2014年02月16日

雪の週末

そして大雪の夜、またしても事務所へ泊った。

今回は石油ストーブでぬくぬくと過ごしたのだけど、やはり家で寝ていたときほど疲れは取れない。

この雪では翌日おそらくキャンセルのみかも知れないとは思ったものの、万が一を考えて待機していた方が得策。

お客様がいらっしゃいます、しかし私が家を出れませんじゃ困っちゃうもんで。

が、予想通り全キャンセルだった。

岩手からの方ももちろんキャンセル。「申し訳ありません。」なんて書かれているので申し訳なくない、これはちっとも申し訳なくない。新幹線も動いていないし、こっちがこんだけの雪なんだからあちらはもっと凄かろう。

一昨日思っていた「よし!寝倒すぞ!」というのを再び決意。睡眠不足を一気に解消するのだ。電車も夕方か夜くらいまで待ってから帰宅した方がまだましだろうと思ったから。

しかし・・・・寝れない。

何故だかワクワクしてしまう。雪はほーーんともういい!迷惑!と思いつつも、何だかワクワクして落ち着かない。

とうとう起き上がり、どうせ寝れないなら何か生産的なことでもしようと思った。

おもむろにベランダの雪にキャンドル埋めて見るとか。20130215.JPG

・・・・・・・・・・・。ちっとも生産的でない。

結局掃除機かけて床拭いて、洗濯して、ほんのちょっと仕事しているうちに一日が終わってしまった。

白ちゃんがいたら間違いなく寝息に誘われて爆睡出来たのだろうけど、仕方ない。

*********

そして、夜。

同棲し始めたばかりの次女くんカップルから連絡があり四人で飲むことになった。

ってか、なんで?

