとい、私は5年ほど前、白ちゃんという一匹の猫に出会ってから、年々絆が強くなってしまった。

昔から寂しさという感情はあったのだろうけど、会えない時間にはその寂しさという感情を互いにハッキリ感じるようになって来たように思う。

では出会わなければ良かったのか?

それは違う。

沢山の心配をするよりも共に過ごす時間を神様からのプレゼントなのだと思って過ごすことにしている。

のだけど、何せ白ちゃんが不平を言うことがあるので多頭飼いなさっている方々のことを羨ましいなあと思って居た。

自分が不在のときに少しは寂しい思いをさせなくて済むのではないか?と。

ところが、色んな方々のお話を聴いているとそうとも限らないようで。

考えてみればそりゃそうだよね。心があるものね。

私たち人間と同じで嫉妬したり恐怖があったり色んな感情が出る。

もとい、とある症状で心配なさっていたBちゃんが、ご自身の魂の成長のためにフラワーエッセンスをご希望なさった際、猫さんの分も処方した。

あれからそんなに時間は経っていないのだけど、Bちゃんも猫ちゃんも症状が寛解して来ているという様子のメールを下さったので、とても嬉しくなった。

そして、Aちゃんに置いてもまたよく似たパターンで、二匹の飼い猫さんにそれぞれ身体症状と精神症状が出ていたので、これまたご自身の分をご希望なさるのと同時に猫さん用にもブレンドしたのが今月だった。

それから来訪して下さったのは今日で二回目。

一回目のときにも嬉しいお知らせを聴けたのだけど、今日もまた嬉しいお知らせを聴けた。

なーんか、本当に嬉しいなあーと涙ちょちょぎれる。

もちろん私にも生き方や考え方の癖がある。

だから私も根気よく自分用の処方を使っているのだけど、皆が皆、そして皆さんの猫さんたちもみーんな健やかに幸せに過ごしていけたら良いな。

おっと。アフォメーションにしなきゃ。健やかに過ごしています。ありがとうございます。

それにしても、うーん、動物は素直でブロックが少ないので即効性があるってのも分かる。

しかし、先のお二方にも芯が一本通って効いているというお話を聴くと、「あれ?なんか、私が一番効いてねえな。」と気が付く。

しかし、レイキも教育分析もフラワーエッセンスもオーラソーマの魂の成長となることを、これからも根気よく続けて行こう。

まずは自分が幸せであること。

自分に嘘をつかないこと。

これがセラピストの最低限の条件だと思うから。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

心の旅

Oさんは昨日から立川に宿泊なさり、2日目の今日、クリスタルヒーラー養成講座アドバンスを引き続き受講なさった。

そして本日は昨日のKちゃんと同様の理由で、うちのカウンセラーのMちゃんに持っているものを分かち合った。201305202.JPG

Mちゅんも同様にうちのアクセをチョイスし、クリスタルヒーリングが浸透していて、持っているカウンセリングスキルとその信念によって有効なツールとして使ってくれるだろう。

たった2日間では伝えきれないものも沢山あるが、oさんの場合は昨日感じた通り、石と心で付き合ってくれていたし、応用編に必要なカウンセリングを行ってその人に合った石をチョイスして行く際も、一生懸命心で聴き、一生懸命考えるという体験をして下さった。

昨日Kちゃんもシェアリングしていたのだけど、この人は優しい人だ。

きっと良いセラピストさんになる。

その前に、自分自身を癒し守り抜いて行くと言う決心が誰にとっても通過儀礼としてあるのだけれど。

そして、昨日は初対面のOさんがお越し下さるのと同時に外へ出て行った白ちゃんだった。

昨日という日は一日中フロアの一階で過ごしていた様子だったが。

今日はOさんがお越し下さる前、Mちゃんの教育分析の間にはテーブルの下、私の足の間で香箱を作って過ごしていて、Oさんがお越し下さるのと同時に、もっと奥の椅子の下に移動して話だけを聴いている様子だった。

ところが、Oさんがクライアントさん役をしてMちゃんがカウンセラー役をした際のこと。

最近諸事情でロールプレーのトレーニングが空いていたMちゃんだったが、以前の急ぐ癖がほとんど抜けていて、よくよくちゃんと聴けていた。

相手の痛みに呼応して言葉を失うところは仕方がない。むしろそんな一面がなければカウンセラーとは言えない。

けれども、練習のこの場面できちんとヘルプを求めて、その後、きちんと勇気を持って踏み込んだ。アサーションもした。

強く生きて来たクライアントさん。とても大人な一面を確立して来た女性。けれども本当の心の関わりをすると自分でも分からないくらい感情が込み上げてくる。それが本当の本当の感情だ。理屈ではなくて。

そのあたりから白ちゃんの様子が変わって来ていたが、いざクリスタルヒーリングの実習に入ったところ、横たわっているクライアントさんからは色んなものがデトックスする。

セラピストはその様子を傍でじっと見守るという簡単だけれど難しい作業をしているわけだけど。

ある瞬間、白ちゃんが昨日今日と距離を取っていたOさんのところへ近づいて行ってウロウロと様子を覗い、そして身体の上に上り出した。

そして、Oさんの身体の上に両足を付き、傍らに居るMちゃんに向かって必死の大きな黒目でサイレントニャーを連発する。

多分彼女にとっては「おまえたち、何しているんだ。こんなに悲しそうじゃないか。こんなに傷ついているじゃないか。何かしないのか?」と言うようなことをどう言えば分かって貰えるのか?と言わんばかりに口だけを動かして連発するサイレントニャー。

くすくす笑いながらも涙が出そうになる。

Mちゃんは「大丈夫。白ちゃん。Oさんは強いんだよ。」と真正面からきちんと白ちゃんに答えた。

そうすると白ちゃんは、「うーん・・・」という顔をしていたが、やがてOさんの足元へ行き、どっと身体をもたれかけ密着する形で寄り添った。

護りたいのだろうなあ。

何故これまで遠巻きにしていた白ちゃんがOさんに近付き突然寄り添ったのか?というと、Mちゃんのカウンセリングによって、本当のOさんが顔を出してくれたからだ。

人間も猫も同じ。分からない人は怖いし、抑圧された何かを感じ取ると自然に距離を取ると言う生物の本能がある。

それは悪いことじゃない。

けれどもカウンセリングを含めたクリスタルヒーリングが終わった後のOさんの顔はとてもあどけない可愛らしい表情をしていた。

*****************

二日間、お疲れさまでした。

昨日も今日も「きっとまた会えると思う。」とカウンセラー陣に言われていたのだけど、多分、きっとそう。

二日間に渡っての三人のロールプレー、素晴らしかった。

休日を返上して来て下さった人、笑いをくれた人、暖かさをくれた人、人が怖い!というような体験をしても尚、”相手のために”きっちり踏み込んだカウンセリングをしてくれた人、大事な話をしてくれた人。

石たちもそれに呼応してキラキラしていた。

多分これはプロローグ。

皆それぞれの場所で夢への道を一歩一歩歩んで行く日々が見える。

********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

とある一室の宇宙

I県からクリスタルヒーラー養成講座のために本日から二日間に渡ってお越し下さっているお客様あり。

それにあたってうちのカウンセラーさんのKちゃんにアシスタントをお願いするにあたって思ったのは、”その場に居るのだから一緒にワークして一緒に受講して資格的なものもゲットして欲しいということだった。

実は以前にもとある方から同講座の申し込みがあった際、たまたまスケジュールが合っていたKちゃんに同様のお願いをしたことがあるのだけど、本クライアントさんのキャンセルによって話が流れたという経緯があった。201305191.JPG

そして何故こういう思いつきを持ったのか?というと、一つはKちゃんと言う人が元々はクリスタルヒーリングのためという目的で作っているうちのアクセサリーを長年に渡り購入し続けて下さっているということ。

もちろん他店でもお買い上げなさっていてそれはあたりまえなのだけど、メインとしては結局その時々に必要な石をうちで見ては自分で選ぶ力が月日と共に研ぎ澄まされているということ。

その時々の直感なのだけど、本当に「ああ、なるほどね。今はそれだよね。」とこちらが感心するようなチョイスをいつもなさるから。

無意識レベルで無駄なものが荷物やブロックになるということと
必要なものを持たないと損ということを知っているということだ。

本人としてはただ惹かれる&惹かれないの話なんだろうけどね。

ということは、既にうちの石や理念を使って相当ヒーリングが進んでいるということ。

Kちゃんに限らず時々こういう方が居らっしゃる。

もう一つの理由は、既にカウンセラーであるということ。

私は、医療も否定しないし、クリスタルやレイキやオーラソーマやフラワーエッセンスなどの代替医療も全て良いものだと思う。

しかし、長年色んな方々を見て来て怖いなーと思うのは、石やらカードやらその他諸々の手法に携わっている人が、心理学的に自分を見つめるという行為を行っていないということ。もしくは足らない。

それはとても危険なことだと思う。

ので、既に自分を見つめる習慣が板についていたりカウンセラーとして活動する力がある方には、どんなツールでも有益になるし、決してふわふわと現実逃避するツールにはなり得ないから。

そういうところまで辿り着いた方は何かのツールに固執し過ぎたりせず、ロジカルにそれらを使って行けると思うので、もしも本人が望んでくれたならいくらでも分かち合ってあまりあると考えている。

****************

ところで、I県から一生懸命Oさんが到着してくれた。

原理を説明したあと、はい、これで原理は終わり。

あとは直観&直感!

という段階に入ってからちょいと感動した。

二人とも素晴らしいバランス感覚だった。

一人一人と大事に付き合うように、数を求めるのではなく、一つ一つの石と向き合ってチョイスして行った結果、全身のチャクラに対応するにあたって不足しているストーンがただの一つもなかったから

さらに言うと、こうして出会うのも意味がある。

リンクしている石を選んだり、二人とも地に足をしっかりつけて自立し現実を生き抜きながらも、それでいて、上へ上へ伸びて行きたい!という意志があるからこそ選ばれたストーンたちだった。

Kちゃんのレインボーオブシディアンとエンジェライトに、Oさんのセレナイトやセレスタイトに魂の美しい意志や向上心を感じた。

これが石に纏わるあれこれの外の側面、つまりは物質的なことに囚われている人だったら決して出ない結果だった。

一日目の終わり、実習によって石でチャクラを整える体験をしていただいた。

それから、ストーンのカードを各自が引いて、自分の今の願いやブロックを打破するサポートをしてくれる石にも出会っていただいた。

皆、思いがけないストーンを引いた。ええ、私もね。でも、なるほどなあと思いましたよ。(笑)

明日はアドバンスで他者に施すことや、そしてちょいとしたグリッドで遊ぶ。

人と人とが集まるように、石たちも相乗効果を持ってある一定の目的に向かってエネルギーを放つ。

遊び感覚もありつつ実は人間の頭よりもロジカルに色んなことを教えてくれる鉱物たち。

そして、その鉱物と同じくらいに輝いている一人一人。

あくまで心理というベースがあるものの、こういったプレイはやっぱり楽しいなあと思う。

石はどんどん本当の自分と出会わせてくれる。

石のグリッド、人の織り成すグリッド。それは中心部からこの世界の隅々まで広がって行く。

******************

深夜、次女くんが帰って来て「見てー。」と言って見せてくれたVTRは赤レンガで行われたイベントでのリッキーGさんの歌だった。

もう、ほんとに良い声。

どんなに楽しかったか?どんなに美しかったか?ということを聴かせてくれた。

赤レンガや海の写真を見せて貰いつつ「お母さん、若い頃、この辺りで遊んでいたんだよ。看護学校もこの辺だったんだー。」なんて話をしつつ、非常に懐かしかった。

で、話は戻るんだけど、ほんとリッキーさんの声、素敵。

でも、それよりもわが娘の笑顔はもっと素敵に嬉しい。201305192.JPG

楽しい夜を過ごせて良かったね。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

あなたという花を咲かせましょう

”あなたという花を咲かせましょう”というキャッチコピーを某セミナーで見た。

この言葉が的確でとても気に入っている。

花には色んな花がある。

人はよく他者と比べたりするけれど、薔薇〜な方がダリア〜な方と自分を比較しても方向性を間違える。

自分を枯らさないように、大事に、でも丈夫に育んで行く。

カウンセリングやヒーリングだけに関わらず子育ても自分育ても、花を咲かせることに似ている。

******************

昨日から北海道からお越し下さって立川に宿泊なさっているクライアントさんがレイキのディグリーの総仕上げにかかっていた。

その昔、と言っても数年前までの私は自分の体力を過信して24時間体制で予約を受け付けていた。今考えると恐ろしいことなのだけど、病棟ナース時代でオペ室勤務だった頃とそんなに大差ないだろうと考えていたのだ。

のだけど、自分を知れば知るほど無理しなくなって、究極「夜を取るか?朝を取るか?」という選択で夜を取った。長く続けるには両方というのはやはり無理だった。

なので早くとも11時開始の日々を送っている。

それでもやんごとなき事情で登校拒否のお子さんや出社恐怖症の方などのご事情を聴いては、時折登校前、あるいは出社前カウンセリングなどを時折やっているので、その辺は臨機応変に。

で、今回も北海道からレイキの総仕上げの旅にお越し下さったセラピストさんが、何と、その日の夕方から速攻仕事に入るというので二日目の逢瀬は朝の8時。

お付き合いが長くて一度飲みに行きたいねなんて話も何度も出たが、それも無理なので一緒に朝食を摂ることにした。

それがとても楽しい時間になった。

ティーチャーさんになるにあたって今回はストーンの使い方やオーラソーマの浄化アイテム、そしてフラワーエッセンスの中にあるネガティブなコードを断ち切ったり他人のプロセスに巻き込まれないアイテムなどの話も盛り込んだ。

充分楽しくやって行ける仕事でもあるのだけど、やはり自分自身のボディやスピリットの保護を怠ると危険な仕事でもあるからだ。

何が怖いかというと自分だけでなくペットや家族、自分の大切な人にまで迷惑をかける。自分が傷ついたり汚れるということは、そういうことで、自分を大切にするということは、そういう意味でもあるのだ。

伝えられることは伝えた。

後は自分の感性で頑張ってね。でも、何かあったら言ってね。

「はいっっっ。今度は教育分析やスーパーバイズして貰うために申込んで、また飛んで来ますからね!よろしくお願いします!」

それは楽しみ!

・・・・・・・・。あ、今度は夜にしてね。

*****************

昨日のうちに一件キャンセルが入って、そこにAちゃんから連絡予約あり。「教育分析をっ。」とのことで。

先の方が終わってから少し間が空いたので、隣のローソン(つまりは私の巨大な冷蔵庫)に降りて行って、タバコと飲み物を買いに行った。

すると、駅の方向、むこーーーーうの方からAちゃんが杖をついて歩いて来ているのが見える。私、目が良いので小さくてもどんな様子で歩いているか?とか、誰なのか?ってのをすぐ見つけちゃうのよね。

それで、一分で買い物済ませて、実はローソンの前でAちゃんに「わっ!」と言って脅かそうとたくらんでいたのだ。

ところが、あれ?あんなに遠くに居たAちゃんが居ない。

思わず駅のずーーっと向こうの方まで見えるように少し道路寄りに移動して眺めてみたが居ない。

ということは。。。私が買いものしているわずかな時間で通り過ぎたってこと?何という素早い杖さばきだ!上達してもうたのね。

慌ててAちゃんを追いかけたところ、マンションの前でやっと追いつけたので大笑いした。

*****************

個人的なお話をなさっているのだけど、そこはカウンセラーさんなので、あくまで教育分析なのである。

で、何が起こっているか?ということを見つけたとき、「ああああ。」と笑っていらした。

こういうところも良いところだよね。こういうときに笑えるようにまでなったんだ。

そして、そこを乗り越えようとしている。

そこに法廷ゲームの話やドラマ三角形の話も出たのだが、この時の彼女は法廷ゲームなるものは習っているが、この世に蔓延しているドラマ三角形というものの概念は習っていない。


しかしね。先ごろのトレーニングの会で先輩が面白いヒントをくれていたのよね。

「私は今悪役ワーク中なの。」と語ってくれたことを彼女も思い出しては「なるほどー!」と意味が分かったりする。

先輩方がありのままに今のプロセスを自主的にワークして下さっているおかげで後続の方々が、例えタイムラグがあったとしても、とても深い理解を得ることが多い。まったくさすがである。

この先、その章に辿り着く前の具体例を、おそらく彼女はハイヤーセルフによって体験させられているとも取れる。

テキストの例だけでは不足しているけれど、自分が体験したことというのは魂から学ぶものなので。

必要な修行なのだろう。

そして、その修行の意味を受け取る頃、手放しが起こって、また環境が変わることもある。

とにかく、良い感じだよ。正しいプロセスを歩んでいるよ。

全てに意味がある。

*******************

その後、Yさんのお姉さんがカウンセリング及びレイキのセッションにお越し下さったのだが。

AちゃんもMちゃんも気付いていない。

最近よくあることなのだけど、初対面ではないのに、一度では気が付かないケースが多いのよね。

その人が時期と共に変貌して行っているので。

それで『ああ!』という歓声が遅くなることもある。

ところで、ヒーリングやカウンセリングの折り彼女が『うちの妹、変わったよね。』と賞賛の意味で感想を下さった。

ええ、でもね、Mちゃん。Mちゃんもクルクルピカピカ、どんどん変わって行っているんだよ。

自分ひとりでは気が付きにくいことだけれど、

皆、手法や通り道、考え方が違っていてもおそらくは同じ目標に向かって進んでいる。

とても優しい時間が流れていた。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

色んなものと・・・喧嘩になっている(が、すっきりさっぱり)

先日、とある方のオーダーメイドブレスを作ろうとしたところ、リーディングに山ほどの石の種類が浮かんで来る。

全てのヒーリングって、大抵はエッセンス程度だ。あるいはカウンセリングというものもそうかも知れない。

何かを行ったり自分を癒して行くのはご本人で、その方向性にほんのちょいとだけアプローチしたり、時には一緒に深く考えたりして行く。

なので、大抵はオーダーの場合は1〜2種類、あるいは多くても三種類くらいのエッセンスなのだけど、色んな明確な理由で必要な石が沢山あって、とうとう彼女の細い手首では一本のブレスに収まり切れなくなった。

無理やり入れれば入らないこともないが間に水晶は是非とも必要だし、各ストーンの個数まで浮かんで来るので大分長いことかけてその方のハイヤーと話し合った。(あと、オーラソーマのボトルも後ろでワイワイ言っているし。)

その結果、別途、入眠中に着けて貰うブレスを、あれとこれで作るということで話し合いは終了したらしい。

こういう話し合いって私はほとんど介入していないも等しい。まじにパイプ役で、このパイプを使うだけ。

でも、人間なんで、たまに口出したくなるじゃん。

で、途中で「クンツァイトは持ってらしたじゃないか。」とか「ローズクォーツも物凄く良い波動のやつを購入なさってたってば。しかも、あれ、お宅たちが薦めたやつじゃなかったっけ?」と文句や突っ込みを入れてはみるものの。

瞬殺される。

”あのクンツァイトじゃダメだって。おまえも分かってただろうよ!”とか
”こっちのローズクォーツを四粒なんだよ。”とか

果てはあんまりなんか言うと、大勢にため息をつかれてしまう私って・・・。

のだけど、言うとおりにすると、仕上がりが「なるほど。」ということになる。確かに、これは個人的な私一人の観念じゃ作れなかったとか。

で、ほんとは続いてすぐにでももう一本の方を作れと言わんばかりの勢いだったのだけど、この時ばかりは「頼むからちょっと待て。」と言う。物質界に生きているし、生きている人格ある人間が使うものなんだから、本人のご了承を得てからだってば。

こういうときも「いや、私たちの意向を伝えてくれたら、絶対『もう一本』って言うんだから。ほんとにおまえはいらんことを。もっと浄化してもっと突っかかりのないパイプになれ。」と怒られる。「レイキ、さぼっとるからだ。」

さ、さぼってないし。

しかし、当日、待ちに待ったご本人にお話したら、ほんとにそうだった。

・・・・・・。ああ、分かったよ。言う通りだったよ。

それにしてもつくづく色んな存在に守護され愛されている子なんだな。ほーんと騒がしかったわ。

で、後日、二本目のを手持ちのストーンで作ろうとした。もうストーンの種類は決まっていたからね。

が、「やっぱ、そのムーンストーンじゃなくてこういうの取り寄せて。」と言われた。。。。12o玉だって。

ちゃっちゃと終わらせようとゴムをピンに通したばかりだった私はさすがに眉間に皺が寄ったが、結果は分かっているので逆らわないことにした。

でも、重ね重ね、出来上がると、「・・・・。なるほど。」と何だか気持ち良いくらいに納得するのだった。

私はせっかちな人間なので注文した石が早く来ないかなと思うのだが、この時間の流れにすらおそらくちゃんとした意味がある。

*********************

今日はカウンセリングが終わった後、溜め込んだオーラソーマのコンサルの記録を整理して、フラワーエッセンスの処方などをして、途中でうむむむむ・・・と考え込んだり、また手を動かしたりいているうちに。。。

時計を見たら23時だった。しょえーーっっっ。

この時点でおのずと寝る時間が遅くなることが予測されるものの、最後に事務所にモップをかけながら、白ちゃんとお話していると、身体はえらく疲れているものの、気持ちがさっぱりしている。

今日もがんばったなー。白ちゃんもお疲れさまね。

そんなことを言うと、白ちゃんは香箱を作ったまま、「にゃん。」と返事をしてくれる。

**********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

スペシャルプログラムをこなしているらしい人々

Yちゃんと出会ったのは今の事務所の一つ前の事務所でカウンセリングをしていた頃だった。

初日の様子を今でも覚えている。確かあの頃は彼女、まだ独身だったのかそれとも結婚はしていたけれど今の娘さんが生まれる前だったのか。

その日、彼女の話を聴いた後、私は一本のオーラソーマのボトルを渡した。ブレス・オブ・ラブという名前の。201305131.JPG

人の痛みや苦しみと自分のそれとが区別がつかなくなってしまう傾向にある若き日の私もよく使ったことのあるボトルだった。

それから年月が流れ、事務所は移転し、彼女には可愛い女の子が生まれてもはや四歳。

数年前、とあることをきっかけにレイキや心理学を始めたのだけれど、いかんせん育児に仕事にその他諸々の事件があり、なかなか進まない状況だった。

でも、それで良かった。

それでも、しばしばカウンセリングを進めながらの今日までに彼女が大きく変わったから。

色んなことが目まぐるしく起こっている中、先日、彼女が言った。

「あたし、あの子が小学校にあがる前くらいまでには心理学を終わらせようと思うの。これこれしかじかな理由で・・・。」という気持ちを話してくれたとき、それは名案だなあと思った。

人には色んなペースがあって、あんまり間延びするのも良くないが、あきらめないその姿勢と気持ちを話してくれる頃、初めて出会った頃の彼女にはなかったポジティブな視点があった。

人が聴いたらとても辛いだろうと想像する状況の中でも、彼女は「こんな状況だけど、もしかしたら、これは悪いことばかりじゃないんじゃないか?良いことでもあるんじゃないか?」と言った。

その時、見た。

彼女の手が真っ赤になっているのを。

私も今の彼女のこの状況、後々のことを思えば多分良いことなのだと思う。

けれども、出会った頃のことを覚えているからこそ、改めてその視野の広がりに感動してしまった。

*********************

ここ一年ちょいくらい、割と詰め詰めで通っていた方が一か月ぶりくらいに来訪なさると「おおー、なんか久しぶりだねー。」という感じがする。(白せんせもそんな表情をしていた。)

ところで、最近、彼女は新しい試みをして新しい世界に飛び込んだのだが、最初の頃に予想した以上のことが起こっていた。

実のところ、長年この仕事をしていると、玄関を入って来た瞬間におおよその状況が読めるのだけど、やはりまずはお話を聴く。お気持ちを確かめる。

で、さんざんな環境に身を置いたら多少なりとも客観性を失ったり、何が正しいのか?ということが分からなくなっても当然なのが人間で。

でもね。さすが学んで来られただけあるよね。

自分で話している間に、ちゃんと自分が感じて来たことの違和感に気が付く。

そして、何故自分がその違和感を無視しようとしたり気が付かないふりをしようとしていたか?ということにもちゃんと気が付かれていた。


カウンセラーというのは、感情や気持ちの動きや、エネルギーの流れを把握するのだけど、そのことによって自分の言動や方針を変えることはない。ましてや、恐怖や強迫観念による言動は決して取らない。そこでそんなふうにぶれてしまったら、とてもじゃないがこの仕事はやっていけないからだ。

それでも、やっぱりカウンセラーも人間だから個人的な感情というものがちゃんとある。

出すべきか出さざるべきか?というのは、きちんと考えなければならないし、ほとんどの場合、出さない方を選択してじっとこらえて見つめたり待ったりするのだけど、命がかかっている場合とか大病を患う可能性があるような緊急事態には別なのよね。

本人を通して語られる先方の様子を聴いては「大切な未来の人材に何てことしやがんだ!」とか「ここまで立ち直って来るのにどんだけの時間と労力がかかったと思ってんだ、あんまりいじめるとぶち殺すぞ。」とか「そのやり方や人間観でこの業種を騙るなど100万年早いわ!」等々、特に私なんぞはガラの悪い人間なので、かなりのことを思っている。

でも、まあまあ、押さえて。大丈夫、大丈夫。本人が決められる。と自分を宥めたりとか。

そんでも元々が激しいのでちょいとお漏らし気味(笑)だったが、ある程度抑えてやっぱ良かったなあ。

だって、ほら。やっぱり本人が決められた。

感性豊かで頭の良い子だから大丈夫。201305132.JPG

誰にでもある所属の欲求とか威光暗示にかかりやすい傾向とか、はたまた誰もが持っているイラショナルはあるけれど、それでも大丈夫。

ちゃんと、何が一番大切なのかを知っている人だから。

どんなものが人を温め、励まし、どう扱われたら嬉しいのか?悲しいのか?色んなことをちゃんと思い出せる人だから。

この方のセッションの後、カウンセラーのKちゃんがセッションに訪れた。

人って、やっぱりいろーーんな人材が必要よね。

温かく笑いながら彼女の話を聴いてくれたKちゃんにも感謝。

****************

その後、Kちゃんが仲間の話をしつつ、「みんな、重大な使命があるから色んなプロセスを辿るんだね。最近そう思う。」と言っていた。

そして終盤の頃、先に訪れていたこの子に、この子らしい笑顔や口調が戻り、とある話の途中で、おもむろにご自身の胸に輝くラピスをパッと見て「修行させていたのかー、おまえ!」と言った。

笑いながら言うその声に、張りが戻っていたのでとても嬉しかった。

先は短いような長いような。

でも、そのプロセスを通過する際、良く食べ良く眠りよく遊びよく笑い、自分らしく行こう。

どんなふうに歩いても、必ず進んで行くのだから。

********************

夜、「仕事が遅くなってジムに行けなかった。」としょぼくれている夫をH市のTubeに誘う。Kキングさんの飲み屋さんね。

ほんとはBuzzに行きたかったのだけど休みだったってのもある。

でも、ここは早く閉店するから、お腹いっぱいになったらすぐに帰りたいタイプの私にはピッタリ。

ところが、10時半ラストオーダーの後、ほんのちょっとだけKキングさんやマスターたちと昔懐かしサザンの歌の話をしていたら、マスターがわざわざ古いサザンをかけてくれた。

ああ、もう誰も居ないのにすみません・・・とそれから一時間後に代行を呼んだのだが。

店の前を通りかかったBuzzのママとマスター夫婦をTubeのマスターが捕まえて店に引き入れた。

自分の店がお休みなので他のところで飲んで来た帰りだったらしいが、雪の嬢ことママさん、酔っぱらっていて可愛いこと。

「おおー!尾崎さんがいる!」と言ったあと、「グラス!グラス!グラスをもう二つ!」と叫んでふるまってくれた。

大抵はどこかの店のママさんやマスター同志がこうして自分ちが閉店すると互いに行き来して飲んでいるらしい。あるいは、今日のようにプライベートで歩いているところをひっ捕らえて店に引き入れて閉店後のひと時を楽しんだりとか。

仕事モードではないママたちが、もうー、ほんと可愛くて楽しくてそのまま居たいくらいだったのだけど、代行も呼んだことだし、明日もあることだし、私たち夫婦だけ席を立ったのだが。

「ああー、残念。また明日ね!」と雪の嬢に言われて「うん、明日ね!」と答えて、あれ?と思う。

あ、明日も行くのか?

いや、明日のことは明日考えよう。ってか、無理でしょ。

*******************

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

白さんを求めて / 素粒子レベルからの試み

電話カウンセリングが終わって、ぷはーーーっっっ! ← 息継ぎ。

今日はちょいと暑かったのでドアを解放して次のお客様をお待ちしたところ、同じ階の廊下の奥の方から「しろぉ〜・・・・。しろーーーー・・・・。」というやや小さめの声がエコーしている。(す、少し怖い。)

そして、それとは別に二階のフロアの方向あたりから女性の声で「白やー。白ー。」と。

思わずテーブルの下の白ちゃんをうかがって見ると、寝ている・・・・と思いきや、何と開眼していたのでビックリ。

どてーーーっと横になって手足も投げ出して長くなっているので爆睡して聴こえないんだろうと思っていたところ、何と猫の狸寝入りだったのだ。

・・・・・・・。反応したくないのね。若干眉間に皺も寄っているし「うっせーぞ。」という表情にも見て取れる。

まあ、そんな日もあるよな。よく分かるよ、それ。

昨日は、とあるカウンセラーさんが教育分析とヒプノセラピーにお越し下さる前に、久々の三号さんが玄関のチャイムを押して現れた。

両手を胸の前で組んで「もう、もう・・・GW中も全然来てくれなかったんですよ。白は元気ですか?」と激しく枯渇している様子。

あ、今、丁度ご飯食べているところです。

「ああ、じゃあ・・・しょうがないですよねえ・・・。でも、もしもご飯食べたあと来てくれそうだったら教えて下さいね・・・。」

はい。

で、飯を食べ終わった白ちゃんは眉間に皺を寄せてグルーミング中だったのだが、いかんせん、この後のヒプノの際にまた三号さんが訪ねて来られてはかなわない。

そこで平に平にお願いして三号さんのところへ行っていただいた。

その後お越し下さったYさんは三時間の長丁場の間「あーあー・・・」とガッカリなさっていたので、内心”白先生、ヒプノが終わりました!Yさんがいらしてます!帰って来て下さい!”と思っていたのだが。

いかんせん、うちの部屋のドアを解放していても三号さんの会社のドアが閉まっていれば帰って来れないよなあ。

そしてYさんがお帰りになり、他のお方のセッションの始まりの頃に三時間ぶりに帰って来た白さん。「やれやれ。」と耳を伏せて、鋭い顔をして帰って来た。

そんな昨日の今日だったもんだから、おそらく今日はどこにも行きたくなかったのだろう。

自分を呼ぶ声が廊下の方から聴こえても俄然無視。

ところが性懲りもなく三号さんが再び玄関のチャイムを押して「白、来てくれませんかね?」と現れたのは、一か月ぶりのRさんがいらっしゃる時だった。

うーむ。

「白ちゃん、○○社さんがいらしてますよ。」と白ちゃんを抱きかかえようとしたところ、すばやく両手で私に突っ張り!突っ張り!力はないのだけど、激しく相撲取りの技を使って逃れた。

これ、抱っこされたいときだったら自分から私に上って来るような動作をするんだけど、「まじ、嫌だ!」という仕草だった。

・・・・・・・・・・・。

玄関の方を振り返って三号さんに「今の見ました?」と訊くと、一生懸命愛想良く笑おうとしているけれど「はい。」という泣きそうな声。

そういうわけですので、いちおうこちらのドアを開けておきますから、○○社さんの方でも開けておかれては?きっと行く気になったら来ますから。ね?ね?

「はい・・・」とおずおず帰って行かれたのだが、Rさんは一部始終を見て「うひゃひゃひゃ!」と笑ってらした。ええ、ほんと、面白いでしょ。

結局、Rさんとの面談中も時折廊下の外から「白ぉぉー、白ぉぉー」という声が聴こえていたが、白ちゃん、首一つもたげずに、私の椅子の下で横たわっていた。

次に起き上がったのはカウンセラーのAちゃんが来訪したときだった。

要するに今日は「ぜってぇ、どこにも行かねーぞ。」という白先生の信念が貫き通された。「そんなに良い人(猫)ばかりやってられるか。」ということだったらしい。

******************

毎月、良い感じに少しづつ要らないものを手放して行かれているRさんが、ますます自分に何が起こったのか?ということや、今はどういう状況で、何故こうしてやっと心から休めるようになったのか?ということに関する自己洞察もますますもって冴えわたり。

今月も実に色んなお話が聴けたのだが、今日は面白いカードを持って来てくれた。

商売柄ね、もう、ありとあらゆるカードをクライアントとさん方に見せていただいたりプレゼントされたりもして来たんだけどね。

これは良いよ。可愛くて楽しくて物凄くエネルギーがある。

無駄なものは何もなくて必要なものがしっかりとある。

これ、凄いねー、と感想を何度も述べたところ「やっぱ、そうなんだ。」とけろけろしたRさん。ええ、ほんと良いもの見せていただいた。

あっという間に時間が来てしまいAちゃんがお越し下さって、RさんとAちゃん、初対面。

軽くご紹介した後、Aちゃんが私に「あの、先生!この間言ってたセラピー、私もやりたい!」と。

おうおう、猫の件ね。もちろんやる気だよ。心の準備しておいたよ。

のだけど、猫だけでなくご自身にも試みたいと。

彼女は違う系統で他社の理念によるそれを使ったことがあったし、猫さんにも使用したことがあったのだと。

それを聴いていたRさんが再び座り直し、「ええ、もうやってくれるの?じゃ、あたしも。」と仰った。

おかげでまた喋ってみて欲しいなあーと思う方々同志がしばしの間、お茶をして談話して下さる機会にもなって嬉しかった。

ええ、要するにオーラソーマの時と同じように、正式メニューには出さず、モニター期間はこちらのコンサルをご希望の方だけに広げてみようと思った。

ので、これもオーラソーマのときと同様、現物を買うというのでなければコンサルまでは無料で。

素粒子の波動医学だから速攻性はないのだけど、色んな角度からの心身のアプローチとしては長い目で見ればパワフルだと思ったから。

従来のものだと変容したり浄化してスペースが空いても、そこにまたネガティブなものをいっぱい詰め込んじゃえばまた最初からやり直しというパターンにもなりがちだったのだが、この理論は、

パーソナリティ(表面から見えている人格)に出ているネガティブな癖の変容→浄化→チャクラのアンバランスさを正し均衡を保ち真実からのアクションを得る→DNAに働きかけブロックを取り除き本来の正しい状態に戻す→促進(人生でのレッスンから学びを得ることにより大きく成長する。

というふうに、浄化するだけに留まらず、これら四つのプロセスを同時進行させてしまえることも可能だと言う。

(ほんとはこれ、真面目にレイキやっていれば道具なしでも起こり得るし安上がり。でも、こういうツールを挟んだ方法も良いよね。)

そんなわけでお二方の三つの側面からアクセスさせていただく機会をいただき、結局今日は、Aちゃん、Rさん、みやびちゃんに小次郎ちゃん、白ちゃんの処方をさせていただいた。

ほんとのところ、オーラソーマを初めて初期の頃のようにまだぎこちないので、性格的には完璧にマスターして慣れ親しんでからやりたいところだが・・・・・・、この後、白ちゃんの反応に、非常にビックリした夜だった。

どこかで「そんなちっとでいいの?」とか「理論は凄く素敵だけどまじですか?」ってのがあったのだが、動物ってのはブロックがないので人間より即効性があるらしい。

色々とまた学ばなければならないことが増えて来た。

そして、それらはレイキを基盤として全てが繋がっている。

何だかワクワクするような気持ちで、もうちょい勉強しなきゃな、したいなあと思う今日この頃。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

動かす力 / お大事にね / ピンクのラブ・フォレスト / クローザー / ああ、呑兵衛

す、すげー。アベノミクス。

日経平均が4年11か月ぶりに1万4000円に回復。

綺麗ごとじゃない。アメリカも日本も頑張っているのね。

数年前、とある人物が自分ちの庭で泣いていたというエピソードを聴いた。まともな神経じゃ泣くよね。

でも、あれから立ち上がったのですね。201305071.JPG

綺麗ごとじゃない。

人は立ち上がるんだなあ。色んなことを乗り越えて。

******************

もう5月の声を聴いてはや1週間。

GWが明けたのだけど、今年の春はまだ続いているようで。

春先の天候の変化の頃体調を崩した方々が立ち直る頃、第2弾で体調を崩す人たち続出。やはり季節の変わり目って辛いのね。

2件のキャンセルが出て、でもそこに他の依頼人さんが入って、それでも夕方から夜の22時くらいまでインターバルが空くという日だった。

休むのも休んだけど働き疲れ&遊び疲れのGW明けだったので少し良かったかも。

*****************

お昼、とあるカウンセラー志望の方が教育分析+ヒプノセラピーへとお越し下さる。

少々お付き合いが長いので「ヒプノはやったことありましたっけ?」と教育分析の終盤でお訊きしたところ、「いえ、初めてです。」とのこと。

そしてヒプノの目的をお尋ねしたところ、こちら側から見たニーズと彼女のニーズが一致していることを確認出来た。

でも、コースの開始と共にしばしばトレーニングにも参加したことがおありになる方で、まあ、他の方々同様「先生は厳しくて厳しくて・・・厳しい。」というありがたい感想をいただいている。(笑)

ほんとは優しいのに。(嘘)

しかも、彼女、プライベートで非常にストレスフルな日々を頑張っていらっしゃる方だし、近年、自ら望んだ大変革中。

なので、「うまくリラックス出来るかしら?うまく深化法に乗っかって来てくれるかしら?」という危惧が多少なりともあった。いつも力入っている人とか根っこが真面目な方って力抜くのが不得意だったりするじゃん。ええ、若い頃の私のように。

そして、彼女の抱えるトラウマも知っているので信頼してくれるかな?という危惧も。

他の方々もそうだけれど、本当に人を信じられなくなっても不思議じゃないくらいの壮絶な人生を送っていらっしゃる方って多いのだ。

でもって、そういう方に限って、人から見ると若く見えたり苦労して来ていないように見えたり軽んじられたりするという不等な体験も多くしている。

そんなこととは別に、だいたいのセオリー通りにヒプノを開始したところ、この方、自己の深みに入って行くのがあまりに早かったのでビックリした。

幾通りもある方法のどれを使おうかな?と、まだ様子を窺っている途中だったのに、既に彼女が大事な場所へ飛んで行ったサインが現れたのでビックリ。

や、柔らけーな。

怖い、辛いと言いながらも実は勇敢なんじゃねーの?

どこ?どこへ行ったの?

誘導する間もなく追いかけて行ったら、それは世界一素敵で美しい場所だった。

彼女の心の中の大事な場所。

幼い頃、一度辿り着いて、その後、同じ場所へ行こうとしたけれどとうとう2度と辿り着けなかった場所だったそうだ。

一緒に景色を眺めているうちに、何となく、その場所は、幼い彼女が彷徨っているときに神様が用意してくれた特別な場所だったんじゃないか?という気がして来た。

そこに新たなる未来の家具を配置した。それはお客様を迎えるのにとても素敵な家具だった。

怪我をしてこの場所を探し求める人のために、分かりやすくする目印も考えてくれるとのことだった。

彼女は家具と共に大きな意味をも配置した。

きっと、多くの子たちが訪ねて来るかも知れないその場所に。



ああっっっ!でも、しもた!
頼まれていたお父様のブレスレット、渡すのを忘れてしまった!せっかく間に合わせたのに!悔しい!

*******************

それからまた他のカウンセラーさんが教育分析へお越し下さり、とある出来事を聴かせて下さった。

そこにも色んな意味がリンクしていた。

あいかわらずの自己一致201305072.JPG

いやあ、でも、しっかり、しっかりと進んでいる。

一歩一歩進んでいる。

暴れたり考えたり、動いたり考えたり、そして、しっかりと進んでいる。

唯一無二。

自分だけの道を。

いやあ、唯一無二の 物凄く個性的な、誰にも真似出来ない、ますます面白いセラピストになるぞーと感じていた折り。。。彼女が貸してくれたとあるDVDの話を切り出した。

この話、ずいぶん前からしたかったのだけど、会があったり他の優先的な話題があったりでなかなか出来なかったのよね。でも、先月から言いたかった。

アメリカのTVドラマで特捜班のとある女性が主人公なのだが、私は最初、この手のドラマにしてはこの主人公があまりに女性性が強いのでビックリした。

最初は毒気にあたったかのような気がしていたのだけど、ずっと観ていると癖になる。で、その極端さや不器用さや賢さやヒステリックさや、間抜け加減も天才ぶりも全部ありだなと思えて来る。

いやー、センセーショナルだったわという感想を述べつつ、ずっと見ていて思っていたんだけど、あの主人公、あなたと顔が似ているわ!という気付きをシェアする。

DVDを全巻購入してしまうくらい惹きつけられるのは似ているからじゃないのか?という話。(まあ、考えてみたら彼女、色んな面白いDVD持っているんだけどね。)

すると彼女が「いや、あの尋問シーンが先生と似ているのでは?」と言われてアハハハ!と笑う。

題名はクローザー。つまりは解決させて閉じることのプロ。

で、クライアントさんに限らず人間というのは問題を複雑化させて長引かせて終わらせないようにすることのプロ。

何で、終わらせることを無意識下で頑なに拒否するのか?というと、例えあるときそれが心理的なゲームになったとしても、そこに他人との関わりがあるからなのよね。

でも、あまりにいつまでも終わらせないでいると疲れるし傷つくし、そして、いつまでも次のステップにいけないものね。

なので、相手の気持ちや感情や体力の具合を見ながら、時にゆったり休んだり、時にはせっついたり、様子を見ながら確かに色んなことをする。

なるほどねー、あははー!なんだけど、「・・・・・・・・・。カウンセラーが自白をさせるプロと似ていると言われるのってどうなんだろ?」とふと思う。

まあ、しょうがないか。

********************

元同僚が空き時間を聴きつけてやって来た。

10時までは空いているのだけど、言い換えると10時には仕事するってことだから飲めないよん。

飲むなら自分の分のビールだけ買って来てねと。

指をくわえて見ているのも辛いのだけど、呑兵衛と話しながら白ちゃんとゴロゴロするのも楽しい一時。

そこへまたしてもキャンセルのでお電話が。

また体調不良か?と思いきや、残業が終わらないという都内のクライアントさんからだった。

いやあ、残念だなあ。いやあ、本当に残念なのか?

それでは飲みに行ってしまえ!ということで、結局、H市へと飲みに行く。Kキングさんのお店。

牛のかいのみ、最高。

インターバルが大きすぎて働いてるんだか遊んでいるんだか分からないような1日だったように思うのだが、臨席のドクターが仰っていた。

「まるで緊急手術を待つ麻酔医のような日々だね。働いてんだよ。」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。思わず、背中をバン!!!と叩いて「この方にビールをっっっ!」と叫んでしまった。

通りすがりの思わぬ共感もまた嬉し。

いやあ、結構疲れんな、冗談抜きで。

風呂に入って今日という素晴らしい1日をクローズしよう。明日のために。

*********************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。


ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。