2008年07月11日

委ね上手

そして流れに乗りつつ日々を過ごして、あっという間にPC開通。

まだまだ色々とやることは残されているし、これからが大変だと思うのだけど、とりあえず設定に自信がなかった点をクリア出来た。これだけでも大分違うわー!

これでまたあれこれプロバイダーさんの世話になってたらまた仕事が遅れるところだったもんね。

PCが来たら、あれやってこれやって・・・と頭の中で計画を反芻しては「ああ〜、大丈夫かな〜・・・」と言っていることも多かった数日だったが、夫がずっと「大丈夫だってば。」と言っていた。何にも分らんのにこう言うのよね、この人いつも。

でも、こんなやり取りをしていて、ふと幾人かのクライアントさんの顔が浮かんだ。決して多い人数ではないよ。せいぜい2〜3人。

その方々の大きな特徴としては”委ね上手”。

もう自分の手や知恵ではどうしようもないという状況になったときには、天に委ねたり、今やれることをやって過ごしたり、人のアドバイスを直に実行してみたり。

それが出来る人たちというのは、カウンセリングをやってもヒーリングをやっても効果が早い。どんどん良くなって行く。

でも、人間はなかなかそれが出来ない。独自の理屈があって、それを手放せないのだ。

例え、その理屈故に現在困ったことになっていたり溺れていたりしても。

ぐーーっと力を入れて抵抗したり、苦しみの元凶となる状態に自ら戻っては「まあ、いいか。」を繰り返していたり。

でも、手に負えないときには力を抜く。委ねる。すると大波にさえ浮いていられたり。

先の委ね上手の方々に出会うと私はほとんど何もしないで済んでしまう。

でも、この委ね上手。悪い意味の甘えとか依存とは全く別物。(後者は重量が重いので周囲の誰かを巻き添えにして沈む。)

こちら側が学ばせて貰えることが多いのがこの仕事だけれど、今回も、私はその方々たちのことを思い出しては見習って過ごしていたおかげで、非常に快適だったのら。

さらに思う。

皆、目が綺麗な人たちだな〜と。

そんな他愛もない話を夫にしたところ、「そうそう〜。どうにかなるって〜・・」って、あなた。それでその体重になったのでせう。でも、目が綺麗だね。
posted by かおる at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

脱ぎ捨てつつ感謝&浄化の一途

今日は回線の工事だったのら。

世の中ぶろ〜どばんどぉ〜の時代だというのに、早く言ってしまえば面倒くさがり故に工事は99年以来。凄いよな、それも。

「速くなるよ。」とPCを使わない夫ですら言うのだけど、それやるのに仕事をぶっつり切るのが嫌だったのよね。あと、わらわらと業者の方が来るのも嫌がっていたりして。

が、3人もの人にお世話になった。

配線の入り口はどこですか?と訊かれても、えーと、どこだっけかな?何せずいぶん昔の話だしな〜ということで、ずーーーっと線を辿って行って、その後を物を動かしたり拭き掃除をしたりと、雑巾持って私が追いかけて来るので担当の人、嫌だったろうな。←先に動かしとけよ。

そのうちのお一方が、じーーっと部屋の一点を見つめておられるので、何を見ているのだろう?と思ったら、夫の背広の数々だった。何着か表に出して着まわしているやつね。

釘付けになるの分かるよ。どんだけ大きいんだ?ってことでしょ?(縦も横も。)

他のお二方が居なくなったときに私が床を拭いていたら、まじまじ触っておられた。もう少しで「羽織っちゃうんじゃないか?この人。」という勢いだった。

あと、壁に須藤元気さんの顔面特大ポスターとか、大昔にやった心理学のワークで描いた絵とか。
それ、うちの子供が描いたと思ってるでしょ?実は私なんだよーん。大人でそんな幼稚な絵描く人いるのか?いるのよ、ここに。

今ままで使っていたTAはどしたら良いの?とか、あの、電話が繋がりませんよとか、色々騒いで何とか終わったのだった。三時間半でぐったり。

あとは、あさってPCの設定して、その後プロバイダー変えて、大々的にHP移したりしなくちゃな。あそこはCGIが使えなかったはず。さて、メールフォームをどうするか?

などと色々とまだ落ち着かないけれど、とりあえず一歩進んだということで。

**************

メールも溜まってしまったので、一日ネットカフェという場所に初めて行ってみたのだが、どーも落ち着かない。が、何とか少しメールカウンセリングは進んだ。

なんて話をちらっとしたところ、友達が新しいPCが繋がるまでこれ使えば良いよ!とFOMAごと貸してくれた。何と太っ腹な。また借りが出来てもうた。でも、助かった!ありがとう!

**************

今後の予定で作らなければならないものがある。

こうして快適&迅速なインプット&アウトプットでキーを叩いていると、なんとなく、今回のPC故障の意味が分かる気がする。何故に今だったのか。

あの環境やPCでこれからのことをやり通そうとしたのは無理だよなあ。

私だけでなくて長年の友のLet's Noteくん。彼女は私以上にオーバーワークだったのだ。

大変ながらも浄化の一途。流れに乗って行こ。
posted by かおる at 08:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

恐怖の後回し

10年間ほど酷使して来たPCがそろそろ駄目な模様。

でも、その不調の決定的な瞬間には「えー?どうして?」と思う。

どうして?じゃないのよね。もうそろそろ休ませてあげないと。

でも、忙しいし急ぎの仕事も沢山あるしで、またずるずると数日間。

で、固まる度に「こらー!」となるのだけど、ええ、こらじゃないの、こらじゃ。

そんなふうにして騒いでいるので、見かねて夫がPC屋に連れてってくれた。

これもまた仕事前で時間がないのに、うーだらへーだらと文句言いつつ付いて行った。←自分のことなのに。

修理に出そうとしても、先方が声を出さずとも「う?まだこれ使ってるんですか?」という表情。

で、新しいPCを見ると、今の環境には接続出来そうにない。←接続も古い。

その時点で、やっぱりね、それじゃありがとうございました とあきらめる私の後ろ襟を夫が引き止める。「今やっちゃったほうがいいんだから。」

次は回線工事の話。うーん、やっぱりね。そりをずっと避けて来た。何か流れを止められるのが我慢出来なかった。

で、某電話会社が、かつて一日中私を家に待機させておいて4回も5回も人を変え同じ質問してくれるだけで、「同じ企業同士で申し送りせんのか、えーい、面倒臭い。」と深夜になって蹴った5年前。

「わかった、わかった。でも、やっちゃおうね。」と言われて、とうとう全部変えることにした。

そのやり取りを小耳に挟んで笑っている店員さんは、一生懸命考えてくれて非常に親切だった。

というわけで、あれこれと避けていた面倒臭いことを避けないようにしようと思う今日この頃なのだった。

「そうそう。でないとほら、後々もっと面倒臭いからね。」

子供のように諭されて深く納得した私だった。
posted by かおる at 10:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

ありがとうございました

昨日は久方ぶりの講師業。今年最後のお仕事と相成った。

ナースの方を休止・・・・・・・・・・うん、主にだいたい休止したので、これからは講師をやる時間も増えて来ることだろう。すっごく苦手で頭が痛いのだけど、昨日久しぶりにやって見たら案外面白かったぞ。が、やはり個人カウンセリングの方がうーんと自由な気がする。相手と私、双方が。

それにしても寒かったこと。

寒さのために疲れ果てて帰って来た。

と言っても真っ直ぐ帰って来なかったんだな、これが。

昨日行った日吉事務所は以前にアシスタントをやりに行ったことがあるのだけど、これまた久しぶりで。

周辺に物凄く可愛い雑貨屋さんや美味しそうなパスタ屋さんが沢山あるので、ついつい足がフラフラ。寒い!早く帰りたい!と思いつつもあっちフラフラ、こっちフラフラ・・・・と蛇行しながら帰って来た。本屋も品数多い♪

要するに子供なのだ。

興味や関心があると、身体が言うこと聴かなくなるのね。今年は最後の最後までそうだったか。

来年は・・・・・、いや、来年も同じだろうな。これが私だ、仕方ない。

それはそうと、今年最後のエンカウンタでは、支配的な自分に気がついて、支配するくらいだったら口を噤んでしまえ!を選択した私だった。

支配的な私も口を噤んだ私にも納得は出来ていないが、これが今の私なのだ。仕方ない。(今はな。)

それはそうと話は飛ぶが、このブログを元職場の同僚たちが知っている。さらに今年は我が母校からもこのブログをリンクしていただいたので、これまで以上に自分の直接の知人が読んでいるという状態になった。

時々、それを思い出すとすごーーく書きにくい!という気持ちにもなったのだが、やっぱり、それは意識しないことにした。ここは私の独り言を気ままに書くところだよってことで。

一方見知らぬ人から投影されてすごーーく知っている人間のように思われたり、メールで罵声浴びせられたりすると「いやいや、私はあんたの母ちゃんじゃないから。」とか「私はあんたの姉ちゃんちゃうっ。」と言いつつ交わして来たのだがそれも非常に大変だったり。

が、一方ではその人と繋がるきっかけになる素敵な投影もあったりして。
やっぱり、それを思うと人からのメッセージは宝だ。
そして、それはいつも自分が発信することにより始まって行く。(オンでもオフでも同じね。)

ブログは私の全てではなく私の一部でしか無いのだけど、それでも私の大切な場所でもあると再認識した。

良いと悪いをあえて分けても構わないのだけど、幸せとは、その両方が内在している。

そして、これだけ偏った私という人間と今年も凝りもせずに付き合って来たこの年末に一つ気がついた。

物事も人物も。
全てが”個性”なのだなあと。

自分や人が、誇るべき部分と恥ずべき部分と分けて認識している領域。

それらは、多分表裏一体。おそらくは同じものなんだろう。



などと言いつつ、終わって行きたいわけですが、
今年出会って下さった方々、少し古いお付き合いの方々、そして、すっごく古いお付き合いの方々、今年も大変お世話になりました。

日常の一時に、ここにいらして、私の独り言を読んで下さって本当にありがとう。声をかけて下さってありがとう。

皆さんのおかげで、とっても楽しい、思い出深い一年となりました!

来年もどうぞよろしくお願いします♪
日記才人の投票ボタンです。
posted by かおる at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

別に主張せんけど普通に信じてる

その昔、ナース仲間が私の友人を呼び出して言うことには、

「私に言いたいことあるでしょう?正直に言って!」

「え?いつも正直に言っているよ。」

「いいや!そんなことない。私の『こんなところが嫌い』だとか何かあるでしょう?そのハッキリ言ってくれないところがイライラするの!お願いだから何でも喋って!」

しかし、そう詰め寄られている側の友人は「うーん・・・。」と首を傾げたままタイムアウト。

そして私に向かって助け舟を要請した。「あたし、いつもありのままなんだけどなあ。。。」と。「これ以上どうしろと言うの。どう変われと言うの?」

うん。私にもあなたはありのままのあなたに見えるよ。

”正直に言って。”

何故にそんな言葉がわざわざ出るのかと言うと、実はその人自身が正直でないからだ。
相手にとってはあたりまえの正直な態度にさえ疑いを持ってしまうのは、勝手にそこに自分を投影させてしまっているからだ。

それは浮気性の人がパートナーの浮気を執拗に疑うのと似ている。(ぎくっ)

はたまた同じ原理で「私は正直だ。」とわざわざ言わなければならないのも分からない。
普通ーーーの会話の中で「あなたを信じている!」と唐突に言う人が居ても私にとっては「あれ?」となる。ごめん。”自分の誠意”というものを頻繁に主張する人の超スーパーウルトラ長文メールにも窮屈さを感じてしまう。

例えばネットの付き合いですら、”信じている”だの”自分は正直だ”のとわざわざ自分を表現せずとも、正直な人は正直に、素直な人は素直に、人を信じている人のメッセージはそのまーんまに伝わって来る。

それはあくまで私の場合であって、私もまた、ここぞと言うときには使う言葉ではあるのだけれど。
日記才人の投票ボタンです。
posted by かおる at 07:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

失敗

時々、癒しの天使占いってので遊んでいる。

右サイドバーにハートのイラストでリンク表示しているやつね。

で、今日は、

失敗したときに良い薬

それはユ−モア

いつまでも自分や誰かを責めたりしないでね

意味を受け取ることが大切で

責めるために事実があるわけではないもの


ってのが出た。

はは〜っ、ありがとうございますっ。と平伏して閉じた次第。
日記才人の投票ボタンです。
posted by かおる at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

2択バトン

こっこちゃんから「2択バトン」を貰いました

1.どっちが好き?東京or大阪

えー?どっちも好き。
私、移動するまでは「いやじゃ、ここ、絶対離れとうないっ。」って思うんだけど
住んだら住んだで、どんなところでも居心地よくなるのね。家につく猫派、あるいは傀儡子の一族に共感。(ね、猫と傀儡子は大分違うけど?!)
 
2.どっちが好き?沖縄or北海道

1と同様。

3.浮気現場を目撃しました。殺すならどっち?恋人or浮気相手

えー?絶対殺さんわ。何で殺す権利あるの。でも、殴るくらいはするかな。もちろん、夫の方を。
「あほんだらあー!何でばれるようなやり方するか、この未熟者めが!」と言うことで。

4.どちらの人生を歩みたい?破滅が常に付きまとう短命タイプor保留しながらも長い人生

何か、破滅とか保留という枠組みがどちらも嫌だすね。おいらにはおいらの人生があるだすよ。

5.SとM。どちらかというと?

Sだす。あれ?そかな?やっぱりMかな?
とにかくSとMは表裏一体なのら。
Sの要素が強いということはMの要素も強いのら。
SMは信頼関係とバランスが必要なのら。おっとっと、喋り過ぎた。

6.生まれ変わるなら?男子がいいor女子がいい?

何か、男の方がしっくり行くような気がする。
でも、男に生まれても化粧したり好きなもの着たりして遊ぶと思う。
男に生まれても理屈こねて生きているような気がする。
だったらやっぱりどっちでもいいのか。

7.好きな人の前で猛烈に太股がかゆくなった。かく!!!orかかない

かく。

8.さぁ一緒に行こう!と言われたら?昔好きだった人or知らないけど、イケてる人♪

一緒に居たかったらそっちが来い。(おかまいは出来ないと思うけど。)

9.付き合うならどっち?年上の落ち着いた人or年下の甘えッ子

夫は年上だけど甘えっ子で、年上だけど落ち着いています。(誰も訊いてないとは思うけど。)

10.必要なのはどっち?己を磨く向上心or人を思いやる優しさ

ええっ?同義語に聴こえる。

11.カレーに入ってなきゃイヤなのは?じゃがいもorにんじん?

昨日、どっちも入っていないのを作りました。夏野菜のカレーってやつです。色々入れたけれど主役はトマトでした。
何入れてもOKなのがカレーの良いところかと。
戦地には必ずカレー粉を持参すると思います。

12.告白されて困るのは?親友と思っていた人or親友の恋人

嫌、別に困らんて。それ以上にはならへんし。

13.地球最後の日です。逢えるなら?親友or恋人

こりはこっこちゃんと同じ。何とかして逢いたい人に全員会います。


14.死ぬ前に一言!

いやあ、ほんとにありがとうね。幸せだったよ。

15.どちらかとしか付き合えません。(自分の事を好いていない片想い人or自分の事が大好きなデニーズの店員)

別に付き合わなくて良い。

16.エッチするなら 相手の家orホテル

家。

17.大人と感じる飲み物は? ビールorブラックコーヒー

えー、どっちも中学くらいから好きだったけどなあ。

18.これをまわす5人は?

持って行って下さる人、持って行ってん。

ところで、今回これやってつくづく分かった。

私には二者択一というものは無理だ。

面白かったです。こっこちゃん、ありがとう。
日記才人の投票ボタンです。
posted by かおる at 11:49| Comment(9) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

消さなくて良かった!

以前使っていた他所のブログからの過去ログをインポートする機能を見つけて大喜び。
JUGEMしか対応していないと思っていたら、ちゃんとMTインポートってのがあったのね。

初めは思い出深い日だとか、印象に残ったことばかりを移そうなんて考えていたり、あるいは人が良かったって言ってくれた記事だけを持って来ようと思ったり。

でも、結局は皆連れて来た。

何だかイジイジしている日も、物凄くイジワルな気持ちになっている日の私も、何か泥沼に嵌って動けなかった無様な私も皆連れて来た。

対応している機能と対応していない機能の関係か、妙に改行されていたり、消えてしまったログもあるけれど、まあ、それも運命か。
でも、それ以外は全部連れて来れた。
皆大切な日々の片鱗、皆大切な私の片鱗。

ところで、インポートされた過去ログをざっと覗いてみたところ、最近出会った人のコメントを見つけた。

正確に言うと何年も前にネット上では出会っている。
で、私のブログを読んだと言う、ただそれだけの理由で心理学に足を踏み入れ某エンカウンタに参加してくれた。
おかげで、その時、初めて直でお会いすることが出来た方だった。

そりゃ、あの時はあの時で驚いたよ。一般の方が、どんなものかも分からない、全然知らない人間ばかりの集まりに飛び込んで来たのだから。何たる勇気だろって思ったよ。
私だってエンカウンタに参加出来たのは、卒業後しばらくしてやっとだったもん。
(いえ、勝手に怖がっとっただけです。飛び込んでしまえば、あんなに良いもの無いんですけどね。)

そして、此度、某過去ログのコメント欄を見て改めて感じるものがあった。
あ、彼だ。彼、こんなこと書いてくれていたんだな、思い出したぞ・・って。

こんなにも一生懸命私に向けてメッセージを下さっていたんだな。こんなにも饒舌にご自身のことを語って下さっていたんだな。その頃はまだ会ってもいない私に。
今なら分かる。今なら少しは分かるよ。でも、何故にあの頃からなの。

かなり感動してしまった。

たかが独り言、されど独り言。

記してて良かったなとつくづく思った。

凄く感じ取るのが遅い私だけど、今、受け止める。いただいておく。ありがとう。

見知らぬ時代からの信頼に感謝。
日記才人の投票ボタンです。
posted by かおる at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

お引越し

前々から気になっていたのだけど、つい今しがたまで使っていたレンタルブログはスパムコメントやスパムトラバへの対策が甘いのね。

で、サポートのBBSに投稿している人たちが「一日100件もスパムトラバがあって困っています!」などと何人も同じような言っているのを聴いて、それは気の毒にー、何とかならないのかなーと思ってたの。

でも、自分がいざ英文のスパムコメント100件くらって見ると、なるほど、そのうざったさがよく分かる。

何てずーずーしーんだあ。人の家に上がりこんで広告貼って帰るなんて。

(↑いやいや、無料でレンタルしているブログを自分ちだと言っている私もずーずーしいってば。)

他所のサイトでも、そう言うのを目にすることがある度、んなことされると余計ーーに意地でもお宅にはアクセスしませんよーだ!って気持ちになる。

私はネットでも人間関係でも人と人の間に割り込んで来て無理やり自分をアピールする人は苦手なのだった。

で、地道に削除しようにも防ぎようがない。管理室にも重くて入れない。

私も「お願いしますよー。」と要望や不具合報告の書き込みしようかなーとか、はたまた問い合わせメールを書こうかなー?と思った。

・・・・・・のに、気がついたらとっととお引越し作業していました。

気が短いんだなあ・・・・・。もしかしたら一週間だか一ヶ月だか待ったら事態が変わるかも知れんのにねえ・・・。

というわけで突然お引越しした上にご連絡も全然していなくてすみません。でも、また読んで下さってありがとう。

場所が変わっただけで人間はなかなか変われませんが、これからもよろしくお願いします。m(__)m
日記才人の投票ボタンです。
posted by かおる at 14:40| Comment(10) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。