想像はしていたのだけど、楽しく飲めたのはいつも通り。

しかし、このカップルと別れた後は、自宅まで雪道を徒歩で帰った。

二日間引きこもって運動不足だったので丁度良いかも。

途中、夫と雪合戦。

次女彼たーちゃん、いつぞや作ってあげたブレスを着けてくれていて「何かと調子が良い。」と本気で喜んでくれていた。

ああ、というわけでやっと自宅。

雪かき地獄やら雪合戦やら、こんなときにまで飲んでいたりとか。

こんな何でもない日なのだけど、いつまでも思い出に残りそうな日になった。

***********
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート

2014年02月15日

煮込まれて美味しくなるシチューとか 熟成されて豊かになる人とか

また雪っかいっ。

昼間は先日とは違う雪質でビシャビシャしていた。

先日の雪が結構北海道に住んでいた頃を思わせるサラサラで大粒の雪だったのを思い出し「今回はそんなに積もらないかも?」とさえ思った。image.jpg

ところが大間違いね。夜になって見たところ先週より凄い。

こんな日でも訪問入浴のスタッフは頑張っているんだろうなあ。凄いなあと思う。

私はというと、前回の雪のとき沢山キャンセルがあり、今回も多分そうだろうと思っていたところ、案の定4キャンセル。

と思いきや、ええ、本日もスケジュール帳の一行にうちのカウンセラーさんの名前がある。

何て言うのかな、これ。

心理の勉強しちゃうと・・・いや、これ、あくまでうちの場合に限っての特徴だけど、皆妙に精神的に強くなる。

それはまだ分かっていた方なんだけど、身体的なこととか物理的な苦難も踏み倒す様に進んで行くのは何故なんだい。←理由は分かっているけど、どうしても言いたくなるの。

その精神的とか肉体的に強くなるってのは、俗世間でよくあるように臭いものにフタをしたり、見たくないものを見ないようにしたりして自分を保つような強さとは違う。

重ね重ね、感じていることを感じているいないことにして抑圧してバランスをとっているような強さじゃないの。

むしろこれまでよりも、ずっと視界や聴力が広がって色んなことを心に拾うのだけど、それを抱える強さと楽しむ才能がガンガン育って行かれている。

それをこの界隈では”強さ”と呼ぶ。

長くなってしまったが、そんなわけで、カウンセラーさんは来るんだわさ、これが。

のしのし!と。

**********

いつぞやのようにキャンセルで出来た空き時間。

先日は無性に肉じゃがが作りたくなったが今回は「そうだ!ビーフシチューを作ろう!」だった。

しかし思いつくのが遅すぎてまだ煮込みが浅いうちにお客様がいらっしゃった。

手作りのチョコレートケーキを持って来て下さって、何かと疲れた身体にその美味しさが染みた。

大変じゃなあと思いつつも、ご来訪してくださる方はもっともっと遠方から色んなものを乗り越えて来て下さっている。image.jpg

それで実は今日も心に沁みる話を聴けた。

分かるよ、それ。

でも、大丈夫なんだよ、それ。

でも、悲しいはそのままに。

笑いもそのままに。

月日と共にどんどんナチュラルになって来た人。

今日も確実に何かをわしっ!と掴んで持って帰る。

***********

ビーフシチューは教育分析とレイキをやっている間に丁度良い感じに煮込まれていて「美味しい。」とおかわりして下さり嬉しかった。

しかし、また作り過ぎた。

それからまた煮込んだところ、すじ肉っぽい部分だったんだけど、肉部分がほどけちゃって余計に柔らかくなった。

黒毛和牛の首の部分、大きなブロックが結構バラバラに。

食べて下さった方曰く「おお。首の肉なら喉のチャクラが開く。」ということだったので大笑いした。ええ、中国の人と韓国の人がおっしゃっていた。

自分の弱い部分を食べて強くするという考え方があるのだと。

夜になって自分も食べたのだけど、にんじん、ジャガイモ、玉ねぎ、ブロックリーにマッシュルームとこれだけ野菜を入れてもまだ野菜っけが欲しくなり、キャベツを芯ごとと、飴色に炒めた玉ねぎを入れた次第。
*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚
posted by かおる at 06:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

休日シュミレーションの崩壊

年末年始頃に体調を崩した方々も徐々に治り尽くしたかと思いきや、第二次風邪のブーム。←あくまで自分の近辺だけ。

キャンセルが四件続き。

いいのよ、いいのよ。無理しないで。私は久しぶりに寝倒すかなあ。それともコンディションが良いので溜め込んでいるオーダーメイドでも作ろうか、はたまた恐ろしい数の読み切っていない本を読破するか。20140213.JPG

なんてことを思っていたらまた訪問入浴の上司さんから電話で「ダメ元で!空いていませんか?」。

こんなふうに言われるときってのは大抵ナースさんが突然の体調不良だとか当欠だとかのとき。

そりゃそうだよね。この季節にあんなことやっていたら皆体調崩すわ。

もうこれしょっちゅうなんだけど、いつも堂々と「駄目です。」と言えるのは本当にダメなときだけ。

嘘が下手っぴなので、それ聴いた途端「うおっ?」と奇声を発してしまうのだった。

「ああああ!空いているんですね!良かった!奇跡だ!」

いや、待ってよ。まだ引き受けてないし。今これから嘘を考えるからさ。

爆笑された。

よって、頭の中は石油ストーブでぬくぬく汗すらかく一日から一転して、マンボウズボンで巷を走り回る女になりさがった。

さっむいっちゅうの。重いっちゅうの。きついっちゅうの。

**********

なのだけど、行って良かった。

よく訪問するお宅の昼間だけ独居のお婆ちゃんが何故だか車いすに座ってシクシク泣いていた。

ビックリして「どうしたの、どうしたの?」と背中をさすると「わかんないの。わかんないのよお。」と。

そうか、わかんないのかあ。わかんなくなることもあるよねえ。

でも、ほら、今日は週に一度のお風呂を抱えて来たよ♪思い出した?

途端に笑顔が戻った。「思い出した。あったかくて楽しいお風呂なのよね。」

そしてチアノーゼで青黒くなった冷たい手足がみるみるピンク色に変わって行った。

お体を洗いながら「お昼は何食べたの?」と訊くと「えーと・・・甘じょっぱい鮭。美味しかった!」とますます笑顔になられていた。

「あたしボケちゃったのかね?」

いいや、全然。ほら、エプロンに鮭が落ちてる。ぜんぜんボケてないよ。私はよくボケてるけどね。

四人で沢山笑った。

お風呂あがりは褥瘡の処置をしつつ「凄いねえ。もうほとんど治ってるよ!」と言うと「ああ、そうなの?自分では見えないからねえ。ああ、そうなの。」とさらに笑顔。

きっとちゃんと食べているから治りが早いんだよ。偉いと思います。

「お風呂のせいもあると思うんだけど。」

そうだよね。いつもちゃんと入ってしっかりあったまって下さるからそれも偉いと思うんですよ。

そんな会話しつつのほんの一時間にも満たない逢瀬を繰り返す。

精一杯話す。精一杯聴く。

泣いていても良い。でも笑うときには本当に笑いたいときに。

電気つけて行く?

「そうね。電気とラジオ、つけておいて。夜には帰って来るんでしょ?」

うん、夜じゃなくてまたこうして昼間に帰って来る。

「うん、わかった。気を付けてね。」

誰と間違えていても良い。それはきっと間違いじゃない。

うん、気を付けて頑張って来るよ。

またね。

またね って言える喜びを知っている。

それを何度も失った果てに行きついた今日があるから。

果たされない またね もある。

でも、その日のコンディションで出来る限りの力を振り絞って精一杯具体的に受け止める。具体的に愛する。

きっとまだマンボウズボン履かなきゃいけない時期のうちに帰って来るよ。風邪ひかないでね、○○さん。

*************

夜、管理者の方が「いやあ、今日はありがとうございました。」と仰る。

ただ喋っているだけでも笑いが出てくる面白い青年。出会ってから幾つかの季節が過ぎて今月出世して管理職になった方。

「○○ナースさんが脳梗塞にかかっちゃって。俺、ビックリしちゃって!」

って、今回は笑えない話題だな。

「凄く気を遣う人だったんですよね。もう来れないと思うけど・・・知っている人だけにショックです。」

それはショック。でも、充分あり得る。

若いヘルパーちゃんが「遺伝とかだけじゃなくて気を遣う人もなりやすいの?」ときょとんとして訊いて来るけど、あながち大外れとは言えない。

「じゃあ、俺は大丈夫だ。」

ううん。違うよ。Kさん、あなたは物凄く皆に気を使っているけれど、気を使っていないように見せるのが上手な人。

そして、G君は全然気を使っていないのに、気を使って見せるのが上手い人。

「うわあ、まさにその通り!ばれてーら!」

もうパパさんなんだから、きちんと休んでね。大事にしてね。

と、大事にしようがない企業の人に言うのも何だが。。。

「分かりました。尾崎さんもボケたふりして気を遣う人だから気を付けて。」

・・・・・・・・・。いや、これ、ふりじゃないんですけど。

それはともかく今日もお疲れさまでした。ふう。

**********

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

無事で何より

今日はとある方のセッションの前、ドキドキしつつ待っていた。

何故ならあの数日前の豪雪の日に遠く離れた愛する家族に会いに行く予定の方だったから。20140212.JPG

その方のことを知る共通の友人に「○○さん、大丈夫だったかねえ?」と翌日言い合っていて二人とも沈黙で宙を見つめる数秒間。

電話とかメールとかしたくなるのだけど、それは違うのよね。
信じて待とう。

それからあっという間に数日が経った。

そして再会。

どうだったっ?!大丈夫だった?!よく来たね!と叫んで迎えてしまう。

すると彼女はコロコロ笑って「行かなかったんです。飛行機が欠航だらけだったんだもん。」と。

良かったー!と胸をなで下ろした。

そりゃ目的が達成できなくて残念だっただろうとは思うのだけど、その彼女の割り切った笑顔と、安全に過ごして下さっていたという現実がこちらをほっとさせる。

「考えて見ればちょっとまだ無理だった。バタバタ用意するより一か月後に延期することにしました。」と。

そうなんだよね。かなり病状はよくなられてはいるものの、ギリギリの線だった。でも、基本的に本人がやりたいということならば、よほど命に関わることでもなければ反対出来ないと言う状況だった。

コロコロと笑って下さっていた。

お話を聴いてレイキをあてて。

ほとんど健康人の疲労を残しているだけの身体に限りなく近づいていた。

しかし、あの日に限っての突然の豪雪。

多分彼女は守られているのだろうあと思った。

************

昨日からお目見えした石油ストーブ。。。。

あ、熱い。

ほんとこんなに暖かったのね。カウンセリングとか施術している間に汗ばむほどだったし。

服部熊さん、ありがとう。

************

ipadで調べものしてたりするとキャンディクラッシュなる名前のゲームの広告が毎回出る。

ええい、うっとおしいなあと思いつつ調べものをしたりメールカウンセリングをしている空き時間。

しかし、先日某所でしゃぶしゃぶパーティーをしている際に「わーん、キャンディクラッシュができなくなっちゃうじゃん。」と言っている方がいた。

それが頭の隅に残っていたのだろう。思わず電車の中でDLしたのは良いが。

大変ね、これ。

私、昔からテトリスとかぷよぷよとか大好きなんだよね。

何かかちっと正しく揃うと大きく動いてくれるものが好き。そしてどこか幾何学的に整列しているものや、きちんとはまるものが好き。

すげー忙しいし焦っているってのに、はまっちゃったよ。困ったもんだ。

それを切って仕事に戻るのが大変だった。

***********

そうそう、正しくはまるものとか、きちんと謎がとけてしっくり行くのが好きなのは何も個人的な好みに留まらず世の中の摂理もそうなのだと思う。

人は自分の思い通りにならないことや上手く行っていないことがあると、とかく周りのせいにしたがるので、抑圧したり合理化してみたりする。

でも、無理があるし滅茶苦茶な理由だから、それをやり過ぎるとますます病む。

よくあるパターンなのだけど、長年心の病気を患っている方だと、世の中が悪いか自分が悪いか?の二者択一しかなくなって来る。

もっと傾聴出来ればそんなバカなことがあるはずないと分かるのだけど、いかんせん誰と接しても時間と労力を奪うことが目的になっちゃうとそれすら気が付かない。

元気になれば世の中そのものや著名人や身の回りの人をけちょんけちょんに叩く。

それだと根本的に元気になるはずないのでしばらくするとまた具合が悪くなって、今度は自分以外の人が立派だということにして、自分をけちょんけちょんに叩く。

そうすると実に無理やりな理論になっちゃってまあ。

「お金には興味ないの。」と言う人が親に借金していたり、友人をただ使いする。

それに応じなければ冷たいってことになるらしい。

むしろそういう人ほど金金言っていて、話題、それしかないの?という状態になっている。

これ、自称男性恐怖症の人が男性に異常に執着しているのと同じ。

世話かけている相手に向かって「お金には興味ない。」ってポーズはおかしいよなあ。

欲しいものを欲しいと言えなくて、そのための努力から逃避し続けるから一生誰かのせいにしなければならない。

はたまたある人は大勢の既婚者が居る前で「私は理想が高いから結婚出来ていないの。」と言う。

そういうと何だか皆は理想低いよって言っていることになるのよね。

あるいは「私は誰よりも真面目です。」と大勢の人の前で主張する人も気が付かない。

皆物凄く一生懸命色んなことに折り合いをつけて生きていて真面目なんだけど、そういう言い方って「あんたたちは不真面目よ。」って言っているのと同じなのよね。

時に極度の合理化は、知らず知らず人に失礼な言動を取るということになる。

自称傷つきやすい人は「世の中の人は皆鈍感で自分は繊細なんだ。」という理屈を振りかざす。

そういうふうになっちゃうともう成長の余地が無い。痛くて聴いてられない。

世の中に懸命に生きていない人がどこにいるのか。皆誰しもざっくり傷つく心というものを持っているよ。

結果だけを観て批判する防衛は、本当に人を鈍感なまま傷つけてくれるものだなあと思う。

そのパズルは合っていない。

例えば一人一人がパズルのピースだとしたら、そういった方々は必要なピースを探すということを怠って、無理やり違う形の凹みや突起を他人に合わせようとする。

自分を傷つける生き方というのは、他人をも血だらけにする。

でも、ではどうしたら良いのか?という真っ直ぐな疑問や謙虚さが無い場合は心は変わらない。

人の思いやりも心尽くしも蛇口をひねれば簡単に出て来ると思っていて、枯渇したカランをどかどか殴る。

それは鈍感を通り越した鈍感だと思う。

しかし、「繊細だ。」という合理化はいつまでも続く。

世の中には色んな涙があるものだと思う。

少なくとも、それを想像しようともしないタイプの人も存在するのだということ。

ええ、そんな鈍感なことって無いよ。

非常に悲しいなあと思うことがあった。

けれども、それも私の個人的な感情で、この世のすべての人に時間というものは与えられている。

それを何にどんなふうに使うか?ということは、あくまで自由なのだと思う。

自分はどうするか?ってのが大事。

***************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

無理やり感漂う断捨利だが

わりとゆるゆるの工程。

インターバルがあると誰かを待たせずに済むという安心感。加えてその前の人を焦らせずに済むと言う安心感。20140211.JPG

空き時間に無性に肉じゃがが創りたくなってストアに走ったり。

しかし、突然の電話にビックリして醤油がドボっと入り過ぎたり。

そんな一日の最後にお越し下さった勝手知ったる懐かしい顔。でも、会う度に気付きによって新しい顔になる人。

とあるDVDに出てくる弁護士さんの執事とも秘書とも言える人物について雑談して互いに「服部さん、欲しいー。」と共感し合う互いに自営業。

そう、何もかも一人でやるって結構大変なんだよね。

そこへ妙な時間に夫が玄関のチャイムを押して、今度は何だよ?!と思っていたら石油ストーブを購入し抱えて現れた。

お客様が居るので努めて静かに「何故に突然来る。何故にアポを取らない?」と質問してしまう。ええ、石油ストーブはこの上なく嬉しいサプライズなんですけどね。

すると来訪して下さっている方が「先生、服部さん、居るじゃない。」とか「あ、さっきメールの着信音が聴こえてましたよ。(パパさん、アポなしで来たわけじゃないですよ。)」と優しいんだからもう。

しかし、この服部さんの場合、わざわざ雪の日に凍えさせてくれたりもするんですけど・・・。

それはともかく石油ストーブのサプライズはありがたく受け取っておいた。あったかーい!

そしてその後事件が起こる。

先日、妙な組み合わせのブレスを作った。

真ん中のダイオプサイドの鮮やかなグリーンを覗けば妙にシックなやつ。

私はよく一本のブレスを作っても、後日違和感を感じて何度も崩しては何度も作り変えることがある。

その一本はそんな途中経過の一作だった。ちなみにもう一本造り替え中で未だアップ出来ていないものが一本ある。

その時いらして下さった方がトイレで悲鳴をあげているのでどうしたんだろ?と思っていたところ、ブレスが手からすっぱ抜けて流れて行ってしまったとのこと。

ブロンズのようなオレンジのようなゴールドのような微妙な色彩のブレスだった。もう何年も可愛がってくれていた

で、先日ふとした機会でこの方のお宅に訪れた際、過去購入して下さったブレスが実に綺麗に大事にディスプレイされていたのを思い出す。

なので悲鳴をあげるお気持ちも物凄く分かるのだ。ハッキリ言ってありがたい。しかし同時に気の毒だったり申し訳なかったり。

でも、とてもしっかりした方なので、うっかり落とすなんてことはあり得ない。つまりはどう考えてもブレスの方が意を決して二度と拾われないように投身してくれたようにしか感じられなかった。

しかし、大切にして下さっていたのでショックは大きいのだと思う。

生まれて初めてトイレに手を突っ込んじゃったよ。しかし、その初めての体験でここのトイレの構造が分かった。もはや回収不能だということも。

何だか気の毒でもあり、ありがたくて、悲しくて、必死で考えたのだけど、あれと同じ風合いのストーンが現在はない。

むしろ、流れて行ってしまったものとは全く様相が違うダオプサイドのブレスに目をかけて下さった。

作るときには意味を分かっていないのだけど、改造中だったそれにはダイオプサイドの他にラブラドライトや強烈なブラックオニキス入っている。あと、グリーンタイガーアイとか。

はっきり言って地味である。

でも、先日Kちゃんも仰っていたが『最初は見た目で選ぶんだけど、段々実を取るようになって来るんだよね。』と言い天眼石の入ったブレスを連れて帰ってくれていたことを思い出す。

そんなわけで改めて今日の彼女が目を止めてくれたブレスを見ると、悪癖を断ち切る、悪縁を断ち切る、自分を見つめるというニュアンスのストーンばかりだということに気が付いた。

改造中ってのもあって少しサイズが大きかったのでさらに改造した。

にしても、そのブレスが物凄く似合っていた。

肉体のある私たちにとっては色んな執着があるのだけど、石はそんなことまで見透かしているようだ。

彼女はますますカッコ良かった。

左脳はやっぱり残念だなあ、可哀そうだなあと思うのだけど。

全ては意味のあることなのだろうなあと・・・生まれて初めて使用したダイオプサイドと、それが一等似合う女性を見送った夜だった。

***************

その後でふと思ったことがある。

とある方が「ローズクォーツを何度も薦められるけど、どうしても好きになれない。」と仰っていたことを思い出した。

なるほどなあと思う。

多分、洗顔していない顔にメイクしてもダメ。クレンジングして休ませた肌にしか新しいメイクは乗らない。

人は時にエネルギーの流れのことを運と呼ぶかも知れないが、運というものの法則もこれに似ているのかも知れない。

そうかそうか、だから彼女のあの勘も正しかったんだ。

おそらくは霊的なクレンジングならヘマタイトやスモーキークオーツやオニキスなど。

あるいは逆手をとって水晶のみとか。

そういったものをしばらく着け続けた後でないと他のストーンが働きにくいということがあるのかも知れない。ええ、多分かなりの確率で。

************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 美容・健康・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

新しくて古く新鮮だけど懐かしい君

最近事務所のテーブルにオーラソーマの最新ボトルの111番を何となく置いて眺めている。

インクジェット〜という印象を受けるので、身体に塗るなどして使う気には今のところなれない。

でも、ここ一週間くらいふとした折に見れば見るほど「あなた 面白い子だね〜。」という感じで惹きつけられる。20140210.JPG

そのうち、しばしば良く選ぶ106番との共通項が見えて来たり、”そう言えば私のバースデーボトル1番の1が3つ並んでいる数字だなあ〜と色んなことに気がつくようになって来た。

同じ数字が並ぶというのは数秘術的に言って意味深いことなのだけど、加えて、今年の自分のイヤーボトルが3番だということも思い出した。

111番。全部足すと3だなあ。でもって、このボトルには3番が持っているカラーも全て内包しているなあ。

しょっちゅう眺めているわけではないけど、目の前に居ると一人の人物像等しく色んな側面が見えてエネルギーが馴染んで行く感じ。

そして、先日はmちゃんがお越し下さった際、「あ。オールドソウルだ♪」と仰った。

なるほど!そう言う見方も出来るのか。それはあながち間違いじゃない。確かにオールドソウルの進化形とも言える。

オールドソウルの下層のイエローは知識の色。自分自身とか自我、個人を表す色。中でもレモンイエローなのでちょいと天才肌かも。

そのイエローにブルーをほんの三分の一だけ足すと111番のオリーブグリーンが生まれる。

個人がグリーンという複数の調和となり、さらに過去の苦い体験を実りに変えるオリーブグリーンに進化したとも見て取れる。

オールドソウルは下層に内包する知識をロイヤルブルーのスピリチュアルを持って表現しているボトルだった。もしくは、スピリチュアルな知恵を伝える個人。

111番は、もっと柔らかく優しく分かりやすく、目に見えない大切なもののエネルギーをこの世に広めて行く役割を担ったボトルなのかも知れない。image.jpg

***********

今日、hさんが心理学へお越しの際、某社のヤングシーブスという殺菌スプレーをお土産に下さった。← 全然”某”じゃないじゃん。

少しプッシュして嗅いでみたところ、おおおお、これは強烈。

いつも思うけど、殺菌と除霊は並行&比例するものなのよね。

軽く部屋に振ってみて「これは凄いですね。」とビックリしてしまった。こりゃ悪いもんみんな出て行くわ。ってか、居らんねえ。。。

まことにありがたいものをいただいたと思い、その後大変な状況の方のセッションが続いたので帰り際に散布しようとして、ふと思う。

これ、希釈しても全然凄いと思う。

それで四倍に希釈して散布してみたところ、余計に強力になっちゃった。いったいどうして。

というわけで早速重宝している。

***********

tさんがまだおっさん談義をしている。(笑)

さらに詳細な夢の話を読んで笑ってしまった。

”今度からちゃんとかおるさんって分かる姿で出て来て下さいね。”

いや・・・、あのね、この界隈、近辺の人は多分いっぺんで見破ると思うよ。tさんだって、薄々気がついていたから私に話したのでしょう。

余談だけど、そのとき居たmちゃんが聴いていてtさんが「おっさん」と言っているのを「何、かおるさんがモンスター?」と聞き間違えた。

その後、モルダバイトを渡すときに「最近私はネックレスはムーンストーンが旬でこれは時期じゃないので。」と言ったときには「え?モンスターを下げてる?」と聞き間違えた。誰が何言ってもモンスターかいっ。

モンスター下げてたら重いでしょうが。

ってか、それってどんな人間なんだ。あ、そか。おっさんか。

それはともかく本日もみっちり5件真面目に仕事したおっさんで、夜には目の下に隈出来ていて怖かった。

あまりの怖さに「よし!」と叫んで鏡を下ろしたのだった。何がよしなんだろ。でも、明日は楽だぞー!頑張れー。>自分

余談だけど、今日、Kちゃんがとばした自由のシャボン玉。image.jpg

*****************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。撚

2014年02月10日

おっさん談義

昨日、夫と事務所へ泊って・・・というか、寝つきの良い熊はさっさとホットカーペットの上で眠り出す。

狭い事務所なのでこの人一人いると物凄く身動きが取れていない気がして、ほんとはマイペースでお風呂に入ろうと思っていたのだけど、何だか気力が失せて入らなかった。めーーいっぱいヒーターにあたれば良いかと思って。201402091.JPG

が、しかし、やっぱ風呂に入らないとダメなのよね。温熱的には暖まったはずなのに浄化も関係しているのか、翌日必ず気持ちが悪い。

というわけでまたしても夫に激怒しようかと思ったのだけど、忽然と姿を消しているので再びむきーーっ!となる。
居たら居たで怒っただろうし、出るときに「帰るね。」と起こされても怒ったと思うのだが、さんざんペースを乱しておいて居ないってのも腹が立つ。要するにどうやっても怒っているという、なんだろね、これ。いい加減にしよ。

よく主婦の方々に「主人が怒ってばかりで怖い。」という話を度々聴くのだけど、そんな話を聴いているときには「何、それは酷いな。こんな可愛い奥さんを何で虐待するんだ。」と思っているのだけど、要するに私、この旦那さん方のやっていることをやっているわけね。ほーんといい加減にしよ。

唯一違うのは、相手が熊のプーさんみたいな輩でいくら怒っても「はーっはっはっ!」と笑っているということだけか。

ほんと、私もあんなふうな何でも平気な心が欲しいよ。

「かおちゃんが神経質なんです。」

いえ、熊から見たらそうかも知れませんが、大抵の人間は巨体でガン!とぶつかられたり、思わぬところでペースを乱されたり、厳寒の中凍えさせられたら怒ると思うの。

************

昨日とは打って変わってクライアントさん方がスムーズにご来訪。でも、まだ雪道なので大変だったと思うのよね。

これ、何度も話していると思うのだけど、ずっと昔は心理的なことや病状でなかなか来れなかった人が、毎回きちんと来れている。

しかも、彼女にとって当時よりもずっと事務所が遠いところにあるというのに。

何度も何度も思い出しては凄いなあと思うのよね。

ところで彼女の身体の不調な部分のお話を聴いていたところ、ポンポンと色んなストーンが浮かんで来る。

でも黙ってた。石のセッションじゃないから。

しかし彼女曰く「一昨日不思議な夢を観てね。夢の中で怪しいおっさんが石をくれるんだけど袋に入っているの。なんだろ?見たいなあ。と思ってたところで目が覚めちゃった。」

・・・・・・・。そのおっさん、私じゃないの?今、石のこと考えていたし、あと、あなたと接しているといつも私、自分がおっさんっぽいなあーと感じてしまうのよね。

小さくて可愛くて女の子らしいせいか、”それに比べて、私、おっさんだな。”と今も思っていたところ。

そう言うと「あれー、おかしいな。私にとってかおるさんは妖精のような人なんだけど。」と言うので吹き出してしまう。知っている人が聴いたらボコボコに殴られそう。

その夜、先ほどのメールで
”あの夢の超怪しいおっさんはかおるさんだったとは(゜o゜;ほんとに怪しかったんですよ(笑)
有無を言わさず私の手に石を握りしめさせてよし!!これで大丈夫だ的な事言ってたけど
私の中ではかおるさんは天使とか妖精なのに…おかしい…”

というようなことが書かれてあった。

あ。その有無を言わさず握りしめさせて勝手にこれでよし!とか言うあたり、私がやりそうなこと。

それにしてもそのまんま素直に「超怪しかった、ほんと怪しかった」ってのとおっさんを連呼されるのを聴いたり読んだりする度にビクッと反応する私だった。

面白かったなあ。結局彼女は「モルダバイトという石が気になって!」とセッションの帰りにお買い上げして下さった。

あ、モルバイトなら今していないプチペンダントもあるんだけど、これ、サービスで付けても良いですか?と無理やり押し付けた。

・・・・・・・・・・・・。夢の通りじゃん。

**************

その後他の方がすれ違いにお越し下さったのだが、この人もまあ、可愛らしい子。

しかし、何故だかこの子といるときは、あんまり私おっさんっぽくならないのよね。

理由は明白。(笑)

この方も雪道を頑張って来て下さった。

風邪が治りにくいと聴いて、何かしたくて、ネギをいっぱい入れた鍋焼きうどんを無理やり食わせてしまうあたり・・・やっぱりおっさんか。

どうでも良いんだけど、また強くなったんだね。そして精鋭度も増していた。

あとは方向性だなあ・・・とか色んなことを思いつつ、でも基本が優しくて客観もある人なので大丈夫、楽しみだと思う。きっとどんどん理解して行ってくれるだろう。

どうでも良いけど男でも女でもしっかり食べてくれる人は大好きだ。

******************

いやあ、しかし、二日ぶりの我が家。帰り道が寒かった。

ゆっくり暖まって寝よう。

・・・・・・。そして夫が暖房ではなくて、エアコンを送風にセットしていたのでまた激怒して一日が終わった。


ええ、カウンセラーは聖人君子ではありません。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする