2014年01月27日

優しいマウンテンゴリラ(← ひどい)

事務所へお越し下さっている方にはオーダーのアクセサリーを含めて、郵送ではなくて手渡し納品することが出来ている。

その嬉しそうな『うわ〜・・。』という顔が、こちらとしてはまた嬉しい。

気に入って下さっているということだから。

私が着けているものを『それと同じのとオーダーします。』と仰る方もいれば、オーダーして下さった人に作った後、『あ、これ、私にも必要だ。』と思うことも両方ある故しばしばお揃い状況ということが起こってはいるものの。20140126.JPG

先日私のと同じストーンを使ったピアスをお渡しした際には驚いた。ものすごーく似合っていたし、可愛いし、私のよりも輝いていてパワフルだった。

もしかして私、その時はサンプリングの役割を果たしたのかもね。実に彼女らしいピアスだった。

************

昨年の暮れ頃、『年明け、一月のどこかで親父が腹を切るらしい。』と夫に聴いた。

なぬっっ?どこでじゃわからん。具体的な日にちはいつなんだ。

それがでかい病院故変更も多くて日時は確定しない上に、まだ切るかどうかってのも分からない状況だった。

正確に言うともう2〜3年前に告知されていた病名で、お爺ちゃん、それに動じることもなく既にその時から遺書を用意しているとのこと。

なのだけど、そうは行くか。

特別どこか痛くて騒いでいるというとき以外には嫁故にレイキを流したり身体に触れるのが躊躇される故、二階の自室からお爺ちゃんたちが居る一階に向けて遠隔でレイキを送っていた。

しかし、今回開腹手術をするにあたって案の定日にちを教えてくれなかったので困ったものだと思っていたのだけど、あのなあ、隠せるわけないじゃん。私も元オペナースなんだから。

術後の排痰や呼吸訓練のための器械がテーブルに置いてあり、その横に術前用の下剤が置いてあった暁には「手術でしょう?決まったんでしょう?明日?あさって?」

『うーん、まあ手術して肝臓の端っこだけ切るんだけどな。もし転移していて放射線とかの話になったら、わしは受けんよ。そういうのはもう良い。』

答えになってなーいっ!いつなのか?と訊いているんだ。
うん、でも、その後の自分で決めた方針には頷いた。

うん、そう決めてるのは分かった。

横から夫やお婆ちゃんが『切らなくて良いって話もあったけど、あれはどうなったの?』と切ることに対して不満で口を挟んで来るのだが、切らなくて良いという状況は私から見ると怖いんだよ。切っても取りようがないってことなんだから。

かくして無事に手術は終わった。

その夜、義弟さんと夫と一緒に飲んでいて、義弟さん曰く「オヤジのところへ行ったら石が割れちゃったよ、消えちゃったよ。」と昔作ってあげたストラップを見せて来る。「これ、オヤジの悪いもんをはじいてくれたのかな?」と、不動産の大御所でバリバリ現実的な彼が言う。

きっとそうなんでしょうね。と言って、とりあえずダメになったストラップをはずして私のやつと取り換えておいた。

さて、あれから二回、お爺ちゃんのところへ行った。

嫁なんであんまり傍にいられても気を遣うだろうと思いきや、最初のうちは顔を見るなり「おい!TVのリモコンとってくれ!うがいしたい!おい!痰を出すときが痛い!ティッシュを取ってくれ!」とカーテンを開けるなり色んなことを言っていたので何だか安心した。

あいかわずの怒りんぼうでナースさん、隠しきれないほど眉間に皺がよっていた。怒鳴るし、おまえおまえ言う時代の男なんだよね。

それとは別に私はベッドの周辺をうろついては、あらゆるところから出ているドレーンや尿の管、そして腰椎から入っている痛み止め注入用の管を観察してまわる。面会人としては変な動きなのでナースの方々がじーーっと釘づけになってみていたが。

そのドレーンの先の袋には、その管の先がどこに入っているか?ということが簡潔にマジックで書かれている。

”肝 端 断面”。

要するにちゃんと切ったということだ。

肝臓の端を切って縫い合わせて、どこから出る血液をドレナージしているということ。

開腹してみて「ああ、これはもう手がつけられない。」と言って閉じたパターンではない。おしっこもよく出ている。

喫煙者だったわりには血中酸素の量も良い。

お爺ちゃん曰く「転移していないはずがないんだよ。俺の兄弟は皆肺やら肝やらが原発で必ずどこかに転移して死んだんだ。」

そういえば、あなたはケンゾーさん。三男さんに付けられるお名前ですね。

「兄貴より長生きしちゃったよ。だから、もうええじゃろ。転移も絶対あるだろうしな。」

うんにゃ、お義父さん。大丈夫だよ。(そうはさせるか。)

「だって2年も3年もほったらかしで転移なしっておかしいだろう。」

私があんまり各管やドレーンなどを眉間に皺寄せて見つめているもんで、ナースさんがやって来て「ほんとですよ。ほんとに肝臓の端をちょっと切って転移なかったんですよ。」と声をかけてくれた。

長女くんたちはポジティブだ。「考えて見ればこの家の人間、今まで誰一人とこんなことなかった。私たちも生まれてから一度も入院騒ぎの一つもない。これは何か大きな力に護らているとしか思えない。まあーねー、おじやんも年だから分からないけど今までが普通じゃなかったんだよ。」

・・・・・・・・・・・・・その大きな力、これからも駆使されますように。

そして二日後の今日、お爺ちゃんはしっかりと歩けるようになっていた。色んなドレーンも抜けていてビックリ。

毎日変わる変わる親戚縁者や息子や孫が訪問する。

そんなとき、お爺ちゃんは笑っている。

お爺ちゃん、早く帰って来てね。それもアフォメーションしておくわ。

そして、皆がそうであるように、私もまた自分の仕事を頑張るよ。

*************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 嫁&姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

どんだけの早送り鉱山?

毎日色んなことがあって一瞬一瞬何かを閃くのだけど、怒涛のように過ぎる一日が終わると『なんだっけ?』と実にもったいないことになっている。

まあ人間はある程度のことを忘れないと脳が大変なことになってしまうので、それも自然の摂理だとは思うのだけど何だか大切なことも見落としているような気がして。201401251.JPG

それで昨日思いついたのはあたかもツィッターのように思ったことを度々書き留めるがごとく更新してみようということだった。

・・・・。でも、ダメね。書く閑あらず。

*************

これもよくあることなのだけど誰かが『誰々さんに会いたいー。』と仰るとき、『惜しい!』と思うことがある。

あなたの前の前が彼女のセッションだったのに!とか、はたまた、”あー、次の次の人が彼女だったのに!”とか実に惜しい状況というものがある。

その一方でそれと同じくらい出会い頭に「ああー!」と叫んで喜び合っている光景もあるので嬉しい限りなのだけど。

何のメニューを選ぶにしても、もとい、特に心理学となると、とにかく物事を感情だけでなく客観的に視る癖が付く。

そして不思議なことにその客観性があがると、もはや自己中ではなくなると共に、自分の感情を前より一層大切に出来るようになっている。

はたまた今現在いったい何が起こっているのか?ということが分かるようになってしまう。

しかし、世の中の職場や家庭、その他のコミュニティーでも、必ずしも同じような視点で同じような真実に気付く仲間が居るということは少ないというか、ほとんどない。

ましてやそれを期待し過ぎても今度は世の中という実生活の土俵で行き難くなってしまう。

そんな意味で、心からの仲間の顔を見たり、出くわしてほんの少しでも「最近どうよ?」というような確認がとれる短い時間は非常に貴重なものだと思う。

そんなわけで『誰々に会いたーい!』とか『皆に会いたーい!』と思える存在があるということは心強いものだと思う。これがまた依存抜きになればなるほどそうなれるんだよなあ。ほとんどの人がその逆だと思っているから自分見つめをさぼり他人ばかり見て影響されまくっているのだけど。

**************

Mちゃんが『昨日、不思議な夢を観ました。』と言う。それは夢の中に石が沢山出てくる話。

鉱物のヒーリングエネルギーと親しくなると時折そんなこともあるのだけど、この石が出てくるときの夢というのはまた特別不思議な感じがすることが多いのよね。

というわけで、その夢の話を聴かせてくれたあとで『不思議だったー、リアルだったー。』と感想をシェアしてくれたMちゃんだったのだけど「・・・。そのうち、私みたく突然石が現れたりするかも知れないよ。」と笑って伝えたのだけど、かなり本気で言っていたつもりだったのに。

『あはは!Nさんとも言っていたんだけど、あれは”かおるさんが石を作っている。生み出しているんだよ、絶対。”ということでした。』

・・・・。私は鉱山ということですか。『そうそう。鉱山要らない鉱山人間。』。

にゃんぱらりに引き続き面白いことを言うものだと思ったのだった。気の遠くなるほど長い時間をかけて生成されるはずの天然石がトイレに行っている間に忽然と部屋の真ん中に現れるなんて、そんな鉱山は金輪際存在しないと思うのだが。

もしかして、昔聴いたことがあるけれど、よく子供とか思春期の年頃の子が気が付くと手の中に欲しいものがテレポートして来ていたというあれかしら?

いやいや、別にそんときゃ欲しいと思っていたわけじゃないし、しかも、二回とも全然思いもかけない石が現れたんだもんなあ。なのでその線も説明がつかない。

でも、きっと多分、MちゃんところかNさんところに突如そんなことが起こるんじゃないかなあ?と何となくそう思う。

今のところ私にはさっぱり分からない。(左脳で考えたがるから。)

でも、このお二人のところに同じことが起こったら先日の猫の助手発想のときのように、私より近い真実が垣間見れるんじゃないかしら。

そういうと『だから、鉱山だってば。』と、こちらの頭がついていけないようなことを言われそうなので今のところは黙っておこう。

あ、ってか、ここに書いちゃったから一緒か。

*************

今日の最終セッションでMさんにバスソルトをいただいた。

自分でもよく魔除けや厄落とし用のバスソルトを作って入っているのだけど、人に作って貰ったものってまた一段と効くのよね。そこにレイキ(愛と光 おおげさでなくね。)が入っているから。

ああ、今日も楽しくも充実した、しかしてーへんな一日だった。

このバスソルトに甘えて疲れを落とそう。

まったくもってありがたい。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ホラー&ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

ほんとだ。何気に猫っぽい。

昨日のNさんのセッションは夜がふけてからだったのだけど、後がつかえていないだけにいつもより余計に沢山お話が出来たりして非常に嬉しい時間がゆっくり流れていた。

そしてカウンセリングが終わってレイキを流している際にふと思い出して『この間のあれ、不思議だったねー。』と話しかけた私。

そう、あの時、斜め後ろに見知らぬ若い男性が何か困ったことがある様子で、しかし、黙ったまま言えずにただひらすら私の背中を見つめていた。そのビジョンを二人で同時に視たのだった。

するとNさんが『後から思ったんだけど、あれは何だか猫みたいな気がする。』と。

え?!助手じゃなくて猫?

『そう。いや、助手かも知れなくて白ちゃんが何か教えているのかも知れないけど、グレーがかった猫っぽいなあ〜と思って。』

・・・・・・・・・・・・。

そう言われてみれば物凄く納得できるような気がした。言われてみれば、あの佇まいや一心に見つめる様子とか、寡黙な感じとかが非常に猫っぽい。物凄く背が低いわけではないのだけど、ちょいと背を丸めて見つめていたもんなあ。

依然として謎ではあるのだけど、ふと思った。

Nさんもドンドン何かのブロックが取れて何かの本質を見たり感じたりする体質になって来られているように思えて面白いなあーと感じた。

そして鉄則として、分からないものは分かるところまで受け入れて、分からないところはそのままにしておくというところも。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー&ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奮闘するソルジャーは自分を信じてる

転職組の奮闘ぶり。

本当に頑張っていらっしゃる。20140124.JPG

最中に居る間には分からないことでもここから客観視しているとその向上心や勇気が見える。

ああ、私も頑張ろうと思う。自分を裏切らない。自分を信じる。

それを成している人々に会ったこんな日に俄然やる気がみなぎって来る。

皆が光だ。

******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

誰にコミットするのか?

今から数えるとすると、おそらくは十数年前のこと。

私はそのずっと前からも病院という企業に勤める1ナースだった。

特に新人の頃から数えると、ショックなこと、感動したこと、泣いたり怒ったりしたこと。色んな体験を与えられて来た。20140123.JPG

そんなある日、あれは多分30代になったばかりの頃、ネットで日記を書き始めた。

要するに裏も表もない、ただその日自分が感じたことを綴る場所として機能していた。実は言うとその根本は今でも変わらない。

当時の私には、誰かに分かって貰うために描くとか、聴いて貰うために描くという認識はほとんど無くて、ただ自分の”本当”を吐き出す場所。そしてさらに言うとその姿勢と言うのは今も根本的には変わっていない。

共感を覚える人も居れば批判や拒絶を覚える人も居るのは当然のこと。

そして私はどちらのコメントにも、その人自身の体験が私の体験談に投影されているということを知った。

要するに人には幼い頃から培って来た道徳観念とか、人生脚本というのを無意識の中に持っていて、そこにあてはまっていないものを見ると心がざわざわしたり、時には怒ってみたりする。

はたまた肯定派の人々が心地良いのか?というと、全部が全部そういうわけではない。特に極端な例だと自分と私の区別がつかなくなっておかしな状況になっている人もいた。

例えれば今日は若き日のある日、まだブログなるものがなかった時代に「そうだ。書こう。」と自分ひとりで勝手に決めて書き出したこの場所のおかげで色んなことを体験させて貰った。色んなことを学んだ。

それは、誰かに許可を貰ってやったことではない。

この例に関わらず、私は「これをやってみよう。」自分の頭の中で決定を下して納得した上で行動するタイプ。

ところが世の中にはそうでない人も圧倒的に多く、とある見習いカウンセラーの頃、一人の同級生(と言っても10個くらい年上だったかしらね。)に声をかけられて『一緒にやろうよ。』と言われた日のことを覚えている。

私が使う言葉をパクっているだけということにも気づかず、当時は”きっとカウンセリングに対して同じ思念や目的があって行おうとしているのだろう。”と勘違いした。ほら、当時の私、今よりもっと馬鹿正直だったから。

特に『俺も勉強して尾崎さんみたいにセッションやるんだ。』という言葉も決定打だったのだが、蓋をあけてみると、私のHPの画像も文章もコピーして広げるし、人との会話でも表面的な言葉だけを真似しているだけなので一向に成長しない。要するに勉強しない。

言っていることとやっていることとが違うってのは立派な病気でもある。それもそのはず、初めからこういうふうに言えば一緒にやってくれると思っていたという確信犯だったよね。

後に「えーとね、世の中ではそういうの、詐欺って言うんだよ。」と言ったこともあるのだけど、『いや、違うんだ。これは違うんだ。』と次の言葉を探しているようなのだけど、ええ、立派な詐欺なのよ。

極め付け、その場所をオープンする前に彼が血走った眼で何度も言っていたのは『仲間をつくらなきゃ。とにかく仲間を集めなきゃ。尾崎さん、知り合いを連れて来てよ。』ということばかり。

依存的な人の一番やっかいなところというのは、実は自分の依存的なお願いが叶えられないと分かる否や烈火のごとくお門違いの怒りをぶつけるというところ。

ああしてくれない。こうしてくれればよいのにってフレーズが多いともうかなりやばい。

例えば昔の自称鬱の友人などは、全ての家事を旦那様が引き受けていたのだが感謝するどころか『ちょっと!ちゃんとかけたの!?ここが汚いわよ!』と怒鳴りつけていた。いやあ、それを怒鳴る元気があれば自分で出来るだろう。

『私は引きこもりなのに、どうしてタバコ買って来てくれないのーーー!きー!』ってのも一緒。その元気があるんだから行けるはずだし、ましてや買って来てくれるのはあたりまえのことじゃない。

空っぽでそこには何もない。

しかも彼の場合は盛んに「7掛けにする?8掛けにする?」と何度も訊いていたなあ。要するにそれが目的だったいのはずぅっとあとのことだったが。
色んな美味しい話を振りまいて頭数を揃えれば、その30パーセントを自分の取り分として貰って生きていけるという感覚だったらしい。

仕事に限らず人の努力の上前だけはねて生きて行こうとする人は沢山いるのだけど、そのまま50代60代になってしまうと、こんな悲惨で訳のわからないことになってしまうのだなあ。

もちろん、その方とはほどなく袂を分かつことにした。

おそらくは唾を飛ばして得意の口上で自分が如何にかわいそうで私が如何に酷かったか?という美談だか吹聴に忙しかったと思うが、まあ、それは知らん。分かる人は分かるし、分からん人は分からんし、何より、やることがあったから。

少なくともこの世界では、自分で立とうという意志が持てるようになってから、あるいは自分に一本芯が通ってからってのが先。(もちろん一人ではできないのだけど鼻っから人を利用しようと思うのは論外で。)

たまたま心の世界を扱うとして、ではいったいそれを何のためにやるのか?ということが、その人と自分とでは大きくずれていたのだ(最後まで話しても分かんなかったんだけどね。)


昨今出会う人々でも良く何か夢を持ったとき、『まずは仲間をつくらなければ!』という人も居る。

でも、私の考えからするとそれは違うんだよね。

一人一人が違う人間で、でも何かを自分の考えで始めると自然と仲間が出来て来る。

この場合で言う仲間というのは決して自分と同じ人とか似ている人ということではない。

それぞれ色んな世界を持っていて、色んな性質を持っている。

例えば、私の場合は自分の足で立とうとしている人々のことを仲間と呼ぶ。方法とか立場とか職種とか全てが違っていても、その一つが共通している。

最初に自分ありき。

そんな人々が出会うとき、そこに大きなパワーが生まれる。

そんな話を『仲間が欲しいから、そう、仲の良い友達が欲しいからサロン開きたいのー。』と仰る方に『うーん、それは違うと思うなー。(もっとも、それが分かるともっと強い結びつきになるんだけどね。)』上記のようなことを伝えると『?なんか、それ、冷たい関係じゃない?助け合わないの?』と言われるのだけど、そりゃ助け合うよ。ただし、相手の立場や気持ちを大切にしつつね。

で、『助け合わないの?』という人に限って、実はいつも助けられる側で相手をゴミ箱にしていたり、依存関係のことを仲間関係だと思っている人が多い。

と言っても『誰に許可貰ったり、誰に宣伝すれば良いのかな?』という口上が続くこともあるのだけど。

その相手とはまず自分自身のことなんだよなあ。

*******************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

彼女の力 / あきない人もいる / 団結の笑顔

今日は嬉しいことがあった。

『先生、私、大分良くなりましたよ。二日置きくらいに間をあけてみようかと思います。』という言葉を聴けた。

確かに本当に動けるようになったり食べれるし眠れている。

まだまだ油断は禁物なのだけど、本人がチャレンジしたいと思うことであり、はたまた充分過ぎるほど自分の身体の声に耳を澄まして来た彼女だから答えはイエス。20140122.JPG

やがて三日置きとか週一とか、もっとスパンが開いても大丈夫になる。

はたまたそのプロセスでちょっと頑張り過ぎて症状が出ちゃったときにはいつでもまた集中トリートメントに戻りつつ何がいけなかったのか?ということを一緒に考えていけば良い。

もちろん本人にとっては『長かった。』と思える数か月なのだけど、多くの人を見て来た私にとっては心配になるくらいの異例の速さだった。

でも、とにかく嬉しい。良く頑張って下さって凄い人だなあと思う。この場合の頑張るというのは生き方や行動パターン、考え方を変えるということについての頑張りのことなのだけど。

**************

それに関連して思うのは、長引く人の特徴としては、皆さん患者さんなのにミニドクターになってしまうというところ。

昨今は情報が氾濫しているので、自己判断したりそれまでの自分のやり方を通したり、結果的に自分の身体や心に毒素をドンドン溜め込んでしまっている。

主に”はいでもゲーム”が行われて一向に悪くなるまでの自分のやり方を頑なに変えようとしない。

もちろん誰にでも自分の好きなやり方というものがある。

でも、それが現状を生み出しているのだとしたら、そのやり方は間違っているのだという単純な理屈。

それが中々受け入れられないのが人間というもので、結果同じところへ戻って来てしまったりするのだけど、私はそれに気が付く知を持っている人が好きだ。

*************

今日は主人の弟さんが遥々やって来てくれたので、次女くんと四人でBuzzで大笑いしつつ杯交わした。

色んなことがある。

前の晩は長女くんが例によって私のPCを占領しItuneをいじっていたのだが。

その間、色んな話が聴けた。

同棲を始めた次女くんの次女くんらしいエピソードを長女くんから聴きつつ大笑いしつつ夜がふけていった。

実は今一家にとって一大事が起きている故、代わる代わる親族が現れたり、この間出て行ったばかりの娘が帰って来たりとせわしないのだが。

皆、申し合わせたかのように『笑っていよう。』という暗黙の了解。

そして信じよう。

そして私はこのまま進んで行こう。すべきことをやって行こう。

*************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嫁&姑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

微細な波動

ナースの仕事一本だった頃、日々医療の大切を感じていて今もそれは変わらないのだけど。

長年勤めていた中で、どうも西洋医学だけでは割り切れないものがあるということをしばしば感じていた。

例えば数値的には健康なのに、言動や症状が健康にならないとか。

その後、それは心というものがあるからだろうと思った私は心理学を学んでカウンセラーになって、大分解明した部分もあった。

しかし、それでも割り切れないものがあると思った頃、レイキという分野に出会ったのだけど、実はどれも必要なものではあるものの、レイキという学問はそれまでの謎を一番わかりやすく解明してくれるものだったように思う。201401211.JPG

レイキを始めた人の特徴として多いのは、ある程度浄化が進んだ頃に次々と色んな分野に目を向けたり行動したりと、とにかく考え方やモノの見方が変わり、それは一概に身体の健康のためだけとは言いきれないものがあった。

そこからがまあ何だか次々と目まぐるしくて、オーラソーマに目が行ったりクリスタルヒーリングを学びに行ったりフラワーエッセンスに流れたりとしたのだけど、結局のところ、そこにいつもチャクラやオーラと呼ばれるものを含めエネルギーワークが共通して存在しているのだということを学んだ。

人の生き方や思念が現実を作る。

特に天然石を使ったアクセサリーを作り始めたのは”クリスタルヒーリング”というと何だか敬遠されやすかったり、その微細な変化を受け取る根気が要されたりするのでこれは困ったなあと感じたところから始まった。

いっそアクセサリーにしてしまえば、日常の中にさりげなく取り入れたり、意識せずともいつの間にかヒーリングが起こっているということになるのではないか?という理由だった。

ところが、どんな石を使っても良いと言うわけではなかったり、ええグレードなどに関わらずそこに入っているエネルギーを観る必要があると気が付いたもんで、そこから先の勉強も長かった。

あと、使い方とか。

一つは全てを表す。

そんなわけで今の私はその時々で自分にとってタイムリーな石に度々付け替えたり、はたまた長いテーマのものならずっと長いこと着けてはいるものの、これもまめに休ませたりしている。

で、最近特に自分が着けているブレスやピアスなどを『私もそれ欲しい。』と言われることがあって、どれどれとその時々のその人を見つめてみると、なるほど、この人の場合も今に合っている!ということが分かるのでしばしばお揃い状態になっているのが面白い。

そこまで深くなって来ると余所のストーンと作り手によって着けられたブレスを山ほどつけている人で、全く持って今に合っていないというか、石自体が汚れていたり疲れていたり、第一必要のないものを着けている人が居ると、ついつい気になって眼が言ってしまう。

余分な恐怖心から着けているものは荷物になってかえって邪魔して来るし、はたまたある人はそのバラバラの波動に負けていたり。

言わないのだけど「これはAAAAAのストーンですよ!」と自慢げに仰る方にも「違うんだよなあ。いや、AAAAが間違いなのではなくて、その希少だったりグレードが高いとか、あるいは皆に人気のストーンならば良いものだとか言う考えが・・・」と思ってしまう。

本当に石は深いなあ。基い、レイキを初めとするヒーリングの世界はことごとく人間が観念で決めた常識を覆すものだなあとも。

**************

今日もレイキとカウンセリング三昧。

そう言えば、とある方のお申し込みメールで気が付いたのだけど、私にも湿疹が出ている。

私って湿疹なんて滅多にないのよね。

で、アレルギーもない。

でも、しいて言えば、この湿疹が出だしたのは、某所からいただいたメールを読んだその日からだったと記憶する。

そのびっくらこくようなメールを送ったのはもちろんうちのクライアントさんなどではない。

今は色んな良いツールを勉強させて貰っている時期だとは思うのだけど、つくづく人の心や波動の微細さやデリケートさというものを感じる出来事だった。

**************
今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。
今日が あなたにとって良い一日でありますように。

人気ブログランキングへ

ランキング参加中です。クリックして下さると励みになります。黒ハート
posted by かおる at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング/ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする